茶太郎 ちゃたろう チャタロウ

~茶太郎からの手紙~ 捨てられたミニダックスの茶太郎は新しい家族を探しています

禊の台風

先週は台風週間でしたね。

台風は雨と風によってケガレをはらい、空気も土も人間をも清めてくれる禊(みそぎ)なのでしょうね。

我が家もしっかり禊いで頂きましたよ(-。-;

茶太郎
生育中の赤ちゃんスイカ達は、殆ど、ちょんぎれていました(TT)

でも、少し大き目のスイカだけは残りましたよ↓
茶太郎

もちろんスイカだけでなく、キュウリもトマトもオクラもナスもピーマンも根っこから抜けてたり、途中で折れてたり、なっていた実はほとんどが地面に落ちてしまっていました。

持ち前の生命力で大部分は復活してくれることでしょう。

植物のエネルギーってステキですね(*^^*)

そのステキなエネルギーを仮ママも頂いているわけですから、感謝しなくてはいけませんね。

普段から感謝の心が足りない仮ママが言っても嘘っぽいですかね・・・(汗)

チャタと一緒に暮らしていると買い物に行けませんから、必要にせまられて自給自足の生活になってしまいます。

しかし、幸いなことに自給自足は神の望む人間の食のあり方だそうで、『 ひふみ神示 』で、神様は現在進行中の [世の立て直し] に関しても【 ひとりひとりで何でもできるようにしておけよ 】と自給自足を推進する事をおっしゃっていますし、『 ひふみ神示 第四巻 天つ巻 第12帖』によりますと、【 喰べる物も遠くて近いがよいのざぞ】と、おっしゃっています。

遠くて近いの「遠い」というのは、人間という動物から遠いもの、という意味で人間と共通点が少ない食物ほど遠いという事になります。

例えば血液の流れているモノは人間からとても近いモノです。
反対に肉体を持たず血もない、人間とかけ離れた食物は何かというと、植物系であることがわかります。

それをズバリ指摘しているのが、ひふみ神示の『碧玉之巻』第八帖です。

【 四ツ足を食ってはならん。共食いとなるぞ。草木から動物生まれると申してあろう。臣民の食べ物は、五穀野菜の類であるぞ。】

ということで、人間に許されている正しい食べ物とは、米、アワ、ヒエ、キビ、豆、麦などの穀物類、それに葉菜、根菜、および海藻などを言うのだそうです。

また、四ツ足というのは、牛や豚をはじめとする動物のことを主に指し、動物は人間に近い生き物であるから(人間も動物の一種です)、これを食することは「共食い」となり、肉食をしてはならないというわけなのだそうです。

さらに同じく、ひふみ神示『梅の巻』第十四帖には、

【 日本には、五穀、海のもの、野のもの、山のもの、みな人民の食いて生くべき物、作らしてあるのぢゃぞ。日本人には肉類禁物ぢゃぞ。】

と、世界の親国である神国日本の国民としての在り様が示されています。

と言っても日本以外のキリスト教圏でも同じ神示を見つけました。

聖書の創世記に【 神は仰せられた。「見よ。わたしは全地の上にあって、種を持つすべての草と、種を持って実を結ぶすべての木をあなたがたに与えた。それがあなたがたの食物となる。」】 という記述がありますので、地球全人類共通で神から許された食べ物は植物系のものだけのようです。

遠いモノの正体がわかったところで、続きまして近いモノですが、これは場所のことで、自分の住んでいるところに近い場所で生まれ育ったものということなんだそうです。

このようなわけで、家庭菜園による自給自足の生活は、唯一神様から許されている食のありかたになるようです。

なんでこんなことを仮ママが書いたかといいますと、茶太郎を預かって丸3年が経過して預かり4年目に突入した今月、さすがに仮ママも茶太郎のご縁を見付けられずに落ち込んでしまっておりまして、茶太郎は何の為に仮ママの元に居るのか、いや、むしろ茶太郎よりも仮ママ自身は茶太郎との生活で何を学ぶべきなのか、という根本的な原因を問いかけてみているのです。

きっと仮ママが学びに気付くまでチャタに御縁は見付からないのかもしれません。。。

その学びの一つがチャタのせいで始めざるをえなかった「自給自足生活」なわけで、ふとそれに気付いたのが今回の台風による植物エネルギーの素晴らしさだったわけです。

しかし、今まで約30年間に及ぶ肉食生活によって背負ってしまった、神や宇宙の法則に背いた罪穢れの数々!!

