茶太郎 ちゃたろう チャタロウ

~茶太郎からの手紙~ 捨てられたミニダックスの茶太郎は新しい家族を探しています

茶太郎に効いた「犬の白内障を治す方法」

茶太郎は少し前に、白内障がかなり悪化してしまって、目があまり見えなくなってしまいました。

茶太郎
↑うちに来たばかりの頃の目。 この頃からすでに白濁していました。

しかし先月くらいから瞳孔の白濁が更に悪化してしまいました。

そしてその白濁した瞳孔は収縮しなくなって、瞳全体に白濁した瞳孔が広がってしまいました。

悪化する前、明るいところでの瞳孔の大きさは2mm程度でしたが、7mm程に開いたままで固定されてしまい、どんなに光を当てても瞳孔が小さくなることはありませんでした。

チャタの目は瞳全体がグレーの目になってしまいました↓

茶太郎

強い光をあててもこんな状態です。

保護時から患っていた白内障は4年目にして、とうとう茶太郎から視力を奪おうとしているようでした。

犬の白内障の改善は4つの方法が知られています。

① 外科手術
 片目5万円~の費用がかかります。

② ルテインかビタミンCの摂取
 完全に失明していなければ、視力の回復に役立つそうです。

③ カリーユニの点眼
 日本国内では白内障にもっとも多く処方される人畜共通の薬です。
 残念ながら白内障を治す薬ではありませんし、進行を止めることもできません。
 しかし、進行の速度を遅くすることはできるので失明するまでの時間をかせぐことができます。

④ クララスティル(カルノシン)の点眼
 欧米では10年以上前からもっとも多く使われている薬で、商品名はクララスティル(人畜共通)やカルノシンが有名。 
 進行を完全に止める事ができ、失明していなければ治すことが出来ます。
 白濁を消して本来の黒い瞳孔を蘇らせることができます。日本では個人輸入でしか手に入りません。
 難点は加齢性の白内障のみにしか効かないことです。
→ ドギー で買えます。

ちなみに白内障には2種類あります。

一つ目は加齢性または老齢性と言われるもので、加齢が原因で発症します。
二つ目は内分泌系疾患による病原性のもので、糖尿病やクッシングなどのホルモン異常によって発症します。

昨年の夏頃、茶太郎にクララスティル点眼薬を点眼していましたが、あまり効果がありませんでした。

純粋な老齢性白内障であれば、かなりの確立で茶太郎の目は良くなっていたはずなので、茶太郎の白内障は純粋な老齢性だけではなく、クッシングも原因しているようでした。

クララスティルは純粋な老齢性にしか効果がありません。

そのようなわけで、点眼薬は中止してしまいました。

クッシングでない、加齢性の白内障には効果があると思いますので、クッシングでない子は是非お試し下さい。

茶太郎には“ビタミン爆弾”の異名をもつローズヒップを毎日食べさせていましたので、今まで何とか失明は免れていたようですが、永遠に白内障が悪化しないわけではないようで、ビタミンCを摂取していても徐々に悪化してしまったようです。

大好物のササミジャーキーさえ見えなくなってしまい、目の前に置いてあげても鼻をクンクンさせてあたりを探すようになってしまったのです。

でも色の濃い物と動く物は、近距離でしたらうっすらと見えているようでした。

そして、以前にご報告したとおり、時同じくして半身不随にもなってしまいました。

このまま茶太郎は歩けなくなった上に失明してしまうんだと思い、仮ママは不安と恐怖で気持ちが沈んでしまいました。

・・・が、しかし!!!

ちょっとした仮ママの思い付きで、茶太郎の白内障はみるみる良くなったのです!!
茶太郎

次回へつづく・・・
スポンサーサイト
[ 2012年01月27日 ]

茶太郎は半身不随から走れるようになりました

少し前に半身不随になって全く歩けなくなってしまった茶太郎ですが、その後、順調に回復してきています。

tyataro
おすわりだって、いままで通りに出来るようになりました。

tyataro

少し足元がおぼつかないこともありますが、今では走ることもできます!

