茶太郎 ちゃたろう チャタロウ

~茶太郎からの手紙~ 捨てられたミニダックスの茶太郎は新しい家族を探しています

茶太郎の20回目の月命日。2008年9月30日の茶太郎(過去記事)  『表情が変化して尻尾も変化しました』

本日2015年2月14日(土曜)は茶太郎の20回目の月命日だそうです。

メッセージを下さった方から教えて頂きました。

メッセージを下さった方々、ありがとうございましたm_ _m



今日は茶太郎の霊前に白菜の大きな芯を供えました。

デジカメを紛失中で写真でお見せできないのが残念><

茶太郎も先ワンもキャベツとか白菜とか野菜の芯が大好物で、あげると大喜びでガリガリかじってました。



当時の仮ママは知識がなかったので、肉食動物のくせに何で葉野菜が大好物なんだろうと、思ってましたが、今は葉緑体が不足していたことがわかったので、子供達を葉緑体不足にして早死にさせてしまったことが悔しくてたまりません。

自分が許せず、時間を巻き戻してやり直したいです。



後悔しても茶太郎も先ワンも取り戻せないので、こうして茶太郎の昔の記事を皆様と共有していきたいと思います。


前回の月命日の記事の続きで、このブログを始める前のブログに掲載していた2008年の記事を転載します。

このころは「ちゃーちゃん」と呼んでいたようです笑 

いつまで呼んでたんだか・・・w

画像ブレブレですけど、でも茶太郎は本当に可愛い。


2008年9月30日の茶太郎(過去記事) 


 『表情が変化して尻尾も変化しました』



ちゃーちゃんは今まで、無表情なコでした。


「表情豊かなダックスにしては珍しいね~」と言いながら、私はそういうコなんだと思っていました。 


他のワンと比べてはいけないし、それが茶太郎の個性なんだと。




でも違ったのです。




ここ2~3日で急に表情の変化がみられるようになったのです。


それでもダックスにしては極端に少ないですが、無表情ではなくなりました。


そして尻尾も。。。


今までは全く尻尾を動かさなかったので、会陰ヘルニアでオシリを手術してるらしいから、その後遺症で尻尾が動かないんだ、と思ってました。



でも違ったのです。



数日前から徐々に尻尾を振るようになって、最初は先端だけを少し → 今は全体を振ってます。


今日の夕方は私に近寄ってきて、自分からお手とオカワリを何度もやってくれて、しかも嬉しそうなんです。


10097103809.jpg



ゆっくりと心の傷を癒していこーね、ちゃーちゃん。


10097103805.jpg




スポンサーサイト
[ 2015年02月14日 ]

殺処分ゼロに反対します!

ブログの更新が遅れてしまい申し訳ありません><

最近、犬猫の殺処分ゼロについて考えることが多くなりました。

ツイッターやFacebookで「殺処分ゼロ」を提言している団体さんがいらっしゃって、その記事を目にする機会が多くなりました。


それとは逆に「殺処分ゼロ活動」には反対の意見もあるようです。


仮ママは殺処分はゼロにしてはいけないと思いますが、現在のガス室による窒息死には反対です。


殺処分の方法は動物センターへの持ち込みではなく、飼い主自身が自分で抱っこした状態で動物病院で注射による殺処分をするべきだと思います。


しかし動物病院では、基本的にそのような殺処分には応じてくれないところが多いようです。


ですので、今現在、殺処分ゼロを提言している人達の「行政は安易に引き取らず、持ち込み者に思いとどまるよう指導すべき(引き取り拒否の推進)」では問題は解決しないと思うので、センターによる処分ではなく、各飼い主自身が動物病院で殺処分できるようにするような提言が必要だと考えています。


行政の引き取り拒否というのは危険な提言なので、良くないな・・・と思ってしまいます。


殺処分ゼロを目指している人は、まず犬の外飼育や首輪+リードでの散歩について考えて頂けたらな、と思います。


外飼育や首輪リードで散歩をされている犬がいることを問題提起して頂くことが、まず最初の一歩ではないでしょうか。


仮ママは外飼育や首輪リードを禁止する動物愛護法を制定して欲しいとも思っていましたが、アニマルライツセンターの勉強会に出ているうちに、考えが変わりました。


外飼育を禁止する法律があれば、「外飼育はいけないんだ!」と無知な飼い主が気付く可能性はありますが、ネグレクトの発見が遅れるという可能性もあります。


今は外飼育をしている家は通り掛かっただけで「動物虐待だ!可哀想に」と気付くことができて、飼い主さんに殺処分や譲渡を申し入れる事もできますが、外飼育が法で規制されてしまうと室内でネグレクトが行われていても気付くことが出来ないからです。


