茶太郎 ちゃたろう チャタロウ

~茶太郎からの手紙~ 捨てられたミニダックスの茶太郎は新しい家族を探しています

茶太郎の最後

先ワンが亡くなってから仮ママは時々、神様に御願いしていました。

先ワンは一ヶ月位の間、寝たきりだったので、ママは心の準備をすることが出来て、最後の時を迎えるまでの間、有意義に大切に時間を過ごすことが出来たけど、茶太郎のことは、逆にあまり長患いさせないで下さい。

「さっきまで元気だったのに!!・・・」は、心の準備が出来ずに諸々の後悔が残ってしまうので、「もう間もなくかな・・・」という覚悟が出来た状態で少ししたら逝かせてやってください。

長く苦しませるようなことだけはしないで下さい。



そんな事を神棚に申し上げていました。


さっきまで走り回っていたのに・・・のほうが茶太郎本人は苦しまなくて良いのでしょうが、それでは仮ママが「もっとああしたかった・・・」という後悔が残ってしまうので、それはちょっと辛いと思いました。

だから茶太郎が具合悪くなって、少し時間が欲しいと思いました。

でもあまり長く苦しい思いはさせたくないので、もうダメだとわかったら、そこで終わりにして欲しいと、そんな勝手なことを思っていました。

2013.jpg


茶太郎は亡くなる少し前から食事が摂れないような状態で痛みに苦しむようになりましたが、2013年6月13日(木)夜19時頃までは、それでもなんとか生きていました。

しかし19時過ぎ頃から急に呼吸が苦しくなり始め、心拍数が毎分140(安静時平均80~90)まで上がっていました。

20時過ぎの時点では毎分の呼吸数が48(平均15~20)に増えました。

恐らく腎不全による尿毒症の症状だと思います。

なんとなく予想をしていたような事態に陥りました。

そして19時からずっと、呼吸に合わせて、とても苦しそうな短い声を出し続けました。

デジカメの機能で録った音声なので、音が小さくで音質も悪いです。
ヘッドフォンでお聞きください → 音声

実際はかなり大きな声で、2階で茶太郎を寝かせておいて1階に下りたら、1階にまで聞こえてきました。

とにかく呼吸が苦しそうで、そばでずっと茶太郎を撫でていましたが、茶太郎は仮ママに助けを求めてすがるようにしがみついてきました。

2013062030.jpg

茶太郎が可哀想でどうしていいかわからずに仮ママは少しパニックになっていたと思います。

どうしよう、どうしよう、とそればかり頭をぐるぐるとめぐって呆然としていました。

病院に行こうかとも思いました。麻酔薬でも注射してもらおうかと。

とにかく本人が苦しいのを感じないように眠れるようにしてもらえたらいい、と。

でも、きっともうすぐ何もかも終わる、そんな気がしていました。

呼吸が苦しそうな茶太郎のそばで何もしてあげられず「もうすぐ終わるからね、大丈夫だよ」と何度も言いながら茶太郎を撫でていました。

20130620.jpg

21時半頃にはもっと苦しくなって、心拍数1分間に148、呼吸数1分間に64にまで上昇しました。

そんな状態が22:30頃まで約3時間半に渡って続きました。

22:30頃には、数ヶ月前に買っておいたカラーセラピーで腎臓に効果があるという色の布をふと思い出し、その布を茶太郎に掛けてあげました。

するとスーっ・・・と泣き声と呼吸がおさまって、茶太郎は眠ってしまいました。

まさか、この布のせい?と思って、そっと布をどけると、また早い呼吸と泣き声が始まってしまって、驚いて布を掛けなおすと、また落ち着きました。

茶太郎は「なんで、その布、とっちゃうんでしゅか? ひどいでしゅ」と言うような顔で仮ママを見てました。
201306.jpg