今になって思えば、死んだ獣の屍(しかばね)を喰らう生活なんて地獄の餓鬼とか魑魅魍魎(ちみもうりょう)と同じような食生活ですね(><)

仮ママは今まで長い間、地獄と同じ波長の世界で生きてきたのですね。
このまま生涯を終えていたら間違いなく、同じ波長の地獄に進んでいたのでしょう。
後悔は先にたたず、と言いますから気付いて改心したことを良しとしましょう。

あれれぇ~、もしかして茶太郎は仮ママの御霊(みたま)が地獄に落ちるのを助けてくれたのでしょうか・・・?

茶太郎
茶太郎; 「やっと気付いたでしゅか~。オイラを預かって動物愛護活動にたずさわるなら、動物愛護についてよく考えるでしゅよ。
犬や猫をいくら殺処分から助けたって、その裏で牛や豚や鶏を殺した肉を食べていたら、ちっとも動物愛護活動になってましぇんよ。
うわべだけの活動にしかなりましぇん。うわべだけの行いは神様から嫌われましゅ。
動物の命は犬も猫も牛も豚も鶏も同じでしゅよ。そこを間違えてはいけましぇん。
何の為に神様が神示を人間に与えてくれたんでしゅか。おろそかにせずに毎日毎日読み続けるでしゅよ~」
スポンサーサイト
[ 2011年09月26日 ]

犬の白内障 点眼薬の成果

白内障の目薬を点眼しつづけて約1ヶ月が経ちました。

目に見える変化はありません。

服用量・服用方法の欄には

『 6ヶ月の間、それぞれ1~2滴を一日に2回点眼。
 使用を始めてから通常1ヶ月ほどで、すぐに効果が現れ、約3ヶ月~5ヶ月の間に病状の治癒が見られる。
 完治した後も、再発防止のために、時々使用するとよい。』

と書いてありましたが、1ヶ月では効果がありませんでした。
残りを全部使い切るまで、あと2週間ほど続けてみようと思います。

ちなみに老齢性の白内障以外には効果がないようで、内分泌系疾患による白内障には効かないようです。

効能・効果の欄には

『 加齢が原因の白内障を根絶。
 臨床結果では、6ヶ月の間に41.5%~100%の患者に症状の改善が見られ、
 その結果は2年後の検査においても継続されていた。
 プロテインの架橋処理を防ぐだけでなく、そのものを打ち砕く働きがある。』

と、期待大な説明が書いてありました。

海外では歴史も古く、以前から当たり前のように使われている目薬なのですが日本では製造されていないので、日本だと白内障=手術しか方法がないわけです。

この目薬の効果によっては、日本の多くの老犬達を失明から救う事が出来るかもしれないのです。

本当に効果があらわれたら、仮ママはこの目薬を大々的に宣伝してシニアの救世主になろうと思っているのですが、結果はどうなるのでしょうか。。。

白内障の目薬のお求めはこちら→白内障 目薬

このお値段で失明から子供達を救えるとしたら、大変有り難いお薬であることに間違いありません。

茶太郎
茶太郎; 『オイラの結果次第ということはオイラの責任は重大でしゅね。うーむ・・・。』
[ 2011年09月16日 ]

茶太郎の節目

茶太郎は2008年9月6日に我が家にやってきました。

2011年9月6日で丸3年が経ち、預かり4年目に突入しました。

記念すべきことではないので、節目という形で過去を振り返ってみました。

最初の頃の茶太郎↓ 「誰!?」と思わないでください・・・
ミニチュアダックス 差し上げます
うちに来たばかりの頃は、とても不安そうで警戒心がありました。
いつもこんな表情で仮ママのことを見ていました。

寝る時はこんなでしたけど(笑)↓ アンダーコートが全然なくてツルんとしたスムース風でした。
ミニチュアダックス 差し上げます
毛質も毛量が少なくてゴワゴワして硬くて短毛でした。
多分、片親がスムースなんだろうと思いました。

