茶太郎 ちゃたろう チャタロウ

~茶太郎からの手紙~ 捨てられたミニダックスの茶太郎は新しい家族を探しています

茶太郎は半身不随から走れるようになりました

少し前に半身不随になって全く歩けなくなってしまった茶太郎ですが、その後、順調に回復してきています。

tyataro
おすわりだって、いままで通りに出来るようになりました。

tyataro

少し足元がおぼつかないこともありますが、今では走ることもできます!

二度とチャタの走る姿を見る事はできないと思っていましたが、3日くらい前に仮ママに走り寄って来る茶太郎を目にすることが出来ました。

ご支援してくださった方のおかげです。

本当に有難うございましたm(_ _)m

今、茶太郎は日常生活には何の不自由もありません。

トイレにだってスタスタと一人で行って、上手に済ませて戻ってきます。

元気もあります。

一時的な回復なのかもしれませんが、それでも仮ママにとっては嬉しい事です♪

このままの状態を少しでも長く維持してくれることを願うのみです。

今この時を逃さず、どうか茶太郎を家族として迎えてあげてください。

茶太郎への御問合せ、御申込はコチラに御願いしますm(_ _)m

見て下さい、お顔の表情も、具合が悪い時と違って凛々しく(?)見えますよね~↓

tyataro

全身を毛皮に覆われていても寒いらしく、布団にくるまっていることが多いチャタ。

毛があっても寒いのに。。。それなのに!!!

毛皮反対
毛皮反対
毛皮反対
毛皮反対
毛皮反対
(※画像はアニマルライツセンターから)


沢山の動物たちが生きたまま毛を剥されている日常。

犬猫だけではありませんが、犬猫の毛皮産業の実態をどのくらい御存知でしょうか。

普通のワンコが当たり前のように生きたままで毛皮を剥されています。
毛皮反対

シェパードの毛は脱色や染色をしてシルバーフォックスと表記され売られています。
毛皮反対
毛皮反対


毛皮反対

毛皮反対

毛皮反対
毛皮反対
毛皮反対
毛皮反対

アジアだけで1分につき4頭の犬猫が毛皮を剥がされているのだそうです。

犬猫の毛皮が他の動物(ミンクやフォックスなど)の毛皮だと表示されて売られているといいます。

動物たちは地面にたたきつけられたり踏みつけられた後、生きたまま皮を剥がされます。

皮を剥がされている間、多くの場合動物たちは意識があり、もがき苦しみます。

犬や猫だって例外ではなく、その対象になっています。

目を覆いたくなるような映像です。けれどもこの虐待行為は、私たち消費者が毛皮を購入することによって起こっているのです。

1枚のコートを作る場合、猫なら24匹,犬は12匹が必要だとか。

子猫もしくは子犬の場合はより多くが必要とのこと。


生きたまま毛皮を剥ぐというのには理由があります。


・殺すための薬代が浮く

・動物の体温が暖かいままのほうが皮を剥がしやすい

・死んでから剥ぐものよりも 毛艶が良い


・・・なのだそうです。

「動物を生きたまま 毛皮を剥ぐ」 という行為をどう思いますか。

賛成!と思わないのであれば、毛や皮の製品を買わない事を選択して頂けませんでしょうか。

帽子やコートの縁についていたり、マフラーやコート、セーターにアンゴラ・ウール混となっていたり、バッグや靴や財布が本皮だったり・・・・そういうものを買う前に動物達のことを思い出してあげてほしいのです。