「この布に何かの効果があるのかもしれない」と思って、もしかしたら茶太郎はこのまま明日まで眠って、明日は少し良くなるかも・・・なんて事まで考えたりもしました。

とにかく、理由はどうあれ、3時間半も苦しんでいた茶太郎が苦しくなくなったようなので、仮ママは本当にホっとして、そのまま茶太郎の隣でウトウトとしてしまいました。

もう何日もロクに睡眠をとっていなかったので、安心した途端に眠くなってしまったようです。

1時間くらいウトウトと寝たり起きたりを繰り返していた仮ママですが、24時過ぎに茶太郎の異常に気付きました。

茶太郎が大きく口をあけて、ゆっくりとのけぞるような呼吸をし始めたのです。

慌てて茶太郎の名前を呼んで体をゆすって茶太郎の目を見ましたが、もう茶太郎に意識はありませんでした。

口をゆっくりパクパクしていましたが、瞳孔は反応せずに、心音も聞こえず、意識は全くない状態で恐らくもう魂は抜けてしまっていたと思います。

その状態で10回ほど口をパクパクさせながら大きな呼吸を繰り返し、やがて動かなくなりました。

時計を確認したら24時22分でした。

そんな最後でした。

20130621.jpg

直前には3~4時間ほどの間、苦しんでしまいましたが、でも最後の瞬間は眠った状態で迎えたようです。

眠っている状態で魂が体から抜けて、そしてそれに連動するように肉体のほうも活動を休止したような感じです。

眠るように息を引き取るというか、茶太郎は「眠りながら息を引き取る」という最後だったように思います。


あまり長患いせず、かといって急死でもなく、なんだか神様にお願いしていた通りになった・・・と、思いました。



まだ辛すぎて悲しすぎて、茶太郎の最後についての仮ママの感想などは書くことができません。

状況を書き連ねるだけで精一杯です。何卒ご容赦ください。

こうして書いていても涙が止まらず、悲しすぎていたたまれません。


尚、本日掲載した画像は、全て2013年6月13日21時過ぎに撮影した画像です。
その日の24時過ぎに息を引き取っていますから、亡くなる約3時間前の画像になります。
生きている一番最後に撮影したものたちです。

最後の最後まで茶太郎はずっと可愛いお顔をしていました。


スポンサーサイト
[ 2013年06月26日 ]

一週間前の茶太郎

茶太郎は先週の今頃は、まだ生きていました。

先週の今頃は仮ママの隣で、温かい体で呼吸をし、心臓を動かしていました。

まさかこの日の深夜に息を引き取るとは思っていませんでした・・・。


茶太郎の居ないこの一週間、なんだか夢心地というか、茶太郎が居ないという現実を受け入れられずに過ごしています。


今はただただ悲しいです。

特に夜が寂しいんです。

ほとんど眠れないんです。

眠くて瞼が開かないのに眠れないんです。

明け方6~7時くらいに、やっと少し眠れたと思っても8時には目が覚めてしまうんです。

そして目が覚めると隣で寝ているはずの茶太郎が居なくて、また悲しいんです。

そうしてまた茶太郎が居ない一日が始まるんです。


茶太郎は病気の苦しみから解放されて楽になったんだから、悲しがる必要はないのでしょうが、でも悲しくて悲しくてどうしようもないんです。

今日は一日、「先週の今頃、茶太郎はここで生きてたね。仮ママのことを見てくれた、声を聞いてくれた、触れられた・・・。」と思って、とてもとても悲しい一日でした。


L03B0891 640X480

ちょうど一週間前の茶太郎です。

具合は悪そうでしたが、普段と変わらずに、必須アイテムの枕を独占して横になって体を休めていました。

まさかこの日に逝ってしまうとは夢にも思わなかったです。

この日、一週間前の今日、深夜24時22分に息を引き取りました。

茶太郎が生きていた最後の日の写真です。
[ 2013年06月20日 ]

