茶太郎 ちゃたろう チャタロウ

~茶太郎からの手紙~ 捨てられたミニダックスの茶太郎は新しい家族を探しています

チャタ断髪&全身スキャン

1年の締めくくりとしてチャタの全身スキャンをしました。

悪い箇所があっても鈍感な仮ママは気付かないので、安心して新年を迎える為に全身を隈なくチェックしてもらいました。

結果は『良好』です!

腸がとてもキレイになっていて、他も問題無しだそーです(^^)

良かった~☆

年内はお粥を続け、元日からは徐々に他の食べ物にも挑戦していこうと思っています。

お粥は気を付けないと髪の毛を汚してしまいます。

髪の毛の下の部分にお粥が糊みたいにくっついて、固まると取れなくなります。

気付いた時には時既に遅し・・・。

チャタは髪の毛を切られる羽目になってしまいました・・・。
髪の毛
おとなしく切らせてくれたので助かりましたが、可哀想です。

そこで仮ママの髪留めでチャタの髪を挟んで固定することにしました。
NEC_0940.jpg
反対側から見るとこんな感じです。 髪というより耳留めになってます(笑)
NEC_0939.jpg
チャタはとても神経質なので、嫌がるかと思いましたが、全く嫌がりませんでした。

チャタ、着実に進歩しています!!
成長


スポンサーサイト
[ 2009年12月29日 ]

甘えん坊のチャンタクロース

クリスマスなのでチャタに赤い服を着せてチャンタクロースになってもらいました。
NEC_0890.jpg
今度はサイズぴったりです。

しかしチャンタさんに扮したチャタさんがした事と言えば・・・
NEC_0885.jpg
抱っこをねだり、ベタ~っと甘えること。

落ちそうですけど・・・↓ って手が落ちてますよ(汗)
NEC_882.gif

でも、そんなチャンタさんはこっそりと仮ママにクリスマスプレゼントをくれました!!

それは『ウンチを漏らさなくなったこと』です!!

有り難い事に、腸の調子がとても良いみたいで、ウンチが漏れなくなったんです☆

処方食のW/Dから、今は『おかゆ』を主食にしたので、腸に良く吸収されるようになったのかもしれません。
それと、外に出た時に「ウーン」といきむと、ウンチがスルッと出てくれるようになったので、家の中で自然に漏れる事が劇的に減りました。

一緒に寝ていてもウンチが気になって、なかなか熟睡できなかった仮ママですが、チャンタクロースさんのプレゼントのお陰で朝まで熟睡できるようになりました。

常にトイレットペーパーを抱えていた生活とはサヨナラです(*^ー^)ノ

チャンタクロースさん、ありがとう!

ウンチレス生活がいつまで続くか判らないけど、少しの期間だけでも嬉しいです(*^▽^*)

でも仮ママはチャンタさんに「本物の家族」をプレゼントしてあげられませんでした。。。

茶太郎、ごめんね。本当にごめんなさい。

ダメな仮ママを許して下さい (>д<)

[ 2009年12月26日 ]

チャンタクロースinいぬ親会(江戸川区)

今年最後のいぬ親会にチャタが参加しました。
NEC_0921.jpg
クリスマス用の帽子をかぶってチャンタクロースに変身してみました(^^)
・・・が、プレゼントを配るどころか逆に頂いてしまいました。↓
NEC_0901.jpg
仮ママがフラフラと会場を浮遊している時に頂戴したらしいので、どなたから頂いたのかわからないのです。
大変申し訳ございませんが、次回の犬親会でお会いできましたら、御礼を申し上げたいので御声掛け頂ければ幸いですm(_ _)m

NEC_0919.jpg
チャンタクロースさん、少しおすまし顔です。↑

しかしサイズが合わずにズレ落ちてしまうので、仕方なく胴に付け直しました。
NEC_0911.jpg

なんか変ですが・・・(笑)
アンテナ
何かをキャッチするレーダーアンテナみたい???(笑)

NEC_094.gif
そーゆー顔、やめなさいって・・・(-ー;

NEC_0929.jpg
でも撫で撫でされると、まんざらでもない様子。。。
NEC_0926.jpg

そして珍しい事に、家族以外の人に撫でられてもウットリとした顔のチャタを発見!
茨城から足を運んで下さった美人なお姉さん↓チャタの事を気に掛けて下さっていました。
NEC_0902.jpg


チャンタクロースの奮闘むなしく、この日もチャタに赤い糸は見付かりませんでした。

しかし、仮ママお気に入りのゴマちゃんにはアンケートが寄せられたそうです。
ゴマちゃんには赤い糸が繋がるかもしれませんね(^^)
NEC_0914.jpg

そしてチャタと同じような境遇から保護されたクレアちゃんとも会場で会うことが出来ました!
NEC_0933.jpg
クレアちゃん、泣いているようにも見えました。。。
NEC_0931.jpg

チャタもクレアちゃんも元飼い主に捨てられて、ある日突然ひとりぼっちになってしまった可哀想な子供です。
チャタもクレアちゃんも新しい家族を待っています!!

