茶太郎 ちゃたろう チャタロウ

~茶太郎からの手紙~ 捨てられたミニダックスの茶太郎は新しい家族を探しています

2月17日 手術当日

朝10時に到着し、手術用検査&点滴をして手術開始は16時頃という予定の2月17日。

ちょうど10時に下館動物病院に到着。
この日は代診院長のO先生がチャタを診てくれ、夕方に執刀医の中島先生が到着する予定らしい。

まずは血液検査。先生は前回F先生が行ってくれた肝臓の検査が気になっている様子。
私達は、肝臓はステロイド剤の影響だろうから、肝臓よりも保護当初からチャタの首の両側にあるリンパ腫のようなシコリが気になっている旨を伝えました。

チャタを預けて待合室で待つこと数分。
血液検査の結果はなんと、下がっているはずのALKPが951から996にアップ↑

なんでぇ~???

先生曰く「ステロイド剤の影響だったら前回よりも下がっているはずなので、ステロイド剤の影響ではない事と、良くなるどころか悪化している傾向にあることがわかりました」
と・・・。  いったいなぜこんなことに・・・。

「首の腫れや肝臓の異常という症状の場合、考えられる病気の一つに、甲状腺機能低下症という病気があります。まず、この病気かどうか確認する為に検査をしましょう」と言うことで検査をすることになりました。

結果、首の腫れたシコリは甲状腺でもリンパでもなく、唾液腺の腫大であることが判明。
これは何の問題も無いとのことで、一安心。
それに甲状腺ホルモン値のT4も平均値1.3~2.9のところ、チャタは2.8と正常であることが判明。
この時点で甲状腺機能低下症の可能性は排除されました。

となると肝臓の異常の原因は・・・。

肝臓に針をさして針生検をした結果、肝・胆道系疾患が疑われ、肝臓脂肪変性の疑いがあるけど、針を刺した部分の細胞だけでの判断は不確定とのこと。
針生検では肝硬変と脂肪肝の可能性を検査したかったらしいですが、このどちらでも無いということで原因不明になってしまいました。

先日のF先生はASTがOKならALKPが異常値でも手術は可能と仰ってましたが、O先生は
「危険なので手術は見送りましょう。」と・・・。

そ、そんな!!!はるばるこんな遠くまでやって来たのに(泣)と思って呆然としていると、救いの神、執刀医の中島先生から御電話が。
なんでも会陰ヘルニアに緊急性は無いが、膀胱には緊急性有りという判断らしい。
チャタの場合、尿検査で大量の大腸菌等のバイ菌が見付かっており、膀胱がとても汚い状態になっていて、もしかすると癒着もしくは壊死してしまっているかも・・・との事。

癒着してしまっていると切り離す事は不可能なので(膀胱は薄い袋なので破れて使い物にならなくなってしまう)、膀胱を切除して管をつないで、オシッコを垂れ流しの状態にするしかないとの事。
そうなってしまうと本当に大変な生活になると言われました。
それから壊死して腐ってしまっている場合は、余命1ヶ月程度なので、そのまま閉腹しますとも言われました。

いろんな意味で覚悟のいる手術になるようです。

本当に恐ろしい病気です。

そんなわけで事情が変わり、チャタを残して帰る事に。
この後チャタは手術の開始時間まで点滴を受けて手術に備えるそうです。

チャタは強度の分離不安がある為、人間が抱っこしていないとパニックになり泣き叫んでしまう点と、ケージレストが全く出来ない点をお伝えし、どうにもならなければ車で引き返す旨と携帯番号を伝えて帰路につきました。

スポンサーサイト
[ 2009年02月17日 ]
プロフィール

茶太郎の仮ママ

Author:茶太郎の仮ママ



tyatarou



ご訪問下さって有難うございますm(_ _)m

茶太郎という保護犬の預かり日記です。

茶太郎は2013年6月に虹の橋に旅立ちました。

茶太郎は居なくなりましたが、引き続き動物の命の大切さを伝えていきたいと思っています。


御問合せはFacebookにお願いします。



tyatarou


※このブログはリンクフリーですが、記事や画像の転載をした際は御一報下さい

バナーやリンク・転載に関する詳細は【コチラ】を御覧下さい☆

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


検索フォーム








命を考えよう
今読まなくてはいけない本


別窓で開くWEB絵本です。無料で読めます↓






犬に関するリンク集














ペットのおうち



ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対



いつでも里親募集中



どうぶつ基金バナー200x40 (2)











ドッグフードの選び方ならドッグフード研究所



東北地震犬猫レスキュー.com



難病でもあきらめないで下さい。
遠くても行く価値がある病院です↓



下館で茶太郎が御世話になった福井先生が独立開業しました↓









ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2


人間用医薬品の個人輸入↓
バイアグラ、カマグラ通販ED薬の個人輸入ベストくすり