茶太郎を火葬しました

予定通り、2013年6月15日(土)の午後に茶太郎を火葬場に連れて行きました。

成田市の公営火葬場です。

この日、千葉県内は一日中、曇っていました。
L03B0004a.jpg

どのくらいで火葬場に着くのかわからなかったので、朝早く出て、しかも高速を使ったので、早く到着し過ぎて予定より1時間も前に火葬場に入りました。

受付を早く済ませたのですが、定刻になるまで待つように言われました。

待合室がありましたが、車の中で待つことにしました。

L03B0001_20130616213455.jpg

茶太郎がいつも入って寝ていたバスケットを用意しました。

L03B0003.jpg

赤ちゃんみたいに幼く見えます。

L03B0021a.jpg

予定は13時~でしたが、職員さんが12:40に開始してくれました。

L03B0018_20130616213456.jpg

火葬の時に一緒に燃やすと、あの世に持っていけると書いてある本があるそうなので、茶太郎が食べるはずだった羊の生肉を持たせてあげることにしました。

元気なうちに食べさせてあげたかった・・・と後悔が襲ってきて、悲しくて仕方ありません。

L03B0025a.jpg

12時45分に点火され、13時25分まで40分間、煙突の先からモヤっと蜃気楼のように熱が放出されていました。

茶太郎は淋しがりやだったから一瞬も離れては可哀想だと思って、仮ママは待合室には入らずに、ずっとそばに居ました。

L03B0027a.jpg

13時03分の時に職員さんが「中の状態を確認します」と言って、小窓から棒を入れて茶太郎をつっついていました。

L03B0029a.jpg

13:23分頃、茶太郎は変わり果てた姿で出てきました。

骨壷は火葬料金とは別にプラス3,000円かかると言われたので、骨壷らしき物を持参することにしました。

ホームセンターでペンキを入れる2リットル缶を270円で買いました。

L03B0973.jpg

生きている時にたくさんお金を使ってきたので、なるべく安く済ませようと思ったのですが、あまりにも酷すぎたと思って今は後悔しています。

L03B0975.jpg

こんな缶じゃなくて、ちゃんと骨壷を買ってあげれば良かった・・・。

あんなに頑張ってきた茶太郎にペンキ缶はあんまりです。


ペンキ缶に入った茶太郎を連れて直会らしきことをしようと思って、Green's Kというビュッフェ形式の変な飲食店に行きました。

L03B0032.jpg

サラダにソイマヨを使ってるという話でしたが真偽不明。

なんとか仮ママでも食べられそうな物を見つけて、なんちゃって直会をしました。

L03B0033_20130616214245.jpg

茶太郎は生まれて初めて飲食店に入店して、椅子に着席したのではないでしょうか。

これからはいつでも何処へでも一緒に行けるんだね。

でもペンキ缶はないよね・・・。連れて歩くと中の骨が缶にぶつかってカラカラ音がするし・・・。

でも、そんな可哀想な茶太郎に立派なお花が届きましたよ。

L03B0038.jpg

翔ママ様がメッセージカード付きで送って下さいました。

最初から最後まで茶太郎をずっと応援して下さって本当に有難うございますm(_ _)m

チャタ、嬉しいね。貧相だったスペースが一気に豪華になったね。

仮ママもとってもとっても嬉しいよ。お気持ちが有り難くて泣いちゃったよ。

翔ママ様、本当に有難うございます。



以上、茶太郎の火葬のご報告でした。


順番が逆で申し訳ないのですが、茶太郎がどんなふうに息を引き取ったのかは次回、お伝えしようと思います。少し時間を下さい。



この記事の最後は生前の茶太郎のかわいい写真で〆たいと思います。

L03B0821a.jpg

亡くなる10日前の6月3日に病院の待合室で撮影した写真です。

ちょっと不安そうな表情ですが、やっぱりチャタはカワイイです。。。

[ 2013年06月18日 ]

茶太郎 虹の橋へ

さきほど6月14日(金)0:22永眠しました。

6月15日土曜日に火葬する予定です。

詳細はまた後日改めて。

少し時間を下さい。

茶太郎を応援して下さって有難うございましたm(_ _)m

L03B0910.jpg

※茶太郎へのお花は辞退させて下さい。お気持ちだけ頂きます。
その分の金額をちばわんにでも寄付してあげてください。
今生きている家族のいない子の為に、御願いします。

[ 2013年06月14日 ]