二度とチャタの走る姿を見る事はできないと思っていましたが、3日くらい前に仮ママに走り寄って来る茶太郎を目にすることが出来ました。

ご支援してくださった方のおかげです。

本当に有難うございましたm(_ _)m

今、茶太郎は日常生活には何の不自由もありません。

トイレにだってスタスタと一人で行って、上手に済ませて戻ってきます。

元気もあります。

一時的な回復なのかもしれませんが、それでも仮ママにとっては嬉しい事です♪

このままの状態を少しでも長く維持してくれることを願うのみです。

今この時を逃さず、どうか茶太郎を家族として迎えてあげてください。

茶太郎への御問合せ、御申込はコチラに御願いしますm(_ _)m

見て下さい、お顔の表情も、具合が悪い時と違って凛々しく(?)見えますよね~↓

tyataro

全身を毛皮に覆われていても寒いらしく、布団にくるまっていることが多いチャタ。

毛があっても寒いのに。。。それなのに!!!

毛皮反対
毛皮反対
毛皮反対
毛皮反対
毛皮反対
(※画像はアニマルライツセンターから)


沢山の動物たちが生きたまま毛を剥されている日常。

犬猫だけではありませんが、犬猫の毛皮産業の実態をどのくらい御存知でしょうか。

普通のワンコが当たり前のように生きたままで毛皮を剥されています。
毛皮反対

シェパードの毛は脱色や染色をしてシルバーフォックスと表記され売られています。
毛皮反対
毛皮反対


毛皮反対

毛皮反対

毛皮反対
毛皮反対
毛皮反対
毛皮反対

アジアだけで1分につき4頭の犬猫が毛皮を剥がされているのだそうです。

犬猫の毛皮が他の動物(ミンクやフォックスなど)の毛皮だと表示されて売られているといいます。

動物たちは地面にたたきつけられたり踏みつけられた後、生きたまま皮を剥がされます。

皮を剥がされている間、多くの場合動物たちは意識があり、もがき苦しみます。

犬や猫だって例外ではなく、その対象になっています。

目を覆いたくなるような映像です。けれどもこの虐待行為は、私たち消費者が毛皮を購入することによって起こっているのです。

1枚のコートを作る場合、猫なら24匹,犬は12匹が必要だとか。

子猫もしくは子犬の場合はより多くが必要とのこと。


生きたまま毛皮を剥ぐというのには理由があります。


・殺すための薬代が浮く

・動物の体温が暖かいままのほうが皮を剥がしやすい

・死んでから剥ぐものよりも 毛艶が良い


・・・なのだそうです。

「動物を生きたまま 毛皮を剥ぐ」 という行為をどう思いますか。

賛成!と思わないのであれば、毛や皮の製品を買わない事を選択して頂けませんでしょうか。

帽子やコートの縁についていたり、マフラーやコート、セーターにアンゴラ・ウール混となっていたり、バッグや靴や財布が本皮だったり・・・・そういうものを買う前に動物達のことを思い出してあげてほしいのです。

アンゴラやウールは邪魔な毛を刈ってもらっているだけ、なんて誤解はあらためて下さい。

今の時期は保温性や暖かさを売り文句に、アンゴラ混の靴下やインナーがとても安価に大量に売られています。

キーホルダーや携帯ストラップにまで動物の毛や皮が使われています。

生きた動物達を苦しませても、そんなにまでしても必要な物なのでしょうか。

今まで無意識に買っていたのだとしたら、これからは意識して頂けたら嬉しいです。

毎度のことですが、仮ママも今までは無意識に手にしていました。

金銭的な事情で動物性のファッションは購入していませんが、過去にはいくつか贈り物として頂きました。

10年前に仮ママに教えてくれる人がいたら良かったのですが、誰も教えてくれませんでした。

仮ママと同じように、知らないせいで加害者になっている人も沢山いると思います。

なので、毛や皮のことを知らないお友達に教えてあげてください。

アクリルという軽くて暖かい製品があるということを。

あなたが動物製品を買わなければ殺されないんだということを。

他にも、たった一人の人間でも出来ることは沢山あります。

自分に何ができるのか、このサイトを御覧ください↓

[あなたにできること]というところをクリックしてみて下さい。
できることは沢山あるということに驚きますよ~。


以下、Ainaさんのブログ【ベジタリアンってね いいよ!】からの転載です。
(※Ainaさんは1988年生まれで、とってもお若いですが、しっかりした大人な女性です♪)

