茶太郎 ちゃたろう チャタロウ

~茶太郎からの手紙~ 捨てられたミニダックスの茶太郎は新しい家族を探しています

4日後

薬がなくなったので病院へ。
チャタはふらつくけれど、自力で立てるようになったし少し歩けるようにもなりました。

奇跡みたい!!!

先生も「ここまで回復すれば後はリハビリで歩けるようになるでしょう」と言ってくれました。

本当に奇跡みたい(><)

ついこの間はブランとしてた足も・・・・
NEC_0230.jpg

今では↓あきらかに神経が繋がってる感じ。左足は左側に発症している会陰ヘルニアのせいで、右足と比べると、まだ異常がある。
NEC_0514.jpg

この後は同じ薬を8日分処方されました(デキタメサゾンは半分の量)。

しかし病名は結局不明。
脊椎に負担がかかって椎間板ヘルニアになったのか、体内を移動した膀胱が坐骨神経を傷付けたのか、どちらの可能性もあり断定は難しいとのこと。
どっちにしろ原因は会陰ヘルニアなので、悪いのはチャタではありません。

会陰ヘルニアは早期に去勢した犬の発症率がゼロ%という、後天的要因によって発症する病気です。逆に去勢が遅れた犬の50%に必ず発症してしまう恐ろしい病気です。
つまり飼い主が早く去勢してればチャタは会陰ヘルニアにも椎間板ヘルニア(坐骨神経痛?)にもならなかったわけです。
元飼い主が人為的に作り出した病気のせいでチャタは苦しい思いをしているんです。
チャタは少しも悪くありません。
元飼い主の無知の犠牲になってしまった可愛そうなチャタ・・・。
そんなコを捨てるなんて、本当にどこまで無責任なんでしょう。
スポンサーサイト
[ 2009年01月23日 ]
プロフィール

茶太郎の仮ママ

Author:茶太郎の仮ママ



tyatarou



ご訪問下さって有難うございますm(_ _)m

茶太郎という保護犬の預かり日記です。

茶太郎は2013年6月に虹の橋に旅立ちました。

茶太郎は居なくなりましたが、引き続き動物の命の大切さを伝えていきたいと思っています。


御問合せはFacebookにお願いします。



tyatarou


※このブログはリンクフリーですが、記事や画像の転載をした際は御一報下さい

バナーやリンク・転載に関する詳細は【コチラ】を御覧下さい☆

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


検索フォーム








命を考えよう
今読まなくてはいけない本


別窓で開くWEB絵本です。無料で読めます↓






犬に関するリンク集














ペットのおうち



ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対



いつでも里親募集中



どうぶつ基金バナー200x40 (2)











ドッグフードの選び方ならドッグフード研究所



東北地震犬猫レスキュー.com



難病でもあきらめないで下さい。
遠くても行く価値がある病院です↓



下館で茶太郎が御世話になった福井先生が独立開業しました↓









ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2


人間用医薬品の個人輸入↓
バイアグラ、カマグラ通販ED薬の個人輸入ベストくすり