入院して退院して更に悪化

先週の中頃、チャタは少し食欲が出てきて、要求吠えをするほど元気になってきました。

食事もほんの少しですが食べられるようになり、通常の4分の1くらいの量を食べました。

でも相変わらず、痛みを感じるらしく、ブルブルと痛そうに震えています。

動かしても大丈夫そうなので、鎮痛剤を処方してもらいに病院に行きました。

それから尿が濁って匂いが強いので、そのことも相談しました。


尿検査の結果、尿が濁っているのは膀胱にバイ菌が繁殖して膀胱炎になっているせいでした。


血液検査とレントゲンの結果、以前から患っていた慢性腎不全が進行して、腎臓の75%が機能しておらず、残りの25%でなんとか命をつないでいるそうです。

腎臓で解毒できない毒素が体に溜まって尿毒症になっているのだそうです。

レントゲンでは腎臓が縮小して小さく写っていました。

おそらく、余命3日ほどだと宣告されました。

残りの25%の腎臓が、おそらく3日以内に0%になって尿毒症で死んでしまうと。

少し元気が出てきたものと思っていたので、急にそんなことを言われて驚きました。


既に失われた75%の腎臓を回復させることは出来ないそうですが、体に溜まった毒素を体外に排出させるような点滴があるそうで、それを受ける為に入院しました。

自宅で行なう皮下点滴とは違って静脈点滴なので、病院でしか行なえないのだそうです。

人間が行なう人工透析ほどの効果はありませんが、それでも点滴で体が楽になり、痛みで震えることがなくなるかも、ということでした。

それに25%だけ機能している腎臓を保護し、0%になるのを防ぐことが出来るかもしれないのだとか。

でも個人差があるので、効く子には効果があり、効かない子には全く効かないので数日間連続点滴してみるしかないのだそうです。



しかし余命3日かもしれないので、入院中に虹の橋に行ってしまうかもしれないので、それはご了承下さいといわれました。

もう二度とチャタに会えないかもしれないので、どうしようかと迷いましたが、少しでも体が楽になるのであれば入院させたほうが茶太郎の為だと思いました。

長く生きさせたいとは全く考えていませんので、あくまでも茶太郎の苦痛を軽減することが目的なのです。

L03B0850.jpg


でも分離不安があるので入院は難しいのではないかと思いましたが、吠える事があれば、すぐに連絡をくれるということで、入院させました。

午前中に預けて、夕方に手作り食を届けに行った時に様子を聞いたら、とてもおとなしいと言われました。

全然吠えていないそうです。

寝てるのですか?と尋ねたら、起きていますと。

寝てるわけではないのに、吠えていないというのは、きっと物凄く具合が悪いのだと思いました。

数年前に腸の手術をした時には5日位入院が必要だと言われたのに、手術の翌日に吠えて仕方ないので強制退院になったほどなのに、あの大手術の時よりも更に具合が悪いということです。


診療時間内は人が沢山出入りしているから吠えないのかもしれないとも思って、夜の22時頃にこっそりと病院に行きました。

建物の周囲を歩いてチャタが吠えていないか確認したかったのですが、車の音とか周囲の騒音があって、良く耳を澄ませてもチャタの泣き声は聞こえませんでした。

防犯カメラとかあるかもしれないと思って、一応帽子を目深に被って、顔は映らないようにしていたので、思いっきり不審者です(汗)

しかし心配が消えるわけではなく、あまり意味がありませんでした。

吠えていたら心配だし、吠えていなくてもよほど具合が悪いんだと思って余計心配です。


翌朝電話したら、吠えてはいないけど何度も嘔吐していると言われました。

うちでは嘔吐はなかったので、薬のせいだろうと思いました。

点滴の薬や、膀胱炎と歯槽骨髄炎用の抗生物質が合わないのではないでしょうか。

ただでさえ具合が悪いのに、そこに吐き気が加わったなんて、余計に可哀想に思いました。



茶太郎が居ない時間はとにかく心配と不安で、何も手につかず、心労で具合が悪くなりそうでした。

元々、延命させるつもりはなく、苦痛の軽減だけを目的にしていたので、3日目の夜、先生に御願いして退院させました。

これから点滴は、通院でしてもらうことにしました。

朝、茶太郎を預けて、夜迎えに行って、夜はおうちで過ごさせることにしました。

点滴の針は血管留置したまま、テーピングで固定してうちに帰って来ました。
L03B0847.jpg


ところが、退院させてみると、茶太郎はとても具合が悪く、入院させる前よりも、更に悪化していました。

抗生物質のせいか下痢がひどくて下痢を垂れ流して、お世話が大変になってしまいました。

それに今まで以上に体をブルブルと痛みに震わせ、夜中にキャンキャンと悲痛な声で泣き叫んでいました。


こんなことは初めてだったので、とてもビックリしましたし、もうこの瞬間に虹の橋に行ってしまうのでは、と思ったほどでした。

なので、もうこれ以上、点滴を受けさせる事はやめようと思いました。

これからはうちで、最後の時を待つことにしようと決めました。

翌日、病院に行って事情を説明し、点滴の針を抜いてもらいました。

そしてTさんにヒーリングをしてもらったところ、痛みでブルブル震えることは治まりました。

でも全く食事を受け付けず、水も一日20ml飲めばいいほうです。

先週の時点で余命3日と言われていますから、あと数日生きられたら良いほうなのだと思います。

L03B0844.jpg

入院前とうってかわって、顔に死相が出てるほど容態が悪くなってしまった茶太郎。

入院とか点滴とか、させないほうが良かったのでしょうか。

ヒーリングだけ受けさせていたほうが良かったような気がします。


今まで頑張ってきた茶太郎ですから、もう無理に頑張らなくて良いと思います。

とにかく最後の瞬間まで苦痛を感じずに過ごせるように、それだけを切に願います。

残り僅かな時間、一瞬も目をはなさずに茶太郎のそばに居ようと思います。

[ 2013年06月10日 ]