+~*+~*+~*+*~+*~+*~+*~+*~+*~+*~+*~+*~+*~+*~+*~+*~+*~+*~+

私は、毛皮不買・菜食主義 を 強制したり毛皮を着ている方や肉食をしている方を批判するつもりはございません。

たくさんの方がきっと、真実を知らずに買っているんだと思います。


私は、その方たちに 真実を知ってもらいたい


残酷な現実から目を背けないでほしい


感じた気持ちをどうか忘れないでほしい


そして  少しだけ 人間と動物との関係について考える時間を作ってもらいたい


すべてのひとの、倫理に呼びかけます


一度でいいから 想像してみてください


産まれてからずっと


狭い檻の中


自由に歩くことも許されず


逃げることも出来ない



ある日


外に出られたと思うと



こん棒で何度も 頭を殴られ


尻尾を持たれ 地面に叩きつけられる



激痛で 失神から目が覚めると



宙吊りにされて


両手首 両足首をナイフで切り落とされる


抵抗しようと  もがいても



誰も助けてくれない



そして足首から鼻の先まで


何度もナイフで切られながら



力ずくで皮を引っ張られ  すべて剥がされる



動物たちの苦しみを



毛皮を剥がされてからも10分以上 瞬きや息をする動物たち

毛皮反対

毛皮反対


もし この動物たちに産まれてきていたら

もし 可愛い家族がこんな目に遭うとしたら


そんな風に、一度でいいから 考えてみてほしい



この想いだけでいつも記事を書いています

どうかたくさんの方の心に届きますように・・・・



[ 2012年01月20日 ]

1月11日ワンワンワン アドレスタンの価格

今日は1月11日で1並びの日でした。

ワンワンワン!で犬の日か~?と思ったら犬の日は11月01日なんですね。

11月なのはわかったけど、なんで11月11日じゃなくて、11月01日なんでしょうか・・・。

ま、いいんですけどね(笑)


犬の日ではないにしろ、本日は茶太郎のようなクッシングの持病を持つ子にとっては記念すべき日だと思います。

昨年の今日、2011年1月11日に日本初のクッシング治療薬「アドレスタン」が発売されたので。

それまでクッシングの犬は人間用の高価なデソパンか海外からの個人輸入か、選択肢がこの二つしかなかったのです。


ちなみに今まで個人輸入していたヨーロッパで古くから使われているトリロスタン↓
Veto.jpg


昨年、日本で初めて発売されたアドレスタン↓

tyatarou

パッケージ、真似し過ぎだと思うんですけど。

共立製薬は中身を輸入しているのでしょうか。

輸入品がなくなってしまったので動物病院にアドレスタンを買いにいきました。

tyatarou

別にどこも悪くないので、足がフラフラだと報告して診察らしい診察はせずにお薬を処方してもらっただけです。

いったい価格はいくらなのかと思って仮ママはビクビクしていたのですが・・・。

安かったです。


保護犬価格は多分限りなく仕入れ値に近いと思います。というか仕入れ値でしょうね。


先生、御安くしてくださって本当に有難うございますm(_ _)m


個人輸入の時は60mg1粒あたり300円弱でしたが、アドレスタンも同じくらいです。


茶太郎は今1日15mgの投与量なので1粒で4日分になります。


アドレスタン1ヶ月分で約1,740円です。


もし茶太郎の未来のいぬ親様のかかりつけの病院が高かったら、個人輸入のお手続きを仮ママが代行しますので、それほど高額な負担にはならないと思います。御安心くださいませ。


