茶太郎 ちゃたろう チャタロウ

~茶太郎からの手紙~ 捨てられたミニダックスの茶太郎は新しい家族を探しています

ダブルヘルニア

仮ママとチャタは一睡もしていないので朝イチで動物病院に行って診察を受ける。

まず床を歩かせて後足の状態をみて、背後から後足を突付いたり抓ったりするがチャタは振り返る事も足元見る事もしない・・・何も感じないらしい。
この状態で後足の神経が麻痺していることが確定。
次に背骨や腹部や臀部を触診する。
「会陰ヘルニアがかなり進行していて、内蔵の一部(膀胱等)が臀部に移動してしまっており、それらの内蔵が坐骨神経を傷付けてしまったか、もしくは、内蔵がズレると骨格が歪んでダックスは脊椎を痛めてしまうので、椎間板ヘルニアかもしれないです。ダックスが会陰ヘルニアになると、こういう下半身麻痺の症状はセットでついてくるものなので。私はダブルヘルニアと勝手に名付けてます」との事。
MRIを使えば病名の特定は可能でも5~6万円以上かかるし、病名を特定したとしても現段階ではステロイド剤の投与しかないのでは?というので、注射を御願いして様子を見る事に。
ただステロイドは免疫系等を破壊する薬なので会陰ヘルニアの手術は術後の感染症を引き起こすので無理との事で延期になってしまいました。
続いて、血尿が出ていた原因を調べる為に尿道に管を入れてオシッコを採取する為にチャタを診察台の上で横向きにして押さえ付け管を入れる。チャタは痛いらしく「キャヒーン!!キャヒーン!!」と断末魔のように泣き叫んでいて、とても見ていられない。
管はなかなか入って行かず、チャタは益々悲鳴をエスカレートさせパニック状態に・・・。
しばらく悪戦苦闘が続いたが、先生が管を子犬用のピンクの細い管にチェンジすると今度はゆっくりと入って行った。
「膀胱の位置まで管を入れてますが、膀胱がありませんね。御尻のほうまで管を入れます」
と言って更に管を奥まで入れるが、まだオシッコは出ない。
先生が手で肛門の横を押すと、管が黄色くなってきてオシッコが採取できた。
「尿道が伸びて細くなっているし、膀胱もかなり移動してしまってます」
先生の言葉を聞きながら仮ママは急に気分が悪くなってきて病院で嘔吐してしまいました。
「顔が真っ青ですよ!少し休んで下さい。これからもっとショックなことをお伝えしなければならないので・・・」
その言葉通り、チャタはもう二度と歩けないだろうという診断が下されました。
完全に麻痺してしまった神経が回復する望みは少ないそうです。

とりあえず痛みを抑える鎮痛剤としてステロイド剤(デキサメタゾン)と感染症を防ぐ抗生剤、膀胱炎の血尿を治す抗生剤、吐き気を抑え胃を保護する胃薬、これら4本の注射をしてもらい、3日間は同じ注射を毎日打ちに通院することになりました。

本来であれば入院してクレートの中に保護材を隙間なく詰めて身動きとれない状態にするのですが、チャタの分離不安の性格上、クレートやケージに入れるとパニックになって鳴いて暴れて余計体に負担が掛かる可能性があるので、家に連れて帰って安静にすることにしました。

犬は体を動かして痛みを和らげようとするから、動こうとしたら、抑えつけるか話しかけるかして体を動かさないように絶対安静にさせて下さいと言われたので、不眠不休で茶太郎を監視しています。
↓このように背骨をのばした状態が理想。足は麻痺しているのでブラーンとのびてます。
221.jpg
注射は全く効果があらわれず、病院に連れて行く前と同じ状態です。
チャタは痛みの為に殆ど眠れず「フーン、フーン」と鳴き続けていて、とても可哀相です。

痛みだけでも抑えてあげたい・・・。
スポンサーサイト
[ 2009年01月16日 ]
プロフィール

茶太郎の仮ママ

Author:茶太郎の仮ママ



tyatarou



ご訪問下さって有難うございますm(_ _)m

茶太郎という保護犬の預かり日記です。

茶太郎は2013年6月に虹の橋に旅立ちました。

茶太郎は居なくなりましたが、引き続き動物の命の大切さを伝えていきたいと思っています。


御問合せはFacebookにお願いします。



tyatarou


※このブログはリンクフリーですが、記事や画像の転載をした際は御一報下さい

バナーやリンク・転載に関する詳細は【コチラ】を御覧下さい☆

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


検索フォーム








命を考えよう
今読まなくてはいけない本


別窓で開くWEB絵本です。無料で読めます↓






犬に関するリンク集














ペットのおうち



ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対



いつでも里親募集中



どうぶつ基金バナー200x40 (2)











ドッグフードの選び方ならドッグフード研究所



東北地震犬猫レスキュー.com



難病でもあきらめないで下さい。
遠くても行く価値がある病院です↓



下館で茶太郎が御世話になった福井先生が独立開業しました↓









ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2


人間用医薬品の個人輸入↓
バイアグラ、カマグラ通販ED薬の個人輸入ベストくすり