茶太郎 ちゃたろう チャタロウ

~茶太郎からの手紙~ 捨てられたミニダックスの茶太郎は新しい家族を探しています

茶太郎からの手紙5

茶太郎からの手紙4はこちら

茶太郎でしゅ。

新しい「仮家」で生活を始めたオイラですが、環境の変化によるストレスのせいか、オイラは日増しに具合が悪くなっていきました。

仮家ではオイラを迎える時に「人気犬種のダックスだから2~3ヶ月で新しいオウチが決まるでしょう」と言われていたそうで、病院を探すこともオイラの病気を調べる事もしていなくて、オイラが到着して、オイラの状態を見て慌てて色々と調べ始めたようです。
耳とか皮膚が痒かったのはマラセチアという、わりと良くある病気だったので、すぐに薬をつけてもらえましたが、治るまでは2ヶ月位かかりました。

吐き気や腸が飛び出す病気は、近所の病院では治してもらえませんでした。

でも、有名な先生を紹介してもらえたとかで、予約をしてやっと手術してもらえることになり、オイラは遠くの病院に入院し手術を受けました。

オイラは肝臓が弱いとかで、長時間の手術は出来なくて、手術を2回にわけてすることになりました。

1回目は、御腹の中で位置がズレてしまっていた前立腺と膀胱を正しい位置に固定するという手術で、手術は無事に終わり入院することになりました。

でもオイラは手術とか入院の意味がわからなくて、
「オイラはまた捨てられたんだ・・・。これからはこの狭い箱の中で生きていくんだ・・・。
きっとオイラが可愛くなかったせいだ・・・。」
と思って悲しくなりました。

「横浜のオウチのことばかり考えてないで、仮家に馴染む努力をしていれば、こんな事にならなかったのかな。
この狭い檻の中で生きていくくらいなら、仮家のほうがずっと良かった。仮ママしゃんにもう一度逢いたい・・・」

そう思って、オイラは元のオウチと仮家と両方のことを考えて、とても悲しくなりました。

そして今まで以上に未来に対する絶望感を感じ、うつ状態になってしまいました。

オイラ達ワンは未来の事を考える能力が無いと言われていますが、そんな事はありません。

未来の事も考えるし、絶望だって感じるし、辛いとか悲しいとかも感じます。

馴れない遠くの病院で、たった一人で手術を受けて心細くなってしまったオイラは、日増しに生きる気力を無くしていきました。

そうして一週間位、狭い檻の中で過ごしたオイラは、ある日信じられない光景を目にしました。

茶太郎からの手紙

茶太郎からの手紙6へ続く
スポンサーサイト
[ 2010年01月28日 ]
プロフィール

茶太郎の仮ママ

Author:茶太郎の仮ママ



tyatarou



ご訪問下さって有難うございますm(_ _)m

茶太郎という保護犬の預かり日記です。

茶太郎は2013年6月に虹の橋に旅立ちました。

茶太郎は居なくなりましたが、引き続き動物の命の大切さを伝えていきたいと思っています。


御問合せはFacebookにお願いします。



tyatarou


※このブログはリンクフリーですが、記事や画像の転載をした際は御一報下さい

バナーやリンク・転載に関する詳細は【コチラ】を御覧下さい☆

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


検索フォーム








命を考えよう
今読まなくてはいけない本


別窓で開くWEB絵本です。無料で読めます↓






犬に関するリンク集














ペットのおうち



ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対



いつでも里親募集中



どうぶつ基金バナー200x40 (2)











ドッグフードの選び方ならドッグフード研究所



東北地震犬猫レスキュー.com



難病でもあきらめないで下さい。
遠くても行く価値がある病院です↓



下館で茶太郎が御世話になった福井先生が独立開業しました↓









ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2


人間用医薬品の個人輸入↓
バイアグラ、カマグラ通販ED薬の個人輸入ベストくすり