茶太郎 ちゃたろう チャタロウ

~茶太郎からの手紙~ 捨てられたミニダックスの茶太郎は新しい家族を探しています

抜糸とその後

抜糸が済んで、すっかり元気になったチャタ。
NEC_0483.jpg

とても調子が良いようです。
病院の先生からは心肺機能がとても頑丈と言われ、長生き決定です!
確かに他の犬がベロを出してバテてしまうほど散歩しても、チャタは全然息が上がらず涼しい顔をしてスタスタ歩いています。心臓と肺は大事ですからね。丈夫で良かったです。

散歩は余り好きではありませんが雨以外は毎日散歩に連れ出します。
午前中に5分(排便用散歩)、夕方16時頃には近所の公園3つをハシゴするので、40~50分位かけて体力づくりをしています。

チャタはトイレは室内100%で成功するので手が掛からないのです。
ウンチに関しては、基本的に外派なので、散歩まで我慢してしまい、トイレシートではしません。
雨で外に行けない時にはギリギリまで我慢して夜中にこっそりトイレシートでしています。

老犬ですが、必要な医療措置は全て行いましたので、今はとても元気です。
今後は現状を維持していければ問題なく過ごせると思います。

「現状維持」の為に気をつけて頂きたいことは、【食事】です。
低脂肪のフードを与えて、脂肪分のあるオヤツや食べ物は絶対禁止です。
オヤツにはニンジンやキャベツ等の生野菜をあげるようにして下さい。
食事はロイヤルカナンの消化器サポート(低脂肪)を与えていますが、
含有脂肪分が6%程度のドライフードなら他のフードでも大丈夫です。
肉類や乳製品も禁止です。
完全菜食主義な食事に徹底して頂ければと思います。
体重が増加すると、折角二回も手術した会陰ヘルニアが再発する原因になりますし、
膵炎も悪化する恐れがあります。
菜食主義に徹していれば、この先、元気に長生きしてくれますので、
ベジタリアンにご協力を☆
スポンサーサイト
[ 2009年03月20日 ]
プロフィール

茶太郎の仮ママ

Author:茶太郎の仮ママ



tyatarou



ご訪問下さって有難うございますm(_ _)m

茶太郎という保護犬の預かり日記です。

茶太郎は2013年6月に虹の橋に旅立ちました。

茶太郎は居なくなりましたが、引き続き動物の命の大切さを伝えていきたいと思っています。


御問合せはFacebookにお願いします。



tyatarou


※このブログはリンクフリーですが、記事や画像の転載をした際は御一報下さい

バナーやリンク・転載に関する詳細は【コチラ】を御覧下さい☆

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


検索フォーム








命を考えよう
今読まなくてはいけない本


別窓で開くWEB絵本です。無料で読めます↓






犬に関するリンク集














ペットのおうち



ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対



いつでも里親募集中



どうぶつ基金バナー200x40 (2)











ドッグフードの選び方ならドッグフード研究所



東北地震犬猫レスキュー.com



難病でもあきらめないで下さい。
遠くても行く価値がある病院です↓



下館で茶太郎が御世話になった福井先生が独立開業しました↓









ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2


人間用医薬品の個人輸入↓
バイアグラ、カマグラ通販ED薬の個人輸入ベストくすり