自分でアドレスタン(トリロスタン)を通販というか個人輸入の販売で購入する方はこちら → アドレスタン(トリロスタン)輸入


帰宅後、茶太郎は疲れて寝てしまったので、仮ママは読書をすることにしました↓

tyatarou

富里図書館に仮ママがリクエストして購入して頂いた本たちです。

仮ママは富里図書館に、世の中を良くする為の本を10冊位ずつ毎月リクエストしています。

現在も9冊、購入をおねがいしています。

本を借りる時、図書館は10冊までの本を送料350円で自宅まで郵送してくれて最大1ヶ月間も借りられます。

しかも連絡した翌日に届きます。便利な世の中になったものです。

図書館の人達、ありがとうございます。

ちなみに返す時も郵送できますけど、仮ママはお金がもったいないので茶太郎を連れて館外の返却ポストに返しに行きます。

動物の本たちは、今まで何度も借りては返して、をくりかえしています。

なぜなら、誰も借りてくれないから(泣泣泣)

同じくリクエストして購入してもらった日月神示関連は、貸し出し済みになっていることが何度もあるのに。。。

動物の本は人気がありません。

でも、仮ママ的には何度も読みたくなる良い本なんです。

読むたびに発見があり、動物達に対する気持ちを強く、高めることができるからです。

日月神示の本も動物の本もどちらも肉食やめましょうという内容なので、日月神示を借りていただくだけで充分に嬉しいです(^^)

日月神示の解説本を読んだら、きっとほとんどの人が肉食をやめると思うので。

仮ママも中矢伸一先生が書く日月神示の解説本を読んだことで肉食をやめたので、きっと中矢先生の日月神示本を読んで肉食をやめる人は増えると思うのです。

仮ママが昨年から始めた、図書館に神示を広めるという行為が一人でも多くの人の改心のキッカケになってくれればこんなに嬉しいことはありません。

今年も沢山の人が日月神示と出会い、肉食をやめることによって停止中の宇宙浄化プログラムの始動が早まることを祈ります。
[ 2012年01月11日 ]

放牧卵をご支援いただきました☆

放牧卵をご支援いただきました!! 何度も送っていただいて有難うございますm(_ _)m いつも頂いてばかりですみません(><)

tyatarou
茶太郎に邪魔されないようにテーブルの上で開封および撮影したのですが、茶太郎は気づいたようです。

テーブルの上に熱い視線を送るチャタ↓
tyatarou

嬉しくて嬉しくて興奮してしまいました。
tyatarou
茶太郎; 「ありがとうございましゅ~。オイラ、卵を食べると病気が良くなるそうでしゅ。とても嬉しいでしゅ~! いちゅも応援してくれてありがとうございましゅ~m(_ _)m」

放牧卵という言葉、恥ずかしながら、茶太郎に頂戴するまで知りませんでした(><)

採卵鶏たちがどのような生活をしているのかなんて考えもせずに、その恩恵を受けるだけ受けていました。

これから書くことが、もし以前の仮ママのように、知らずに卵製品を買っている方のお役に立てれば嬉しいです。

放牧卵以外の全ての鶏たちは例外なくウィンドレス鶏舎という場所で生まれ、死ぬまで鶏舎を出ることは許されません。

ウィンドレスの文字通り「窓のない」施設で、一日中、日光が入らない暗い全密閉式鶏舎です。

tyatarou
(※撮影の為に照明をあてています。)

鶏舎では、羽も広げられない小さなケージ(バタリーケージ)6段~8段の段重ねがどこまでも続いています。

バリターケージは間口50cm×奥行45cmの1画に6羽~9羽を収容した8段重ねのケージ方式で、収容密度が3・3平方メートル(畳2枚分)あたり約200羽~300羽という飼育形式が比較的多くみられます。

清掃などは行き届かず、鶏たちはむせ返るような糞の悪臭とホコリにさらされて生活します。
tyatarou

餌や水は常に自由に飲めるようになっておりますが、ケージの外側にある給餌機(コンベア状)に向って金網越しに餌をついばむため、金網で首周りの羽が抜け落ち化膿している鶏が多くいます。

