茶太郎 ちゃたろう チャタロウ

~茶太郎からの手紙~ 捨てられたミニダックスの茶太郎は新しい家族を探しています

たこ焼きの惨劇

先日、たこ焼きを食べてしまった仮ママですが、やはり罪悪感があったので、帰宅後にタコを調べたら、タコの属性は動物類に分類され、血液中にヘモシアニンという成分が含まれているため、血液は赤く見えないだけで、タコも血液が流れている事を知りました。

そして、タコの説明文によると、タコは高い知能を持っていて、色を見分け、形を認識することや、問題を学習し解決することができると書いてありました、

例として、密閉された捻蓋式のガラス瓶に入った餌を視覚のみで認識し、ビンの蓋を捻って餌を取ることができる。

また白い色を他の色と区別して強い興味を示す。

色や形を2年ほど記憶できる。

さらに、立体パズルを組み立てるほど高い知能も確認されており、人間が割って捨てたココナッツの殻を組み合わせて復元することが出来る。

二枚貝の貝殻や人工物などの道具を利用して身を守る様子も紹介されており、動物の道具使用について新しい発見となった。

外敵に襲われたとき、捕らえられた腕を切り離して逃げることができ、その後、腕は再生する。

しかし、神経質で精神が弱いところがあり、ストレスを感じやすく、ストレスによって自傷行為をすることがあり、自分の腕を噛んでしまうことがある。

自傷行為により切れた腕は、防御の時とはちがって、二度と再生しない。

ユダヤ教、イスラム教、キリスト教(一部)では、タコは神から食を許されていないとして、食べる事が禁忌とされている。


のだそうです。

タコさん・・・知能が高くて精神が弱く、ストレスで自傷行為をしてしまうなんて。。。

そんなこと全然知りませんでした。

日本には神社やお寺にタコさんをまつっているところがあるのですが、仮ママは「なんで神社とかお寺でタコ?なにかのギャグ?・・・プププ(笑)」などと不謹慎な事を思っていた時があります。

でも古代からタコさんは神聖視されていて、その高い知能と精神性により、粗末にしたりおろそにしてはいけない動物だと、人間から一目置かれていたそうです。

仮ママが食べたタコさん達も水揚げされて、息が苦しくて、のたうちまわって窒息死した可哀想なタコさん達だったようです。

フライドポテトでも食べていれば良かった、と深く後悔しましたが、もうこれから二度と食べない事を誓って、タコさん達に償っていくしかありません。

知能が高く、ストレスを感じる繊細な感情をもっているタコさん。

少なくても、死ぬ時の恐怖や苦しみを感じているのは間違いありません。

苦しみの中で尊い命を奪われていくワンニャン達と同じですね。

仮ママのように何かしら理由をつけて自分を正当化して生き物を殺して食べる人がいたら、それは何かしら理由をつけてワンニャンを殺す人と同じなのかもしれません。

犬や猫は家族だから殺してはいけない、でも牛や豚は家族じゃないから殺して良いと言う人がいます。

それは犬や猫を家族と思わない人は犬や猫を殺して良いということになります。

自分達の家族だから、という理由で特別扱いするなら間違っているのかもしれません。

自分達の家族だけは守られて、それ以外の動物の命は軽んじるなんて事は、その人の勝手な思い込みというエゴでしかないのだと思います。

家族かどうかを言い訳にしないで、神が与えた命を人間ごときが勝手に奪ってはいけないということを感じなくてはならなのでしょう。

神様は“家畜”という言葉を作ってはいません、人間が勝手に家畜という言葉をつくり、家畜は食べて良いと決めただけなんです。

神様は“牛には牛の役目あり、豚には豚の役目あり。人のための命にあらず”と言っています。

ちなみに仮ママの食べたたこ焼きは、大きな真ダコではなくて小さなイイダコが沢山入っているタイプだったので、仮ママが食べてしまった命の数は複数になります。

仮ママが無知なせいで犯した罪は想像以上に大きかったです。

非情な仮ママと同じように、現代はたくさんの人間達から共感性が失われていき、他の生き物を殺しても自分達さえ良い思いが出来れば、それでいいんだ!という悪い気持ちが増えていったせいで、ワンニャンの殺処分が始まったんですね。

人間が少しでも自分達以外に対する共感性を取り戻せたら、世の中から殺処分はなくなるんでしょう。

ワンニャンの殺処分を世の中から無くすのには人間が失ってしまった「共感性」を取り戻すことしかないのでしょうか・・・。

日本中の人がちゃんと神示を読んで改心して、早くそんな世の中になるといいですね。

茶太郎
茶太郎; 『 タコしゃん、可哀想でしゅ・・・。
タコしゃんはストレスに弱いんでしゅね、オイラと同じでしゅね。
オイラは自傷行為はしましぇんけど、ストレスで自傷行為をして、シッポの毛をむしってしまう子がいるというのを聞いたことがありましゅ。

仮ママしゃん、良く知りもしないで食べてはいけましぇんよ。
やっぱり動物は食べてはいけましぇん。

仮ママしゃん、御願いでしゅから、もうタコしゃんを殺さない世の中にしてくだしゃい。
みなしゃんに動物を食べないように言ってくだしゃい。
オイラ、動物が殺されて人間に食べられている世の中なんて悲しくて耐えられないでしゅ・・・。』
スポンサーサイト
[ 2011年11月26日 ]
プロフィール

茶太郎の仮ママ

Author:茶太郎の仮ママ



tyatarou



ご訪問下さって有難うございますm(_ _)m

茶太郎という保護犬の預かり日記です。

茶太郎は2013年6月に虹の橋に旅立ちました。

茶太郎は居なくなりましたが、引き続き動物の命の大切さを伝えていきたいと思っています。


御問合せはFacebookにお願いします。



tyatarou


※このブログはリンクフリーですが、記事や画像の転載をした際は御一報下さい

バナーやリンク・転載に関する詳細は【コチラ】を御覧下さい☆

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


検索フォーム








命を考えよう
今読まなくてはいけない本


別窓で開くWEB絵本です。無料で読めます↓






犬に関するリンク集














ペットのおうち



ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対



いつでも里親募集中



どうぶつ基金バナー200x40 (2)











ドッグフードの選び方ならドッグフード研究所



東北地震犬猫レスキュー.com



難病でもあきらめないで下さい。
遠くても行く価値がある病院です↓



下館で茶太郎が御世話になった福井先生が独立開業しました↓









ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2


人間用医薬品の個人輸入↓
バイアグラ、カマグラ通販ED薬の個人輸入ベストくすり