茶太郎 ちゃたろう チャタロウ

~茶太郎からの手紙~ 捨てられたミニダックスの茶太郎は新しい家族を探しています

犬の白内障の点眼薬

相変わらずお腹の中が気持ち悪いチャタくんですが、他は特に変わったこともなく、いたって普通に生活しています。

茶太郎

しかし、この時期ですから白内障が少し気になります。

白内障を進行させる原因の紫外線が一年でもっとも多い、5月~10月の時期、UVカット対策はしっかりと行わなければなりません。

窓にはUVカットカーテン、または窓ガラスにスプレーor塗るタイプのUVカット商品なんてのがオススメです。

日中は日向に出ないようにして、室内でも窓を避けた場所に居てもらいます。

今までは白内障になってしまったら治す薬はありませんでしたから、犬も人間も手術以外に方法はありませんでした。

進行をやや遅くするカリーユニという目薬はありますが、若干ペースを遅らせるだけですから、これを点けていても徐々に水晶体は白く濁っていき、それを止めたり、濁った水晶体を元に戻すことは手術以外には絶対に不可能でした。

しかし最近、白内障を治すという夢の薬が発売されました。

進行を完全にストップするどころか、既にある濁りも改善されるのだそうです(機能が失われるほどに濁ってしまった場合は難しいと思いますが、まだ見えている状態なら見込み有りです)

この目薬です→ 犬 白内障 目薬

治験では90%以上の人畜がの水晶体の白濁が改善されたそうで、早期なら早期なほど効果が高くあらわれたそうです。

この目薬の登場により、今後、白内障の手術というのは必要なくなるかも?とまで言う人も居るとか居ないとか。

特に手術が負担になってしまうワンにとっては、大変ありがたい夢の目薬であることに間違いありません。

ネット通販で購入できるのですが、到着までに約2週間もかかるらしいので、現在到着待ち中です。

なにせ茶太郎の分離不安といえば半端ではありませんからね。

多分、世界最強の分離不安症だと思います。

例え同じ階に居ても、姿が見えないだけでパニックですから。

トイレに入る時も「ママ居るからね~。大丈夫だよ~。」などと声を掛けながら扉を開けてトイレに入りますが、声はどうでも良いらしく、姿が見える位置まで歩いてきて、姿を確認してから、その場で座るか伏せるかして、トイレから出てくるのをじっと待ちます。

それに基本的に茶太郎はアイコンタクトを四六時中求めてくるので、これで目が見えなくなったら、今以上に相当しつこくなるのでは?と思い、何とか視力を守ってあげたいのです。

茶太郎

茶太郎: 「分離不安症とか白内障ってコワイ病気でしゅね。 いっぱいお金もかかるし、迷惑ばかりかけて本当にごめんなしゃい。。。」
スポンサーサイト
[ 2011年07月23日 ]
プロフィール

茶太郎の仮ママ

Author:茶太郎の仮ママ



tyatarou



ご訪問下さって有難うございますm(_ _)m

茶太郎という保護犬の預かり日記です。

茶太郎は2013年6月に虹の橋に旅立ちました。

茶太郎は居なくなりましたが、引き続き動物の命の大切さを伝えていきたいと思っています。


御問合せはFacebookにお願いします。



tyatarou


※このブログはリンクフリーですが、記事や画像の転載をした際は御一報下さい

バナーやリンク・転載に関する詳細は【コチラ】を御覧下さい☆

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


検索フォーム








命を考えよう
今読まなくてはいけない本


別窓で開くWEB絵本です。無料で読めます↓






犬に関するリンク集














ペットのおうち



ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対



いつでも里親募集中



どうぶつ基金バナー200x40 (2)











ドッグフードの選び方ならドッグフード研究所



東北地震犬猫レスキュー.com



難病でもあきらめないで下さい。
遠くても行く価値がある病院です↓



下館で茶太郎が御世話になった福井先生が独立開業しました↓









ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2


人間用医薬品の個人輸入↓
バイアグラ、カマグラ通販ED薬の個人輸入ベストくすり