そのうち、少し耳に毛がはえてフサフサしてきました。↓
ミニチュアダックス 差し上げます

徐々に体毛が増えはじめ、この頃から、なんとなく今の茶太郎の雰囲気が出てきました。

ミニチュアダックス 差し上げます
しかし、まだまだ毛が黒くて、若い雰囲気を漂わせています。


保護時からいくつかの病気を患っていた茶太郎は、苦しい思いを沢山してきました。
NEC_0380.jpg

死んでしまうかもしれない、と恐怖におびえる仮ママをよそに、茶太郎はどんどん病気をやっつけていき、少しずつ、少しずつ元気を取り戻していきました。

ちなみに、保護時から患っていた会陰ヘルニアから開放されるまで、9ヶ月かかりました。

1回目の手術痕↓
NEC_0400.jpg

2回目の手術痕↓
NEC_0371.jpg

3回目の手術痕↓
NEC_0473.jpg
おしりから血や膿が出てしまう日が続きました。

ミニチュアダックス 差し上げます

この時は、ただただチャタが可哀想で不憫で仕方ありませんでした。
片時も離れることなく、1日中抱っこしていました。
ミニチュアダックス 差し上げます
チャタは自分が具合がわるくて辛くても、「仮ママしゃん、心配しないでくだしゃい・・・」と言って、仮ママを心配そうに見ていました。

その後、ウンチが垂れ流し状態になってしまった茶太郎は、激痩せしてしまいます↓
ミニチュアダックス 差し上げます
この時の体重、わずか4.7kg。 
ミニチュアダックス あげます
現在よりも1kgも少ないので、人間の57kgの男性が47kgまで痩せてしまった事と同じなわけで、危険ですらあります。

この状態から、ウンチを垂れ流さなくなるまでに6ヶ月かかりました。
しかし、この6ヶ月の月日はまったくもって無駄な時間でした。
仮ママがもっと早く改善策(食事の改善)を編み出していれば、この6ヶ月間は不要でした(><)
チャタ~、ごめんね~(TT)

食事を変えてからはウンチを垂れ流すことがなくなり、1日2回程度の漏らしにとどまり、体重は順調に増えていき、適正体重の5.6~5.7kgをずーっとキープしています。

そして、今では誰も茶太郎をスムースダックスの子供だとは思わないほど、毛の量が増えて、ゴワゴワしていた毛も柔らかくタンポポの綿毛のような感触になりました(左上部隅に先ワンが写っていた写真を発見しました)。
ミニチュアダックス さしあげます

さきほど撮影したばかりの茶太郎↓
ミニチュアダックスフンド 差し上げます
ミニチュアダックスフンド 差し上げます

残念ながら会陰ヘルニアは再発してしまいましたが、いまのところは、良く食べて、良く動き、良く寝て、不自由なく毎日を過ごしています。

茶太郎を幸せにしてくれるご家族様、どうか茶太郎を家族に迎えてあげて下さい、御願い致しますm(_ _)m
[ 2011年09月09日 ]
プロフィール

茶太郎の仮ママ

Author:茶太郎の仮ママ



tyatarou



ご訪問下さって有難うございますm(_ _)m

茶太郎という保護犬の預かり日記です。

茶太郎は2013年6月に虹の橋に旅立ちました。

茶太郎は居なくなりましたが、引き続き動物の命の大切さを伝えていきたいと思っています。


御問合せはFacebookにお願いします。



tyatarou


※このブログはリンクフリーですが、記事や画像の転載をした際は御一報下さい

バナーやリンク・転載に関する詳細は【コチラ】を御覧下さい☆

カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


検索フォーム








命を考えよう
今読まなくてはいけない本


別窓で開くWEB絵本です。無料で読めます↓






犬に関するリンク集














ペットのおうち



ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対



いつでも里親募集中



どうぶつ基金バナー200x40 (2)











ドッグフードの選び方ならドッグフード研究所



東北地震犬猫レスキュー.com



難病でもあきらめないで下さい。
遠くても行く価値がある病院です↓



下館で茶太郎が御世話になった福井先生が独立開業しました↓









ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2


人間用医薬品の個人輸入↓
バイアグラ、カマグラ通販ED薬の個人輸入ベストくすり