茶太郎 ちゃたろう チャタロウ

~茶太郎からの手紙~ 捨てられたミニダックスの茶太郎は新しい家族を探しています

2011年12月24日のチャンタクロース

茶太郎; 「1年ぶりにオイラがこのお洋服を着たということは、もしかして本日は・・・」茶太郎

仮ママ; 「そうです。チャンタクロースの日ですよ」

茶太郎
茶太郎; 「もしかして!!!」

そうなんです。プレゼントを配るはずのチャンタクロースさんですが、大変ありがたい事に今年も受け取る側になってしまっております。

茶太郎
同じ預かりボラをなさっているママさんから立体3Dのクリスマスカードが届きました!
仮ママと同じく、今年子供さんを亡くされたのに、新ワンを引取られ、更に預かりっ子も次から次へと迎え入れていらっしゃいます。
人間としてのデキが仮ママとは違う偉人ママさんです(^^)
カードには茶太郎を思ってくださるお気持ちと仮ママにまでお優しいお言葉が!!お世辞でも嬉しいです・・・と言いつつ本気にしちゃってます(笑)
とても嬉しかったです。どうもありがとうございますm(_ _)m

☆;:***:;☆;:***:;☆;:***:;☆;:***:;☆;:***:;☆;:***:;☆;:***:;☆;:***:;☆;:***:;☆;:***:;☆

そして更に、24日の日時指定の宅配が↓ クリスマスののし付きですよ☆
茶太郎

具合の悪い茶太郎をとても心配して下さって、なんとウコッケイの卵を10個も!!!1個だって相当お高いはずなのに。。。

茶太郎
漢方薬としても人気が高いウコッケイの卵。

内分泌系疾患には卵が特効薬といわれていて、獣医さんの書いている本を読むと、クッシングには卵黄の摂取が必須なんだそうです。

そうでなくてもウコッケイの卵は滋養に良いので、チャタもきっとこの高級な卵で元気を取り戻すことと思います。

早速、食事に掛けて与えたところ、チャタは真っ先に卵の部分から食べはじめました。

本能的に体に良いことがわかったのか、美味しそうな香りにつられてしまったのか定かではありませんが、そうとう気に入ったようで見た目にも解るほど大喜びしていました。

E様、いつも高級なウコッケイの卵を送って下さって本当に有難うございますm(_ _)m

☆;:***:;☆;:***:;☆;:***:;☆;:***:;☆;:***:;☆;:***:;☆;:***:;☆;:***:;☆;:***:;☆;:***:;☆

そして、クリスマス気分を盛り上げて下さったこんなに可愛いらしい贈り物を頂きました!
茶太郎
ブランド物の高級なひざ掛け毛布を茶太郎に送って下さいました。
ブランド物の毛布なんて、チャタには生まれて初めての経験だと思います!

毛布のみならず、可愛らしい靴下の中にはオヤツが沢山つまっていました!

茶太郎
並べている最中なのに早速ジャマをしに来るチャタ。
かなりシツコイです。
茶太郎

なんとかチャタを押しのけてやっと撮影できました。

焼きカツオのオヤツとササミジャーキーも!

茶太郎

このササミジャーキーは以前も頂いたのですが、すごい代物なのです!

大きくて厚味があって、メーカーの人達が一枚一枚手作りで作っている超高級ジャーキーなのです(*^^*)

本当にチャタには勿体無い逸品です。

さらに高額な「お見舞い」まで頂いてしまいました。

毎回、桁が一桁多過ぎる!!と思って仮ママは恐縮しきりなのですが、茶太郎の為には大変ありがたく・・・。

本当に大切に使わせて頂いております。

いつも高額なご支援を頂きまして本当にどうも有難うございますm(_ _)m

茶太郎
茶太郎; 「 オイラのサンタしゃんになってくれて有難うございましゅ。おかげでオイラは楽しいクリスマスを過ごすことができました。幸せでした。嬉しかってでしゅ~。本当にどうもありがとうございましたm(_ _)m」
スポンサーサイト
[ 2011年12月27日 ]