ケージの針金にこすれたりストレスのせいで殆どの鶏たちは脱羽して、皮膚はヒリヒリとした痛みが慢性化しています。
tyatarou

鶏に生き生きとした表情はなく、人間に怯えているようで、人間が鶏舎に入ると多くの鶏がケージの奥へ尻込むようにします。

ケージ内には、もちろん止まり木はなく、おがくずが敷かれたやわらかい床もありません。

高さは頭上ぎりぎりで、床は清掃の効率化のため細い針金状のものです。

また、鶏の寿命は鶏らしく生きれば平均寿命は20年だそうですが、ケージ鶏舎の鶏達は1年から1年半で死にます。

理由はストレスによる心臓麻痺(=人間の過労死に似ています)、と、

疲労骨折による餓死などが多いです。

狭いケージの中では脚を休めることも出来ずに鶏たちは立ち続けなくてはなりません。

結果、脚が疲労骨折をしてしまうのです。

脚が折れたら動けませんから、餌や水を摂取できずに、骨折した場所で脚の激痛に耐えながら餓死するしかないのです。

ケージ鶏舎の鶏たちは、そのような理由で1年ちょっとで死亡します。

2年以上生きることはありません。

このような場所で昼夜を問わず廃鶏となるまで卵を産み続けている鶏たちは、まさに卵を産む機械同然の生活をしており、喜びや安らぎを感じることができるとは思えません。

鶏の習性など全く無視されたシステムの中で飼われていると言わざるを得ません。

卵のすべては、このようなケージの中で飼われている鶏によって産みだされているという事実を知らなければなりません。

このような環境で生まれた卵でもスーパーでは「健康卵」や「自然卵」というパッケージで売られています。

スーパーで販売されている卵で、「放し飼い」と明記されているもの以外は、こういったケージシステムで飼育されています。

ビタミン強化卵など、様々な付加価値を付けた卵もありますが、これは鶏に食べさせる飼料にビタミンを添加したという違いだけで、飼育システムに変わりはありません。

このような暗闇のむごい環境で怯えながら暮らす鶏たちは常に強いストレスを抱えており、その親鶏から生まれた卵は、ひどいストレスの塊となっています。

皆様が食べているのは暗闇と恐怖とストレスをつめこんだ卵なのです。

スイスでは10年以上前からケージ飼いが禁止されており、EUでも2012年までにこのケージ飼いを禁止する法律が成立しています。

日本には、現在、そのような法律がありません。

そして鶏舎ではまた毎日ひよこの殺害が行われています。

tyatarou

↑これはオスのヒヨコです。

親鶏たちは先ほども書いたようにわずかしか生きられないので、次から次へと新しい子供を生産(!!!)するのです。

しかし産まれたヒヨコの半分はオスです。

卵を産まないオスは業者にとっては邪魔なので、オスのヒヨコは一箇所に集めて潰されて圧死します。

ヒヨコの殺害はウインドレス鶏舎だけでなく、たとえ放し飼いであっても行われています。

保健所(愛護センター)で殺される子猫や仔犬と、このヒヨコに何の違いがあるというのでしょうか。

子猫や仔犬をかわいそうだと思う心のある人は、どうぞヒヨコたちのことも考えてあげてください。

tyatarou

茶太郎 ; 「オイラ、怒りという感情は悪い感情だから持ってはいけないことを知っています。

でも鶏さんたちのことを思うと怒りを感じてしまいそうになるんでしゅ・・・。

そんな悪い気持ちを持ちそうになるオイラは悪い子なんでしょうか・・・。

鶏さんやヒヨコさんの事を知っても何も感じないで卵やプリンやケーキを買う人間のほうが立派なのでしょうか・・・。

仮ママしゃん、オイラは放牧卵しか食べましぇんし、仮ママしゃんは全ての卵と卵製品を食べないでくだしゃい。 御願いしましゅ・・・。」


仮ママ; 「大丈夫ですよ、チャタの気持ちは仮ママがちゃんとわかってますから。

チャタは神様から卵を食べることを許されているけど、ケージ飼育の卵は可哀想だしチャタの体に悪影響を及ぼすから、放牧卵だけを食べようね。

仮ママは神様から穀物と野菜しか食べることを許されていないから卵も卵製品もたべません。安心していいよ。

放牧卵をご支援してくださって、放牧卵の存在を教えてくれた姫ちゃん&颯也君ママ様への感謝を忘れずに生きていこうね。」
[ 2012年01月05日 ]

2012年 新年のごあいさつ

tyatarou
※今年も当ブログとアニマルライツセンターを宜しく御願い致します(^^)