「外飼育の何が悪いのかわからない」という、犬に愛情のカケラもない飼い主が今の日本には沢山いるのです。


ネグレクトについて↓
http://www.bethevoiceforanimals.com/dog/detail/id=61



そのようなネグレクト飼育の飼い主とは別に「首輪にリードをつけて散歩する」という飼い主も居ます。

ネグレクトにはなりませんが、動物虐待であることに間違いはないし、首輪リードに関しては正直、仮ママには理解に苦しむのです。


ハーネスも首輪も値段は同じだし、なぜ首輪リードで出かけるのでしょうか。


まさか首輪+リードが犬にどれほどの苦痛をもたらしているかわからないとでも言うのでしょうか。

そして首輪が抜けたと言って、「迷子犬さがしてください」等と呼びかけをしている無責任な飼い主も沢山いるのです。


首輪が抜けて車にひかれたらどうするのでしょう。


犬のことを全く考えていませんせね。


このような犬に愛情がなかったり、犬の立場にたって物事を考えられない外飼育や首輪リードの飼い主が、愛護センターに持ち込んで殺処分を願うのです。


室内飼育でハーネスリードを使っている飼い主が、愛護センターに持ち込むことなど殆どないのではないでしょうか。



殺処分ゼロを目指すのであれば、外飼育や首輪リードでしか犬を飼えない人は、最初から犬と一緒に暮らす資格はないということを提言したほうが良いと思います。


行政による引き取り拒否を提言するのはとても危険です。


引き取り拒否をされたワンちゃんが、どのような酷い状況でネグレクトされているか、そこを考えなくてはなりません。


それが犬の立場になって考えることになるのです。



【殺処分の問題は、殺処分がなくなっても解決しない】↓
http://www.bethevoiceforanimals.com/satsusyobun/detail/id=55



上のリンク先を読んで、「行政の引き取り拒否による殺処分ゼロはいけないことなんだ」ということを知って頂ければと思います。


ちょうどタイムリーに2015/2/7(土)にアニマルライツセンターで殺処分ゼロとネグレクトについての勉強会を行います。


仮ママも参加しますので、是非参加して下さい。


群馬や長野など、遠方からいらっしゃる方もいます。

東京近県にいながら一度もアニマルライツセンターの勉強会に参加した事がないという方は、今年こそは心を入れ替えて参加して下さい。


「動物ってあまり興味ない」と言っている方こそ参加して欲しいのです。


動物に興味がないと言いながら、レザーのバッグや革靴を履いていたり、食事の度に動物の肉を喰らっていたり、パンやアイスやヨーグルトなどの乳製品を摂取していたり、砂糖や化粧品を使っていたり、動物に興味がないなら動物の物を使わずに生きればいいのに、動物の物に興味があるから喰ったり買ったり身に付けたりしてるんでしょ?


動物に興味がないなんて、どの口が言ってるんだ!! 嘘をつくな!と言いたいのです。


動物に興味がなければ動物の物なんて何一つ家にないはずなのです。


考えてみて下さい。


興味がない物にわざわざお金を払って買いますか?


興味があるから買うのではないでしょうか。

動物製品を飼っている以上、「動物に興味がない」などと嘘をつくのはやめて下さい。

日常の全てに動物を犠牲にしている人のなんと多いことか・・・><


アニマルライツセンターの勉強会に来ないなら、動物の物を一切生活に使うな!と言いたい。


特に砂糖やビールやワイン! これらにどれほど動物の犠牲が詰まってることか。

ケチャップにだって砂糖は入ってるんだから、冷蔵庫をよく見て下さい。


「私はアニマルライツセンターの勉強会に行ったことありませんが、動物の物は一切使っていません」なんて人居ないはずです。


今回は犬猫の殺処分やネグレクトの勉強会なので、ぜひ参加して下さいね。

https://www.facebook.com/events/646807652108750/


日時:2月7日(土)13時~17時
場所:アニマルライツセンター渋谷オフィス
東京都渋谷区宇田川町12-3ニュー渋谷コーポラス1009


今回は、ペットのネグレクトについて、ご説明と対策、その限界についてお話します。

会員であるなしを問わず、動物の権利擁護のための活動をしたいと思っている方であれば、どなたでも参加していただけます。
アニマルライツに貢献する活動をしたいという方、お気軽にお越し下さい。
毎回真剣な議論がかわされます。

※アニマルライツの活動を促進するために、自由参加にしております。
※アニマルライツの問題解決、啓発などの活動をするお気持ちのない方はご遠慮ください。
※お越しいただいた方には氏名・住所・メールアドレス等を記載いただきます。あらかじめご了承ください。
※人以外の動物を連れての参加はできません。
※動物性食品の持ち込みは、ご遠慮いただけますようお願い致します。

-----
13:00~14:00
初めての方,久しぶりの方へ
アニマルライツセンターの活動についての簡単な説明
参加方法についての説明
アニマルライツとは?
----
14:00~17:00
・14:00~イベント出展・ボランティア募集
各種イベント報告
・アニマルライツセンターの活動の報告
・"How to Do Animal Rights"紹介
・勉強会:犬のネグレクト その対策と限界
     具体的に何ができるかみんなでディスカッション
・皆さんからの相談・新規トピックスの議論等





次回は茶太郎の月命日の頃に更新します。




[ 2015年02月05日 ]
プロフィール

茶太郎の仮ママ

Author:茶太郎の仮ママ



tyatarou



ご訪問下さって有難うございますm(_ _)m

茶太郎という保護犬の預かり日記です。

茶太郎は2013年6月に虹の橋に旅立ちました。

茶太郎は居なくなりましたが、引き続き動物の命の大切さを伝えていきたいと思っています。


御問合せはFacebookにお願いします。



tyatarou


※このブログはリンクフリーですが、記事や画像の転載をした際は御一報下さい

バナーやリンク・転載に関する詳細は【コチラ】を御覧下さい☆

カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28


検索フォーム








命を考えよう
今読まなくてはいけない本


別窓で開くWEB絵本です。無料で読めます↓






犬に関するリンク集














ペットのおうち



ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対



いつでも里親募集中



どうぶつ基金バナー200x40 (2)











ドッグフードの選び方ならドッグフード研究所



東北地震犬猫レスキュー.com



難病でもあきらめないで下さい。
遠くても行く価値がある病院です↓



下館で茶太郎が御世話になった福井先生が独立開業しました↓









ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2


人間用医薬品の個人輸入↓
バイアグラ、カマグラ通販ED薬の個人輸入ベストくすり