茶太郎、ますます容態悪化中

茶太郎はとても具合が悪いです。

あのあと、日に日に症状が悪化して、食べないどころか、水さえも飲まなくなってしまい、そして激痛がおそっているようで、とても痛そうにしています。

特に夜間は、あまりにも痛みが強すぎて、どうしていいのかわからないほどです。

正直、どこが痛いのかわからないんです。

考えたくはないですが癌のような、そんな痛がり方をしています。

痩せて食欲がなくなり、痛がっているという症状が癌によるものでしたら、もう末期です。

だとしたら、とても苦しむことになると思います。

耐えられないくらいの苦痛に苦しむはずです。

先ワンを癌で亡くしているので、正直、癌だけは勘弁してほしいです。

あんな壮絶な日々がまた襲ってくるのでしたら、とてもじゃないけど耐えられないです。

できれば違う原因で、今の症状なんだと、そう思いたいです。

L03B0818.jpg


ここのところ、生活が激変してしまいました。

今まで眠る時は抱っこして寝ないと眠れなかった茶太郎が、抱っこをねだらずに、ひとりで眠っています。

そして分離不安のせいで、家中どこでもついて歩いていたのに、今は仮ママを追うどころか、目で追うことすらもできません。
L03B0813.jpg
眼は瞼が開いていても、半分位は瞬膜があがっていて瞳が隠れてしまっており、目力がありません。


あんなに大好きだった閉鎖空間にも入りたがらずに体を丸めて、ブルブルと震えながら痛みに耐えています。
L03B0825.jpg


薬は使いたくないので、ヒーリングを2回受けました。

痛みは少し軽減されているようですが、完全な除去には至っておりません。

本当に薬は使いたくないんですけど、痛いのは可哀想なので鎮痛剤を与えようと思います。

そして少しでも苦痛がやわらぐように、H4O水素水を、また購入しようと思います。

万寿霊茸の粒タイプも購入しようと思うのですが、今の状態で摂取できるかどうかわかりません。
万寿霊茸粒のサンプルをネットで探しましたが、サンプルはないようですね。

購入しても無駄になってしまったらもったいないので、万寿霊茸がお手元に有る方、2袋~3袋分をお試し用に譲って頂きたいのですが、どなたかお譲り頂けますでしょうか?
単価分と送料をお支払いしますので、何卒宜しく御願い致しますm(_ _)m


茶太郎は今こうしている瞬間も苦しんでいます。

ゆっくりと撫でてあげると痛みがやわらぐのか、痛みで力が入っている体が少しゆるむ感じがするので、仮ママは一日中チャタに付き添って、撫でてあげるようにしています。

いったい、こんな状態がいつまで続くのでしょうか。。。


[ 2013年06月05日 ]
プロフィール

茶太郎の仮ママ

Author:茶太郎の仮ママ



tyatarou



ご訪問下さって有難うございますm(_ _)m

茶太郎という保護犬の預かり日記です。

茶太郎は2013年6月に虹の橋に旅立ちました。

茶太郎は居なくなりましたが、引き続き動物の命の大切さを伝えていきたいと思っています。


御問合せはFacebookにお願いします。



tyatarou


※このブログはリンクフリーですが、記事や画像の転載をした際は御一報下さい

バナーやリンク・転載に関する詳細は【コチラ】を御覧下さい☆

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


検索フォーム








命を考えよう
今読まなくてはいけない本


別窓で開くWEB絵本です。無料で読めます↓






犬に関するリンク集














ペットのおうち



ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対



いつでも里親募集中



どうぶつ基金バナー200x40 (2)











ドッグフードの選び方ならドッグフード研究所



東北地震犬猫レスキュー.com



難病でもあきらめないで下さい。
遠くても行く価値がある病院です↓



下館で茶太郎が御世話になった福井先生が独立開業しました↓









ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2


人間用医薬品の個人輸入↓
バイアグラ、カマグラ通販ED薬の個人輸入ベストくすり