茶太郎 ちゃたろう チャタロウ

~茶太郎からの手紙~ 捨てられたミニダックスの茶太郎は新しい家族を探しています

若い犬でも乳製品で白内障になります!

茶太郎の白内障が気になって仕方がない仮ママは、白内障について真剣にリサーチを開始しました。
※白内障を治す目薬→ 「白内障 点眼薬 通販」 

興味深い記事があったので、お知らせします。

~小児科医の真弓貞夫先生の話より~

A医師の話。

彼は3年間アメリカでの研修を終えて帰国し、東京都内の保健所に勤めている。

彼がアメリカに行って一番驚いたのは、牛乳に対するアメリカの見解だった。

アメリカの保健施設では

「乳幼児に、牛乳を飲ませないように!」

「妊婦および授乳中の母親は牛乳および乳製品をとらないように!」

と指導されていると驚いていた。

A医師だけでなく、マスコミ情報による牛乳神話の信者の多くの母親にとっては信じがたい情報。

しかし、ホリスティツク医学の立場から診ている小児科医にとっては当然な話。

すでに1970年、リヒターとデュークはヨーグルトを与えたラット、そのすべてに白内障がみられ、しかも、幼若なものほど早く白内障になると報告。

原因は、ヨーグルトに含まれている乳糖が分解してできたガラクトースが水晶体に蓄積するのではないか、と。

1982年には、シームズが、牛乳摂取量の多い地域に白内障が多くみられ、白内障と牛乳摂取量の間には相関関係が認められることを指摘している。




なのだそうです。

ラットと人間は乳製品と白内障に関連がありそうなので、犬も乳製品をやめたほうが良いのでしょうか。

動物病院でも、牛肉や乳製品が入った食べ物は「あげちゃダメ!!」と言われます。

茶太郎にも乳製品はあげないほうが良いと思います。

牛乳はもともと牛の赤ちゃんの飲み物です。

牛乳を人間の赤ちゃんに与えると死ぬそうです。

牛の赤ちゃんにとっては確かに完全栄養食品なのですが、人間が飲んだ場合、牛乳に含まれる異種たんぱくを飲むことになり、それが死因となるそうです。

逆もまたしかりで、赤ちゃん牛に人間の母乳を与えると牛も死んでしまうのだそうです。

種の異なる動物の間では、異種たんぱくはそれほどの毒性を秘めているのです。

臓器移植などでも、最も難しいのは拒絶反応を抑えることですが、人間同士の臓器というタンパク質でさえ人体にとっては異物なので、拒絶反応が出て命を落とすのです。

まして異種動物のたんぱく質を体内に受け入れてしまったらどうなるのかを考えてください。

そんな危険な物質を摂取して何の得があるというのでしょう。

しかも、牛でさえ赤ちゃんの時しか飲まないのに、人間の大人が飲むって異常ではありませんか。

人間が牛乳を飲み続けることが自然に反しているのは、異種蛋白の問題ばかりではありません。

生理学的にみても異常な行為です。

哺乳類は「離乳機構」というものをもっていて、子供の方から乳離れするのが自然なのです。

哺乳類の体には離乳期を過ぎたら母乳を飲まなくなる、飲めなくなるような仕掛けを神様は仕組んでいるそうです。

まずは母親側の母乳が出なくなります。

これは哺乳類の体に生まれながらに備わっている「反ミルク体制」と呼ばれるもので、離乳期になると働きます。

そして赤ちゃん側は、ミルクに特有の糖である「乳糖」(ラクトース)を分解する酵素のラクターゼの活性が低下します。

ラクターゼの働きは、赤ちゃんが生まれた直後の新生時期にピークを迎えますが、成長とともに急激に低下し、離乳期には大人と同じレベルにまで落ち込んでほとんどなくなってしまいます。

ラクターゼの活性が失われると、ミルクを飲んだ子供は乳糖が消化されないために、腸内発酵を起こしてお腹の悪玉菌が増えて腸内が腐敗し、著しく免疫力を低下させます。

そこで哺乳類の赤ちゃんは、自然にミルクから離れて、自分で食事を摂るようになっていくのです。

人間も哺乳動物です。

母乳を飲まなくなったらミルクはそれでおしまいなのです。


ところが人間は子牛の母乳まで奪って飲むようになりました。

本来飲んではいけないものを飲んでいるのですから、健康に悪影響が出るのは当然のことでしょう。

多くの研究結果からもわかるように、乳製品はガンの原因になります。

ガンだけでなく、動脈硬化、アルツハイマー、心筋梗塞、通風、骨粗鬆病、脳卒中、糖尿病をはじめとした成人病、気管支喘息、滲出性中耳炎、各種アレルギー疾患の増加。

でも人間の健康なんかどうでも良いのです。

そんなことよりも、もっともっともっと大切なのは、一番大切なのは、牛たちの一生です。

仔牛は毎日生産される牛乳の副産物として扱わているのが今の現状です。

牛乳を搾り取るために妊娠させられ出産させられた牛からは、当然ですがメスとオスの牛が誕生します。

そのうちのメスは、また牛乳を搾り取るために飼育されます。

オスは、牛肉、または仔牛肉として殺されます。

子牛の飲み物であるはずの牛乳は人間用に販売される商売道具の為、子牛達が飲む事は許されないのです。

茶太郎 犬
薄暗い場所で、お母さんと引き離された栄養失調の子牛です↑

茶太郎 犬

被災地の写真ではありません↓ 男に産まれた為に餓死寸前の乳牛の日常です。この後、殺されてスープのだし等にされます。
茶太郎 犬
※画像は全て「声なき動物たち」様からお借りしました。

