茶太郎 ちゃたろう チャタロウ

~茶太郎からの手紙~ 捨てられたミニダックスの茶太郎は新しい家族を探しています

【更新】茶太郎まだ生きています

前回の記事で重篤な状態に陥ってしまった茶太郎の様子をお伝え致しましたが、茶太郎はまだ生きています。


あの後、結局4日間、何も食べませんでした。

もちろん、与えれば食べたのでしょうが、要求しないうちには決して食べ物を与えてはいけません。

人間も動物ですから同じです。

風邪を引いた時に食事をとっている人がいるようですが、決して食べてはいけません。


「食べて栄養を摂取しないとチカラが出ないから、風邪が治らない」という、誤った考えの人が多いみたいです。

そういう人は自分の子供(犬猫)にも、その考えを押し付けて、体調の悪い子に食事を与えてしまうようです。

もし仮ママがそういう愚かな考えで、茶太郎が具合悪い時に食べ物を「少しでいいから食べて~」等と言って食べさせていたら、茶太郎はもう、とっくにこの世にはいません。


冗談ではありませんし大袈裟に言ってるわけでもありません。

仮ママが病中の茶太郎に食べ物を与えていたら茶太郎は、もうずっと前に虹の橋の住人でした。

仮ママが病中の茶太郎にしてあげられることはTさんのヒーリングを受けさせる事と、決して食べ物を与えないこと。

この二つしかありません。


Tさんのヒーリング以外で人間を含む動物が体調を良くする方法は絶食です。

体調が良くなるまで徹底的に絶食です。


食べ物を食べることほど、体に悪いことはありません。

人間の場合、1日3回食事をするということは、42.195kmのフルマラソンをするのと同じくらいの体力を使うとこの本に書いてありました。


「私の体力ではフルマラソンなんて、とても走れないわ~!」

と、思ってる方!!あなたは毎日気付かないうちにフルマラソンしてるのかもしれませんよ(`∀´)ウヒッ

体が食べ物を消化するというのは、そのくらいの重労働で、体にそれだけの負担をかけることになるようです。


風邪引いてる時に、フルマラソンする人がどこに居ますか?(笑)

気狂いでしょう。

だから風邪ひいてる時に食事を摂るなんてもってのほかなんです。

絶対に食べてはいけません。

体力の浪費をしてはいけません。


その体力で風邪を治すのですから。

食べれば食べるほど、体力が失われ、風邪の治りが遅くなります。

病気を治すということは、体力勝負なわけです。

体力を失えば、病魔に体が蝕まれていきます。

だから体調が悪い時には余計な体力を使わないように動かずにジっとして、絶食して病気が治るのをおとなしく待つのが一番なのです。

喉が渇いたら水分だけは摂取しても良いです。

新鮮な生のフルーツを磨り潰したジュースか蒸留水が良いです。

パール柑

特に生のフルーツに含まれているフラボノイドや酵素、ビタミンは病気をやっつける為に働いてくれます。

なので絶飲は最初の1日~3日にして、そのくらい絶飲すると自然と喉が渇きますから、その時は少量の蒸留水から初めて、少しずつフレッシュなフルーツジュースを飲むといいでしょう。

ジュースとして売ってるヤツはダメです。フラボノイドも酵素も死んでますから。

絞りたてのフレッシュなものだけ飲んでください。

3日もしないうちに、体調は回復することでしょう。


※仮ママ宅には季節のフルーツが常時豊富に用意してあります。
毎日起きてから一食目は必ずフルーツを、自分の体重の最低1.5%以上は食べるようにしましょう。
60兆の細胞で構成されている人体は毎日8000億個の細胞が死んで生まれ変わっています。
死んだ細胞を体外に排出(異化作用)する事ができるのはフルーツに含まれているフラボノイド・酵素・ビタミンをたっぷり含んだ“生きた水”だけです。
寝起きの一食目に体重の1.5%以上のフルーツを食べない人の体内は、死んで腐敗した腐乱細胞だらけになっています。この腐った細胞が全ての病気を引き起こしています。
癌や痴呆症、風邪、子宮内膜症、月経痛、アレルギー、アトピー、心臓病、肩凝り、頭痛、等は最たるものです。
※詳細は→
だれもが100%スリム!常識破りの超健康革命



茶太郎もヒーリングを受けるまでは絶飲絶食でしたが、ヒーリングを受けてから水だけは良く飲むようになりました。

そして5日目の御昼頃に仮ママがキッチンに居たところ、寝たきりだった茶太郎がキッチンをウロウロし始めたので、これは食欲が出てきたのだと思いました。


「ちゃーくん、なにか食べられそう?」

と聞いたら目を輝かせたので、これは体調が良くなって、もう体力を温存しなくても良くなってきたな、と思いました。

もう食事に体力を使ってもいいよ、という合図が出たようです。

体の声に耳を傾ける、子供の様子を観察するというのはとても大切なことです。

そんなわけで、絶食5日目にミカンをミキサーにかけた物を飲ませてみました。
201302 

最初は「何?コレ???」という反応で戸惑っているようでしたが、一口舐めてからは美味しさに気付いたらしく、夢中で飲んでいました。
201302 

つーか、がっついてました( ̄ロ ̄;)
201302 

ちなみにミカンは本当は与えてはいけなかったみたいです( ̄ェ ̄;)

大人はいいんですけど、子供にはリンゴが一番良かったみたいです。

ミカンはダメだと、この本に書いてありました。


子供にはミカンは刺激が強過ぎるのでしょうか。

仮ママはフルーツなら何でもいいのかと思って茶太郎に与えてしまいましたが、本当はリンゴにすべきでした。

次回そのようなことがあったら、リンゴにします。


そうして温存していた体力で、体調を回復させた茶太郎は、なんとか死の淵から生還しました。

クッシングが治ったわけではないですが、痙攣の回数が激減して、体の震えもなくなりました。

今日明日どうこうなるという状況ではなくなりました。


正直言って仮ママは、もう今回こそは本当に虹の橋を覚悟していたので、気が気ではありませんでしたよ。

しかしTさんの能力の高さに僅かな期待をして、Tさんの能力に全てをゆだねました。

そしてTさんのヒーリングパワーは仮ママの期待通り、またもや奇跡を起こしてくれました!!

201302 
寝たきり生活だった茶太郎は動きまわり、大好きな閉鎖空間を楽しんでいます。

Tさん、マジですげーな!!
スポンサーサイト
[ 2013年02月17日 ]
プロフィール

茶太郎の仮ママ

Author:茶太郎の仮ママ



tyatarou



ご訪問下さって有難うございますm(_ _)m

茶太郎という保護犬の預かり日記です。

茶太郎は2013年6月に虹の橋に旅立ちました。

茶太郎は居なくなりましたが、引き続き動物の命の大切さを伝えていきたいと思っています。


御問合せはFacebookにお願いします。



tyatarou


※このブログはリンクフリーですが、記事や画像の転載をした際は御一報下さい

バナーやリンク・転載に関する詳細は【コチラ】を御覧下さい☆

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


検索フォーム








命を考えよう
今読まなくてはいけない本


別窓で開くWEB絵本です。無料で読めます↓






犬に関するリンク集














ペットのおうち



ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対



いつでも里親募集中



どうぶつ基金バナー200x40 (2)











ドッグフードの選び方ならドッグフード研究所



東北地震犬猫レスキュー.com



難病でもあきらめないで下さい。
遠くても行く価値がある病院です↓



下館で茶太郎が御世話になった福井先生が独立開業しました↓









ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2


人間用医薬品の個人輸入↓
バイアグラ、カマグラ通販ED薬の個人輸入ベストくすり