茶太郎 ちゃたろう チャタロウ

~茶太郎からの手紙~ 捨てられたミニダックスの茶太郎は新しい家族を探しています

注意!椎間板ヘルニアの盲点

椎間板ヘルニアの予防対策には、かなりの自信がありました。

足が滑るフローリングは緩衝材を敷いた上にクッションフロアーを貼りフカフカな床にリフォームし、まだリフォームが済んでいない一部のフローリングはサンダーで紙やすりをかけてザラザラにしてあります。
NEC_0869.jpg
↑一部、削り過ぎたところは、こんな事になってしまってますが(><)

引っ越してくる前の家では、チャタが半身不随になってから、絨毯の滑り止め用ゴムマットを敷いていました。これはオススメですよ。ゴム製なのでゴミがついてもベランダでパサパサ振るだけで良いですし、洗濯機で丸洗いすればいつでも清潔です。↓
NEC_0249.jpg


子供達が頻繁に昇り降りする人間用ベッドも枠は捨てて、床にスノコを敷いた上にマットレスだけを置き、そのマットレスの段差さえオットマンを置いて解消している徹底ぶりです。

ソファも無いし、ワンが昇れる椅子や家具も皆無です。

階段は上下ともに木製の柵で二重にふさいでいます。

これで椎間板ヘルニアになるはずがない!と思っていました・・・。

しかし、一つだけ盲点があったのです。

先ワンが椎間板ヘルニアを発症した前日、珍しくチャタと先ワンがプロレスをしたのです。

ほとんどプロセスなんてしないのですが、1ヶ月に1回位の頻度でほんの少しだけ取っ組み合いになることがあります。
どちらも本気ではないので、ほんの一瞬で終わるのですが。

先ワンが発症した原因として考えられるのは、前日にチャタと取っ組み合いをしたこと以外に考えられないのです。

正直、これは盲点でした。

これが原因で椎間板ヘルニアになるとは予想していなかったのです。

いくら環境を整えていても、ほんの一瞬の出来事で椎間板ヘルニアは襲ってくるんだな、と改めて身にしみました。

そして更に悪い事に、どうやら先ワンは椎間板ヘルニアだけではないようなのです。

Tさんに改めて電話して子供達の様子を聞いてみました。

すると、先ワンは恐らくずっと以前から股関節に異常があって、相当ひどい痛みと下半身の痺れを強く感じていたらしいのです。

これを言われてハッとしました。

実は先ワンは最近散歩を嫌がって、少し歩いただけで止まってしまい、動かなくなって散歩拒否!の姿勢を繰り返していました。

「どうせ寒くて横着してるんだろー」と思い、いやがる先ワンを無理矢理引きずって毎日40分間歩かせていました。

今思えば、股関節が痛くて歩けないほど辛かったのでしょう。

そんなことも知らずに、なんて酷い事をしていたんだろうと思うと自分が許せません。

後悔し過ぎて、あまりのショックにどうにかなってしまいそうでした。

先ワンに償っても償いきれるものではありません。

Tさんが言うには、この股関節の損傷は脊椎にも相当な負担をかけ続けていたようで、股関節をかばいながら何とかバランスを保ってはいたものの、それも限界に達し、チャタとの取っ組み合いが起爆剤となり椎間板ヘルニアに発展してしまったようなのです。そして、この椎間板ヘルニアは相当重症の部類に入るそうなのです。尋常ではない痛みに襲われていると言っていました。

先ワンの体が動けなくなって、やっと事の重大さに気付くなんて・・・ママはどうしようもない大馬鹿者です。

今まで先ワンは、いったいどれほどの痛みを我慢して耐えてきたのでしょうか。

全ての原因はママにあったわけです。

そして、こういうことはチャタにも起こり得た・・・これから起こり得る可能性のある事なのです。

口が利けないことを充分わかった上で、細心の注意を払って子供達を見てきたつもりがこの始末です。

この先、子供達を見ていくのは仮ママには荷が重いようです。

今回の件で自分の能力が良くわかりました。

もうこれ以上子供達を苦しめたくないので、これからは毎月一回子供達の健康チェックをする事を子供達に誓いました。

今回、チャタは偶然に大腸に異常が見付かったので、不幸中の幸いでした。

ワンの神様・チャタの御先祖様のお導きに他なりません。

チャタは約1年前に下半身不随になっていますから、もう二度と同じ苦しみを味あわせたくありません。

そして当時のチャタの事を思うと、今の先ワンの事が心配でなりません。

チャタの時と同じように、ステロイド剤を毎日注射して、その後はステロイド剤等の錠剤を1日10回経口投与するのかもしれないのです。

病院からも毎日注射を打ちに来るようにと言われています。

チャタの大腸も早く治してあげたいし、やらなくてはならない事は沢山あります。

チャタは一見すると元気に見えますが、少し腸とオシリが気持ち悪いようです。
NEC_0722.jpg
スポンサーサイト
[ 2009年12月13日 ]
プロフィール

茶太郎の仮ママ

Author:茶太郎の仮ママ



tyatarou



ご訪問下さって有難うございますm(_ _)m

茶太郎という保護犬の預かり日記です。

茶太郎は2013年6月に虹の橋に旅立ちました。

茶太郎は居なくなりましたが、引き続き動物の命の大切さを伝えていきたいと思っています。


御問合せはFacebookにお願いします。



tyatarou


※このブログはリンクフリーですが、記事や画像の転載をした際は御一報下さい

バナーやリンク・転載に関する詳細は【コチラ】を御覧下さい☆

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


検索フォーム








命を考えよう
今読まなくてはいけない本


別窓で開くWEB絵本です。無料で読めます↓






犬に関するリンク集














ペットのおうち



ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対



いつでも里親募集中



どうぶつ基金バナー200x40 (2)











ドッグフードの選び方ならドッグフード研究所



東北地震犬猫レスキュー.com



難病でもあきらめないで下さい。
遠くても行く価値がある病院です↓



下館で茶太郎が御世話になった福井先生が独立開業しました↓









ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2


人間用医薬品の個人輸入↓
バイアグラ、カマグラ通販ED薬の個人輸入ベストくすり