昨年は茶太郎を応援して頂きまして誠にありがとうございました。

昨年は3.11という出来事があり、たくさんの動物達が被害をうけ、つらい思いをしてしまった年でしたね。

仮ママも昨年は息子を亡くし、絶望と苦難の年でした。

年が明けても心の痛みは何も変わらず、毎日毎日溢れる涙とともに時は過ぎていきます。

それでも元日というのは何となく楽しい気分がするものですね。

2012年、いよいよミロクの世の岩戸開きの幕開けとなるのでしょうか。

666(ミロク)の世になれば、もう動物達が苦しむこともなくなります。

666の世には肉食がなくなり、殺処分がなくなり、動物虐待もなくなり、動物実験もなくなります。

2012年になってもまだ肉食をしている人は、宇宙の法則にのっとり自分自身が命を奪われてゆき、ミロクの世が実現する頃には地球上から肉食をする人はいなくなる(肉食人種の絶滅)のでしょう。

動物の命を大切にし、動物の気持ちを自分の気持ちと同じように感じることが出来る人達だけの世の中になれば、殺処分、虐待、実験などは必然的になくなります。

肉食をしている人がいる限り、どんなにボランティアが増えようと殺処分はなくなりません。

捨て犬やセンターへの持込もなくなりません。

茶太郎の元飼い主も肉食をしていたのでしょうか。

捨てられる茶太郎の気持ちや、その後の茶太郎の生死について想像する事が出来ない人だったのでしょうか。

仮ママも人より並外れて超肉食生活をしてきた人ですが、昨年で心を入れ替えて改心しました。

神に逆らっているとは知らずに今まで肉を食べていた自分を思うと、その愚かさに呆然としてしまいます。

仮ママが改心した今、茶太郎は今年こそは養子にいけるでしょうか。

茶太郎は体が細長くて手足が短くて、龍に似ています。
C_0204.jpg

今年こそ茶太郎の年となるでしょうか!?

昨年の茶太郎は会陰ヘルニア再々発、心拍数低下、クッシング亢進症、甲状腺機能低下症、下半身脆弱と、沢山の病気を発症しました。

一時期は生命の危機をも感じました。

しかし、茶太郎は強かった!

少しずつ症状を安定させていき、今は不自由なく、普通に生活しています。

応援して下さった皆様と、ご支援を送って下さった方の御蔭です。

本当にありがとうございましたm(_ _)m

皆様のお気持ちにお応えできるよう、仮ママも茶太郎に関してのささやかな願いが二つあります。

今年こそ茶太郎を受け入れて下さるご家族との縁組。

そして、もうこれ以上、病気が悪化しないよう、どうか今の健康だけは失わず維持できますよう。

この二つが叶う年であれば嬉しいです。

茶太郎にとって良い一年になりますよう、今年も茶太郎を応援して頂ければ嬉しいです。

tyatarou

茶太郎; 「昨年はお世話になりましてありがとうございました。 今年もどうぞよろしくおねがいしましゅ!」

[ 2012年01月01日 ]
プロフィール

茶太郎の仮ママ

Author:茶太郎の仮ママ



tyatarou



ご訪問下さって有難うございますm(_ _)m

茶太郎という保護犬の預かり日記です。

茶太郎は2013年6月に虹の橋に旅立ちました。

茶太郎は居なくなりましたが、引き続き動物の命の大切さを伝えていきたいと思っています。


御問合せはFacebookにお願いします。



tyatarou


※このブログはリンクフリーですが、記事や画像の転載をした際は御一報下さい

バナーやリンク・転載に関する詳細は【コチラ】を御覧下さい☆

カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


検索フォーム








命を考えよう
今読まなくてはいけない本


別窓で開くWEB絵本です。無料で読めます↓






犬に関するリンク集














ペットのおうち



ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対



いつでも里親募集中



どうぶつ基金バナー200x40 (2)











ドッグフードの選び方ならドッグフード研究所



東北地震犬猫レスキュー.com



難病でもあきらめないで下さい。
遠くても行く価値がある病院です↓



下館で茶太郎が御世話になった福井先生が独立開業しました↓









ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2


人間用医薬品の個人輸入↓
バイアグラ、カマグラ通販ED薬の個人輸入ベストくすり