弱ってしまった茶太郎

茶太郎はあまり良くなっていません。

茶太郎

ヒーリングをおねがいしました。

脊椎に異常があると言われました。

ヒーラーTさんには茶太郎の脊椎が真っ黒に “見える” とか・・・。

脊椎ってとても大切な場所なんですよね。脊椎が万病の源なのです。

自律神経を初めとして、脊椎には体中の殆どの神経が集まっているので脊椎を悪くすると、いろんな部分に異常が出てしまいます。

他には、例えばエネルギーの通路としての役割。

古くなった廃棄エネルギーは体中から背骨に集まってきて、そのまま首を通って頭にいき、頭頂部から外に排出されるのですが、茶太郎はこの廃棄エネルギーの排出がうまくいかず、古くて汚れたエネルギーがそのまま背中に溜まってしまっているのだそうです。

そういえば、エネルギーの排気口である頭頂部のツムジを強く圧迫すると死んでしまうと、子供の頃に仮ママは聞いたことがあります(長時間圧迫の場合)。

汚れた古いエネルギーは速やかに体外に排出しなくてはいけないようです。

ちなみにフレッシュな新エネルギーは首の後から摂取するということを、大昔に何かの本で読みました。

もっとも効率的なフレッシュエネルギー摂取方法は首の後ろの部分を太陽に当てることだそうです。

この首のエネルギー吸収口の部分はアイスピックや針など細いもので刺されただけて即死するそうです。

エネルギーは吸収も排出もどちらも滞りなく行われないと万病の元になってしまうようです。

ほとんど全ての病気が、このエネルギーの循環に異常をきたしている場合に発症するようです。

エネルギー循環が滞ると体内で活性酸素が大量発生して病気や癌になってしまうのです。

活性酸素を除去することが出来れば病気も防げるしアンチエイジングにもなります。

水素水が良いようですが、あまりお手軽ではないので、もっと他のものがないか模索しています。

とりあえず、茶太郎は古いエネルギーを排出させてもらい、黒かった脊椎の汚れを取ってもらいました。

翌朝、仮ママが朝起きたら↓いつも通りにトイレシートにしてありました。

茶太郎

仮ママは明け方まで茶太郎のお世話をしていて、寝ていた時間は3時間程度なのですが、その間にチャタは起き上がって、ひとりでトイレまで行ったようなのです。

少し歩けるようになったようです。

立ち上がるのが難しくて、少し時間が掛かるのですが、それでも何度か立ち上がろうとすれば立ち上げることができるようになりました。

少し歩くことも出来るのですが、歩くには条件があります。

条件その1、床が固いこと。

掛け布団などのやわらかい場所の上では立てませんし歩けません。やわらかいと足をとられてしまうようです。

条件その2、段差がないこと

敷居などのほんの少しの段差でもつまづいてしまいます。
脚を持ち上げられないので、段差に足がひっかかってしまうようです。

それでも全く歩けなかった時よりは進歩だと思います。

このまま、もう少し良くなってくれるでしょうか。。。

今のところは生命の危険はないように思えるので、安心しました。

茶太郎

茶太郎は寒がりなので、最近は布団でぬくぬくしているのが一番好きなようです。
[ 2011年12月23日 ]