アンゴラやウールは邪魔な毛を刈ってもらっているだけ、なんて誤解はあらためて下さい。

今の時期は保温性や暖かさを売り文句に、アンゴラ混の靴下やインナーがとても安価に大量に売られています。

キーホルダーや携帯ストラップにまで動物の毛や皮が使われています。

生きた動物達を苦しませても、そんなにまでしても必要な物なのでしょうか。

今まで無意識に買っていたのだとしたら、これからは意識して頂けたら嬉しいです。

毎度のことですが、仮ママも今までは無意識に手にしていました。

金銭的な事情で動物性のファッションは購入していませんが、過去にはいくつか贈り物として頂きました。

10年前に仮ママに教えてくれる人がいたら良かったのですが、誰も教えてくれませんでした。

仮ママと同じように、知らないせいで加害者になっている人も沢山いると思います。

なので、毛や皮のことを知らないお友達に教えてあげてください。

アクリルという軽くて暖かい製品があるということを。

あなたが動物製品を買わなければ殺されないんだということを。

他にも、たった一人の人間でも出来ることは沢山あります。

自分に何ができるのか、このサイトを御覧ください↓

[あなたにできること]というところをクリックしてみて下さい。
できることは沢山あるということに驚きますよ~。


以下、Ainaさんのブログ【ベジタリアンってね いいよ!】からの転載です。
(※Ainaさんは1988年生まれで、とってもお若いですが、しっかりした大人な女性です♪)

+~*+~*+~*+*~+*~+*~+*~+*~+*~+*~+*~+*~+*~+*~+*~+*~+*~+*~+

私は、毛皮不買・菜食主義 を 強制したり毛皮を着ている方や肉食をしている方を批判するつもりはございません。

たくさんの方がきっと、真実を知らずに買っているんだと思います。


私は、その方たちに 真実を知ってもらいたい


残酷な現実から目を背けないでほしい


感じた気持ちをどうか忘れないでほしい


そして  少しだけ 人間と動物との関係について考える時間を作ってもらいたい


すべてのひとの、倫理に呼びかけます


一度でいいから 想像してみてください


産まれてからずっと


狭い檻の中


自由に歩くことも許されず


逃げることも出来ない



ある日


外に出られたと思うと



こん棒で何度も 頭を殴られ


尻尾を持たれ 地面に叩きつけられる



激痛で 失神から目が覚めると



宙吊りにされて


両手首 両足首をナイフで切り落とされる


抵抗しようと  もがいても



誰も助けてくれない



そして足首から鼻の先まで


何度もナイフで切られながら



力ずくで皮を引っ張られ  すべて剥がされる



動物たちの苦しみを



毛皮を剥がされてからも10分以上 瞬きや息をする動物たち

毛皮反対

毛皮反対


もし この動物たちに産まれてきていたら

もし 可愛い家族がこんな目に遭うとしたら


そんな風に、一度でいいから 考えてみてほしい



この想いだけでいつも記事を書いています

どうかたくさんの方の心に届きますように・・・・



スポンサーサイト
[ 2012年01月20日 ]
プロフィール

茶太郎の仮ママ

Author:茶太郎の仮ママ



tyatarou



ご訪問下さって有難うございますm(_ _)m

茶太郎という保護犬の預かり日記です。

茶太郎は2013年6月に虹の橋に旅立ちました。

茶太郎は居なくなりましたが、引き続き動物の命の大切さを伝えていきたいと思っています。


御問合せはFacebookにお願いします。



tyatarou


※このブログはリンクフリーですが、記事や画像の転載をした際は御一報下さい

バナーやリンク・転載に関する詳細は【コチラ】を御覧下さい☆

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


検索フォーム








命を考えよう
今読まなくてはいけない本


別窓で開くWEB絵本です。無料で読めます↓






犬に関するリンク集














ペットのおうち



ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対



いつでも里親募集中



どうぶつ基金バナー200x40 (2)











ドッグフードの選び方ならドッグフード研究所



東北地震犬猫レスキュー.com



難病でもあきらめないで下さい。
遠くても行く価値がある病院です↓



下館で茶太郎が御世話になった福井先生が独立開業しました↓









ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2


人間用医薬品の個人輸入↓
バイアグラ、カマグラ通販ED薬の個人輸入ベストくすり