茶太郎 ちゃたろう チャタロウ

~茶太郎からの手紙~ 捨てられたミニダックスの茶太郎は新しい家族を探しています

会陰ヘルニア

チャタが我が家に来てすぐに動物病院に連れて行き、フィラリアや便の検査をしましたが、感染は無しでした(^^)
しかし、右側の御尻に「会陰ヘルニア」という病気の手術跡があり、腸が飛び出しているのはこの病気との事でした。

獣医さんも早目に外科手術で腸を元に戻さないと膀胱等の臓器にも影響するから危険と仰っていました。
先生に触診して頂いたところ、お尻の周辺の筋肉がだいぶ衰えており、相当な技術を要する手術になるので、会陰ヘルニアの研究をしている専門のドクターでないと、完治は難しいとの事でした。

会陰ヘルニア等の外科手術の権威と言われている
下館動物病院の中島尚志先生
を薦められたのですが、片道2時間以上もかかるので「カーナビ無いし、遠くて通えないので千葉か東京で同じ技術を持った先生を探してください」と御願いしておきました。

しかし、「調べましたが、中島先生以外の先生が手術をした場合、チャタ君の状態では再発のリスクがかなり高いので、私は他の先生を推薦することはできません。どんなに遠くてもチャタ君の為を考えてあげて下さい」と厳しい事を言われてしまいました(><)

Googleで「中島尚志 獣医」で検索したところ、確かに評判は抜群です。
そこで、思い切って技術力国内一と言われている中島先生に御願いすることに決意しました。

中島先生は「二歩先をゆく獣医師さん」という本にも載ってますし、信頼できる有能獣医師ランキングでも外科部門でトップクラスにランクされています。まさに獣医師界のブラックジャックです。
ただし講演やオペで全国を飛び回っていらっしゃるので、なかなか予約が取れない事も覚悟しなければなりません(><)
※参考 「信頼できるペットの名医54人

現在のチャタは腸が出ていて便が漏れてしまうのと血便がたまに出る状態です。
NEC_0504.jpg
散歩は無理なようで50m位歩くと止まって動かなくなってしまいます。
もしかして痛いのかな?と思って、散歩は中止。

できるだけ早く楽にしてあげたい。。。
スポンサーサイト
[ 2009年01月05日 ]
プロフィール

茶太郎の仮ママ

Author:茶太郎の仮ママ



tyatarou



ご訪問下さって有難うございますm(_ _)m

茶太郎という保護犬の預かり日記です。

茶太郎は2013年6月に虹の橋に旅立ちました。

茶太郎は居なくなりましたが、引き続き動物の命の大切さを伝えていきたいと思っています。


御問合せはFacebookにお願いします。



tyatarou


※このブログはリンクフリーですが、記事や画像の転載をした際は御一報下さい

バナーやリンク・転載に関する詳細は【コチラ】を御覧下さい☆

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


検索フォーム








命を考えよう
今読まなくてはいけない本


別窓で開くWEB絵本です。無料で読めます↓






犬に関するリンク集














ペットのおうち



ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対



いつでも里親募集中



どうぶつ基金バナー200x40 (2)











ドッグフードの選び方ならドッグフード研究所



東北地震犬猫レスキュー.com



難病でもあきらめないで下さい。
遠くても行く価値がある病院です↓



下館で茶太郎が御世話になった福井先生が独立開業しました↓









ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2


人間用医薬品の個人輸入↓
バイアグラ、カマグラ通販ED薬の個人輸入ベストくすり