茶太郎、体調不良で動けなくなりました

先週の環境省へのパブリッックコメント、お疲れ様でしたm(_ _)m

日常のお忙しい中で、不幸な動物達の為にお時間をさいて下さった皆様に、仮ママからも御礼を申し上げます。

本当にありがとうございましたm(_ _)m

仮ママは日ごろから考えている動物達の権利についてたくさん書いて送りました。

10人近い人達から 「どうぶつ基金」 さんのフォームを利用した意見提出を頼まれたので、それも行いました。

仮ママが忙しくしている間に、茶太郎はどんどん具合が悪くなってしまいました。

一時はこのまま虹の橋に行ってしまうのではないかと思い、仮ママは丸2日間、不眠不休で看病をしました。

深夜にいよいよ事態が緊迫してしまったので、いつも御世話になっているTさんに深夜ヒーリングを御願いしました。

幸いな事に、その晩は何とかもちこたえ、緊急事態は免れたように思われます。

しかし、快復したわけではなく、足腰が悪くなってしまい立ち上がることが困難になりました。

自力で立ち上がろうとしても脚に力が入らずに立てません。

歩く事も出来ません。

トイレに行けないので、掛け布団の上でオシッコをしてしまいました。
茶太郎

神経質でトイレの失敗なんて有り得なかった茶太郎にとって、屈辱的だったようで本人もショックを受けていました。

普通はオムツをするのかもしれませんが、茶太郎はとても神経質なので、オムツを嫌がって口で噛み切ってしまいます。

オムツをする時はエリザベスカラーをつけなくてはならないので、よほどのことがない限り、オムツは使いません。

エリザベスカラーを四六時中、一生つけさせるのは可哀想です。

仮ママが時間をはかって、トイレまで抱っこして連れていくのが一番良いと思います。

歩けないだけで、腕は正常に動きます。お座りの姿勢はとれます。

それに下半身が麻痺しているわけではなく、ただ力が入らないだけのようです。

感覚はちゃんとあるので、肉球をコチョコチョすると蹴るような仕草をします。

しかし、その蹴り方はとても弱々しくて、その姿が痛々しく見えます。

とても具合が悪そうで今年はチャンタクロースに会えないかもしれないと思いました。

茶太郎
どうしてこんなことになってしまったのでしょうか。

茶太郎はまだまだ元気で過ごせる年齢のはずなのに、もう老化現象がはじまっているのでしょうか。

このまま二度と歩けなくなるのでしょうか。

この前、お祭りに行った時のチャタのはりきった姿が忘れられません。

あの時はあんなに楽しそうに元気にしていたのに。。。

茶太郎

仮ママが動くと、力なく仮ママを眼で追うチャタ。

いつもなら30cmと離れずに後をついて歩くのに、それも出来なくなってしまいました。



チャタ、仮ママがチャタを元気にしてあげるよ。

心配いらないよ。

今までだって、乗り越えてきたんだから、きっと大丈夫。

またチャンタクロースに変身して可愛い写真をたくさん撮ろうね。

・・・約束だよ、チャタ。
[ 2011年12月15日 ]

緊急です。今日は五年に一度の日です。

昨日の続きです。

自分達の苦しみを言葉で伝える事ができない動物達に代わって、環境省に動物愛護管理のあり方に関する意見書を提出できるチャンスは本日12月7日で終了します。

今日を逃すと、次に動物達の声を伝えられるのは、5年後になってしまいます。

あなたの意見で、法律を変えることができるのです。

あなたの意見が法律を変えるのです。

あなたが「自分には関係ない」と思ったら何も変わりません。

動物達は何も悪い事をしていないのに、今日と同じように苦しみ抜く悪夢の日々が続くことになります。

15分間にわたる窒息によって、のたうちまわる殺され方をしたり、生きているまま焼却炉で焼かれる保健所の犬猫達は年間約30万頭います。

↓ 千葉県の処分施設に収監されていた子供達の写真です。
千葉県動物愛護センター
千葉県富里市動物愛護センターレポート
千葉県富里市動物愛護センターレポート
千葉県富里市動物愛護センターレポート

ブリーダーの手によって勝手にこの世に送り出され、ブリーダーやペットショップの人達が私利私欲にまみれた贅沢な生活をする為のお金儲けの道具にされ、挙句の果てに密閉された部屋に閉じ込められて炭酸ガスによる窒息死。