親子が引き裂かれる時、母牛も子牛も悲鳴をあげながら涙を流すのだそうです。

その後もずっと母牛は我が子を探して泣き続け、子牛はおびえてブルブルと震えが止まらず精神に異常をきたすそうです。

以下 ~悪魔の惑星~ という記事からの転載です。

私は、殺されるまでは少なくとも虐待はされない肉牛よりも、生きている間中ずっと虐待され続けたあげく、役に立たなくなった途端に殺害され食べられてしまう乳牛の運命は、肉牛よりも遥かに残酷なものだと思っています。

そして人間が牛乳を飲む場合も、昔のように自由に放牧して育った牛が自然に妊娠し、子牛にたっぷりと母乳をあげた残りの「おこぼれ」を人間が少し位貰う程度であれば、たいした問題も無いとは思いますが、今の大規模牧場のように、牛を機械のように扱い、一生ろくに身動きも取れないような狭い檻に閉じ込めた上、無理矢理レイプし(まさか、牛乳は牛が妊娠しなければ出ないのだという事実を知らない人はいないと思いますが…)、その上生まれた子供を殺害し、子供用の母乳を全て独り占めしてしまう悪魔のような行為をして生まれた牛乳、チーズ、バター、ヨーグルト、アイスクリーム、ミルクチョコレート等を飲んだり食べたりしたら、その人間もレイプや虐待、殺害を幇助した事になるのだという事は、皆さんにも是非認識して頂きたいと思っています。

※余談ですが、テレビ番組「きらきらアフロ」で、今の牛乳は牛をレイプする事で出来るのだという事実を知った「笑福亭 鶴瓶」(しょうふくてい つるべ)は、「ええっ!? それはアカンやろ!! アカンアカン!」と、衝撃の事実に驚きを隠せない様子でした。

「自分がされてイヤな事はしない」

それは、「当たり前」の事だと思います。

もし、あなたやあなたの子供が上記のような目に遭っても全然構わないし、何が悪いのか全く分からないというのであれば、あなたが牛乳や乳製品を摂る事も、問題は無いかもしれません。

私は、牛の為にも私達自身の為にも、もうこんな恐ろしい悪魔のような虐待は終わりにすべきだと思っていますが、全てを承知の上で、それでも牛肉、牛乳、乳製品を摂取したいという方は、リスクを十分承知した上で、摂り続けて頂きたいと思っています。

大人になっても、動物の赤ちゃん用体液を飲んでいる不自然な生き物は、人間しかいません。

「誰かを苦しめれば自分も苦しむ」

これは、霊的真理の基本中の基本です。ですので、

「誰かを苦しめる事で健康になる事は、絶対に有り得ない」のです。

茶太郎 犬
茶太郎; 「 チョコレートには2種類あるそうでしゅ。乳成分をつかっているチョコと使っていないチョコと。
乳成分&砂糖をつかってないチョコを【ヴィーガンチョコ】と呼ぶそうでしゅ。
チョコレート(食べ物全般でしゅけど)を買う時は、原材料の表示を見て、乳成分と砂糖が入っていないものを選んでくだしゃい。
オイラはみなしゃんに、健康で長生きしてほしいんでしゅ。

“みなしゃん”の中には牛しゃんも入っていましゅよ・・・。

乳製品が売れなければ、酪農なんてなくなりましゅ。

買う人がいるから、造ってしまうんだとオイラは思いましゅ。。。」
スポンサーサイト
[ 2012年02月07日 ]
プロフィール

茶太郎の仮ママ

Author:茶太郎の仮ママ



tyatarou



ご訪問下さって有難うございますm(_ _)m

茶太郎という保護犬の預かり日記です。

茶太郎は2013年6月に虹の橋に旅立ちました。

茶太郎は居なくなりましたが、引き続き動物の命の大切さを伝えていきたいと思っています。


御問合せはFacebookにお願いします。



tyatarou


※このブログはリンクフリーですが、記事や画像の転載をした際は御一報下さい

バナーやリンク・転載に関する詳細は【コチラ】を御覧下さい☆

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


検索フォーム








命を考えよう
今読まなくてはいけない本


別窓で開くWEB絵本です。無料で読めます↓






犬に関するリンク集














ペットのおうち



ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対



いつでも里親募集中



どうぶつ基金バナー200x40 (2)











ドッグフードの選び方ならドッグフード研究所



東北地震犬猫レスキュー.com



難病でもあきらめないで下さい。
遠くても行く価値がある病院です↓



下館で茶太郎が御世話になった福井先生が独立開業しました↓









ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2


人間用医薬品の個人輸入↓
バイアグラ、カマグラ通販ED薬の個人輸入ベストくすり