茶太郎 ちゃたろう チャタロウ

~茶太郎からの手紙~ 捨てられたミニダックスの茶太郎は新しい家族を探しています

4月22日を忘れない

以下、「め~子さん」と「さっち~さん」のブログから、一部引用させて頂きました。


4月22日
どんな日であるか、
知ってますか?



4月22日と聞いて皆さまは何を思い出すでしょうか?


日本は子供の数より圧倒的にペットと呼ばれる動物達が多いペット大国です。

もしこの中に動物と暮らしていながら明日4月22日がどんな日であるかを感じる事のできない人がいるとしたら、その人は飼い主失格かもしれません。

今日は共に暮らしている動物たちの命を最後まで守る覚悟があるのかどうかをこの機会に良く考えて頂きたいです。

福島第一原発20キロ圏内が警戒区域に設定されてから3年が経とうとしています。

この国が、助けて欲しいという声を無視し続け、放っておいたら餓死して死んでいく事を解っていながら動物達を閉じ込め見殺しにした日、

それが三年前の4月22日です。

原発事故が起こり、この日本がどれだけ命を軽視する国なのかが明るみになりました。

無関心がどれほど罪であるかを知る機会を与えられたにも関わらず、いまだ無関心な日本人で溢れている事は何よりも残念な事です。

まだ動物達が見殺しにされてきたこの事実を知らないという方がいるなら、今から知って頂き、これから自分には何が出来るかを考えてほしいと思います。


●平成23年4月21日
福島第一原発20キロ圏内が「警戒区域」に設定

●平成23年4月22日
4月22日午前0時以降,当該区域に市町村長の許可なく立入りを行うことは禁止された。


福島の被災地に、置き去りにされた動物がいることを知ってますか?

国や行政、人間が行動に起さなかったために、たくさんの動物たちが警戒区域で死んで逝きました。

そんな動物たちがいること、いたことを知っていますか?

ケージに入ったままやリードにつながれたまま飢えと渇きに悶えなくなった犬がたくさんいたことを知ってますか?



食べ物のなく人もいない家の中で、飢えにもがき苦しんで逝った猫がいたことを知っていますか?



折り重なるようにしていき途絶えた豚がいることを知ってますか?

仲間の豚を食べ命をつないだ豚もいることを知ってますか?

牛舎で、大きな身体が崩れ落ちて行くように餓死して逝った、たくさんの牛がいたことを知っていますか?



人間と同じ被災した動物たち、ダチョウや牛、豚、ニワトリが殺処分されていること知ってますか?



圏内で飼い主を待ち、過酷な生活をしている動物たちが、今だにいる事を知っていますか?

今現在でも、福島の警戒区域に取り残された動物たちを守っている方たちがいることを知っていますか?


福島の警戒区域で、一番の犠牲になったのは、動物たちです。

目を凝らせば懸命に生きる 動物たちがいます。

取り残された動物たちを見捨てないで下さい。

福島を忘れないで!まだ福島は、終わっていません。






福島・警戒区域でどうぶつたちが一番の犠牲になったことを忘れないで。

震災後、最期まで飼い主を待ち続けた、いつかきっ​と帰ってきてくれると信じていたのだろう。

家から離れずにひっそ​りと亡くなった天使たち。



もう2度と置き去りにしないで

もう2度と見捨てないで



以上、参照記事 http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-1134.html


これ以下は仮ママの個人的な思いです↓


震災で苦しんだのは人間ではなく、動物だと思います。

人がいなくなった街で、飢え渇きに悶え苦しみながら、飼い主が帰ってくるのをただただ信じ待ち続け、餓死しなければならなかった動物達は、一番の被害者です。

せっかく地震の中を生き抜いたのに、せっかく助かった命なのに、人間がじわりじわりと見殺しにした命の数は70万頭以上と言われています。

そして今でもその苦しみは続いているわけです。

だから、動物達のことを知らなくてはいけないのです。

「知りませんでした」、では済まないのです。もうこの言い訳にはウンザリしています。

知って当たり前なのです。

知って日々の生活にそれを活かしていかなくてはいけないのです。


4月22日の大罪を知り、それを自分の人生をかけて償っていかなくてはならないのです。

まず自分の生活から動物の苦しみを排除して下さい。

犬猫をはじめとする動物をペットして所有することをやめて下さい。

もし自分の地域が被災しても、「絶対にペットを手放さず放置しないから所有したい」というのであれば被災動物や放棄動物の里親になって下さい。


それと牛・豚・鶏・卵などの動物を食卓から排除して下さい。


食べる人がいるから、動物が家畜にされ、狭い場所に閉じ込められて虐げられ、そして有事の際には放置されて殺されるのです。

もう今この瞬間から動物を食べることをやめて下さい。

穀菜食が食性の人間に、動物の肉は必要ないどころか、猛毒となり、健康を蝕むのです。


日本中の人が不必要な肉食をやめれば、牛・豚・鶏が家畜として閉じ込められる事はなくなり、災害の際にも死なずに済むのです。

今も尚、苦しんでいる福島の動物達の状況を、もう二度と繰り返さない為に、まず、今出来ることは、肉食をやめることなのではないでしょうか。

ペットと家畜という制度を全廃することしか、方法はないのではないでしょうか。


残念ながら奪われた命が戻ってくることはありません。

でもひとりひとりが行動を起こしていく事で、同じ過ちを繰り返さない、命を奪わない未来を築いていく事はできるはずです。



これから先も、この4月22日という日の償いをせずに、生きていくつもりなのですか?

またどこかで天変地異が起きたら、沢山の動物の命を犠牲にするつもりなのですか?


だとしたら、そんな人間にはこの地球に存在して欲しくないですね。

肉食をするような人は、もうこの世界に居座ることをやめて頂けませんか?


4月22日という日の贖いは動物を食べないということでしか出来ないのです。

4月22日という日を『今日から肉食をやめる日』にしてくれる事を切に願います。



スポンサーサイト
[ 2014年04月22日 ]
プロフィール

茶太郎の仮ママ

Author:茶太郎の仮ママ



tyatarou



ご訪問下さって有難うございますm(_ _)m

茶太郎という保護犬の預かり日記です。

茶太郎は2013年6月に虹の橋に旅立ちました。

茶太郎は居なくなりましたが、引き続き動物の命の大切さを伝えていきたいと思っています。


御問合せはFacebookにお願いします。



tyatarou


※このブログはリンクフリーですが、記事や画像の転載をした際は御一報下さい

バナーやリンク・転載に関する詳細は【コチラ】を御覧下さい☆

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


検索フォーム








命を考えよう
今読まなくてはいけない本


別窓で開くWEB絵本です。無料で読めます↓






犬に関するリンク集














ペットのおうち



ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対



いつでも里親募集中



どうぶつ基金バナー200x40 (2)











ドッグフードの選び方ならドッグフード研究所



東北地震犬猫レスキュー.com



難病でもあきらめないで下さい。
遠くても行く価値がある病院です↓



下館で茶太郎が御世話になった福井先生が独立開業しました↓









ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2


人間用医薬品の個人輸入↓
バイアグラ、カマグラ通販ED薬の個人輸入ベストくすり