なぜ、どうして、そんなことが許されるのでしょうか。

どうしてもこの30万頭をゼロにできないというなら、せめて安らかな安楽死くらいはさせてやっても良いでしょう。

たった一言でも良いです。

「 保健所の犬や猫を殺す時は窒息死ではなく、注射による安楽死にするべき 」と意見するだけでも良いです。

FAXやE-メールによる意見提出は茶太郎が日ごろ御世話になっている仮ハハ様のブログ、【 wan☆diary夕焼け小焼け 】を御参照下さい。

今日が意見を言える最後のチャンスです。

今日を逃したら、5年間、今と同じ状態が続くかもしれません。

もう時間がありません。

前回も御紹介した「どうぶつ基金」さんが作成してくれたメールフォームを利用すればネットからも簡単に意見が送れます。

連絡先などを記入して、チェックボックスにチェックを入れて送信するだけです。

保健所の殺処分につても

●自治体の収容施設 
意見:殺処分方法については麻酔薬注射の過剰投与によるもの、麻酔薬注射または吸入麻酔剤投与後の筋弛緩剤注射、もしくは麻酔薬注射または吸入麻酔剤投与後Co2ガス室において行うよう全国統一の基準を設けるべきである。筋肉弛緩剤のみ、あるいはco2ガス室のみの使用による殺処分は禁止すべきである。

という意見欄があります。

ここにチェックをして送信すれば、炭素ガスによる長時間苦痛をともなう窒息死をやめさせられるかもしれないのです。

本当に簡単に意見を送れますから、今からでも間に合います。↓↓↓

2分でOK!動物の法律改正パブコメ携帯メールも可

どうぶつ基金さんのメールフォームに関しては雪凪様のブログの【 これから5年間苦しんで死んでいく動物達の運命を変えるために、2分で出来ること 】という記事も御覧下さい。

もう一度言います。

今日を逃したら、茶太郎たちは今後5年間、沈黙するしかないのです。

「たったこれだけでも、多くの犬猫・動物達が苦しみから解放される一歩となります。

黙っていては、今のままでいいと言っているのと同じことです。

どうか、少しでも命が大切と思うならば参加お願いします。

面倒くさい、無関心、誰かがやってくれるだろうはやめてください。

大切な命がかかっています。

殺される側になってどれだけ苦しいか考えてください。

かわいそうとだけ言ってスルーするのは、選挙に行かずに政治の文句を言うのと同じこと、とても愚かなことです。

犬猫好きとか可愛いとか普段言っているのであれば、パブコメ出して下さい。」


from Blue Bird's Nest  雪凪響様のブログ
[ 2011年12月07日 ]

【緊急!!】パブリックコメント例文 動物愛護管理のあり方について(案)

仮ママは「ちばわん」のPDFファイルを印刷して、手書きしたパブコメの意見書を郵送しようと思っていたのですが、「雪凪 響(ゆきなぎ きょう)」様のブログに、メールで国に意見を提出する方法が書いてあったので、転載させて頂きます。

メールのほうがとても簡単です。

そして雪凪様が例文を記載して下さっているので、その例文と全く同じ意見の人は、それをそのままブログからコピーしてメールに貼り付けて送っても良いと許可して下さっています。

雪凪様の例文を参考にすれば、とても迅速に意見を提出することが出来ます。

雪凪様のブログは文字が大きくて読みやすく、とてもとてもわかりやすく、提出方法を書いて下さっています。

雪凪様のブログ →  Blue Bird's Nest

◎意見提出先◎
環境省自然環境局総務課動物愛護管理室
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
メールアドレス:aigo-arikata@env.go.jp
FAX:03-3581-3576
※2011年12月7日必着

今回募集されている意見のうち、仮ママは「動物愛護管理のあり方について」を選びました。

仮ママは以下の全項目に関する意見をメールで提出します(12月4日現在、書いている最中です)。

1.虐待の防止
 (1) 行政による保護等
 (2) 取締りの強化及び罰則規定の見直し  
 (3) 闘犬等
2.多頭飼育の適正化
3.自治体等の収容施設
4.特定動物
5.実験動物の取扱い
6.産業動物の取扱い
7.罰則の強化
8.その他
 (1) 犬のマイクロチップの義務化
 (2) 犬猫の不妊去勢の義務化
 (3) 飼い主のいない猫の繁殖制限
 (4) 学校飼育動物および公園飼育動物の適正飼養
 (5) 災害対応
 (6) 実施体制への配慮

このような沢山の項目への意見を自分で一から書くとしたら、今からでは間に合いません。

そこで仮ママは雪凪様の提出した意見をコピーさせて頂き、自分の気持ちと茶太郎の気持ちをプラスして書くことにしました。

仮ママを物凄くたくさん助けて下さった雪凪様のご意見は以下になります。

Blue Bird's Nest


雪凪様、貴重な例文のコピーや転載を許可して頂き、本当にありがとうございます。

茶太郎や他の沢山の動物達も雪凪様に沢山感謝していると思います。

このブログを御覧下さっている方の中で、まだ未提出の方がいらっしゃいましたら、是非、茶太郎達の意見を国に届けることにご協力下さいm(_ _)m

2011年12月7日(水)必着です。

これを逃したら5年間もの長い間、茶太郎達は沈黙するしかないのです。

茶太郎

茶太郎: 「 お手数をおかけしましゅが、どうか宜しくお願いしましゅ」
[ 2011年12月04日 ]

茶太郎、下半身不調に

茶太郎は散歩中に脚がフラフラしはしめて、その場に座り込んでしまいました。

少し休憩したら歩けるようになったので全く歩けないわけではないのですが、脚があまり持ち上がらずに、足裏が地面にこすれるような音がします。

歩かせると悪化すると思い、抱っこをして帰宅しました。

元気がないわけでもなく、家の中をウロウロ歩いているので、強烈に痛みを感じているわけではないようですが、いったいどうしたのでしょうか。

脚をあげてオシッコをすることも出来なくなりました。

このまま歩けなくなってしまうのでしょうか・・・?

椎間板ヘルニアとは全然違います。

せっかく異常な食欲がおさまって、何事もなく過ごしていけると思っていたのに・・・・

週明けにヒーリングをしてもらおうと思います。

それと、ここ数ヶ月間、食べさせていなかったサメ軟骨を与えて骨や軟骨の強化をします。

茶太郎
↑ 髪留めをし忘れて食事の時に食器の中に髪の毛が入ってしまい、髪の毛を切ったチャタ。
具合が悪そうには見えないのですが、心配です。

仮ママはチャタの様子を細かく観察しながら、今必死になってパブリックコメントを書いています。

パブリックコメント2011年第2弾の締め切りが近付いてきました。

仮ママはPDFファイルを印刷して手書きしたものを郵送する事にしました。

ギリギリになってしまうでしょうが、12月7日必着を厳守します。

皆様も、自分で意見を伝えられない動物達の声を、是非行政に伝えて下さい。

この機会を逃すと、次に動物達の声を国に伝えることができるのは、なんと 5年後 !! です。

毎年やってよねーーー o(≧◇≦)o

文章を書かなくても、各項目に「賛成」なのか「反対」なのかチェックをするだけでも意思表示できます。

FAXでも送れますから12月7日でも間に合いますよ(混み合う可能性があります)。



茶太郎;「よろしく御願いしまーしゅ」
[ 2011年12月03日 ]
プロフィール

茶太郎の仮ママ

Author:茶太郎の仮ママ



tyatarou



ご訪問下さって有難うございますm(_ _)m

茶太郎という保護犬の預かり日記です。

茶太郎は2013年6月に虹の橋に旅立ちました。

茶太郎は居なくなりましたが、引き続き動物の命の大切さを伝えていきたいと思っています。


御問合せはFacebookにお願いします。



tyatarou


※このブログはリンクフリーですが、記事や画像の転載をした際は御一報下さい

バナーやリンク・転載に関する詳細は【コチラ】を御覧下さい☆

カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


検索フォーム








命を考えよう
今読まなくてはいけない本


別窓で開くWEB絵本です。無料で読めます↓






犬に関するリンク集














ペットのおうち



ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対



いつでも里親募集中



どうぶつ基金バナー200x40 (2)











ドッグフードの選び方ならドッグフード研究所



東北地震犬猫レスキュー.com



難病でもあきらめないで下さい。
遠くても行く価値がある病院です↓



下館で茶太郎が御世話になった福井先生が独立開業しました↓









ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2


人間用医薬品の個人輸入↓
バイアグラ、カマグラ通販ED薬の個人輸入ベストくすり