チャンタクロースさん、サンタクロースさん御願いです、チャタとクレアちゃんに本物の家族を届けて下さい☆
[ 2009年12月21日 ]

寒さに挑戦!

あまりに寒いのでチャタの大嫌いなお洋服に挑戦!!
でも、どんなサイズなのかわからず、とりあえずダックス用の2号を買ってみました。
ネットショップで見た時はDL2号(ダックス・ロング?)という表記でしたが、ホームセンターは「2L」と書いてあったので2号ロングのことだろうから、これがダックス用なんだろうと。。。

結果は・・・↓
NEC_090.gif
つんつるてん(笑)
NEC_0898.jpg
前身ごろが閉じられず羽織っただけの状態です。
NEC_0897.jpg

正しくは3L(DL3号)だった様です(;^ ^A

しかし、あれだけ洋服嫌いだったチャタが意外にもちゃんと着てくれたのには驚きました。

前に着せようとした服はトレーナータイプのデザインで頭から被る着せ方でした。
これがいけないのかも・・・と思った仮ママは前身ごろが全開できて、マジックテープで止めるタイプの服を買ってみたのです。
このデザインが功を奏して、苦手なお洋服も見事に克服できました。

これで寒さ対策もバッチリです。
[ 2009年12月18日 ]

ゴールデン・ウ●チ

椎間板ヘルニアを発症した先ワンですが、なんと翌日には治っていました(^^;

毎日ステロイド注射を打つ予定でしたので翌日も病院に行きましたが、朝起きた時から走る・跳ねる・吠える、の3拍子で、普段と全く変わらず元気になっていたので、注射は中止。
そして飲み薬も処方されず、手ぶらで帰宅となりました。

先生は狐につままれたようでした(笑)

前日、全く歩けなかったんですから、驚いて当然です。

帰宅後、よほど調子が良くなったのか、先ワンは庭で遊びまくりでした。
NEC0881.jpg

ママ: そろそろ暗くなってきたし寒いんですけど~ (-ー 家に入りません?
先ワン: ヤダ!!

NEC0880.jpg

先ワン: 庭だけじゃなくて外に散歩に行きたいよ!
ママ: そこまではまだ無理ですよ。

NEC0877.jpg

写真からもわかるように、痛みは殆ど無い様で安心しました。

それにしても、恐るべしヒーリングパワー。

チャタが半身不随になった時も直ぐにヒーリングを依頼していたら、あんなに薬漬けにならずに済んでいたのに。。。と思うとチャタに申し訳ない気持ちでいっぱいです。

ごめんよ~チャタ(><)

ママがヒーリングというものを信じなかった為にチャタには苦労ばかりさせちゃったね・・・。

そして、チャタの腸の調子もだいぶ良くなっているようです。

ヒーリングの後には、なぜか金色のウンチが出ました!
NEC_0871.jpg
拡大↓ このままスルっと抜け落ちたので、いつも通りトイレットペーパーに包んでトイレに流しました。
0870.jpg
最近は便臭が強くて色も黒緑の軟便でヘドロみたいだったんですが、この時は明るいゴールデンウンチでした。

NEC_0875.jpg
ちなみに本犬はウンチが出た事にまったく気づいていません。気分が良くて眠くなってきたようです。
NEC_0876.jpg

この後は茶色くて形のしっかりした良いウンチをしていました。
しかも殆ど匂わな~い(^^) 少し前はあんなに臭かったのに・・・。

チャタの腸内環境も改善されつつあるようです。
[ 2009年12月14日 ]

注意!椎間板ヘルニアの盲点

椎間板ヘルニアの予防対策には、かなりの自信がありました。

足が滑るフローリングは緩衝材を敷いた上にクッションフロアーを貼りフカフカな床にリフォームし、まだリフォームが済んでいない一部のフローリングはサンダーで紙やすりをかけてザラザラにしてあります。
NEC_0869.jpg
↑一部、削り過ぎたところは、こんな事になってしまってますが(><)

引っ越してくる前の家では、チャタが半身不随になってから、絨毯の滑り止め用ゴムマットを敷いていました。これはオススメですよ。ゴム製なのでゴミがついてもベランダでパサパサ振るだけで良いですし、洗濯機で丸洗いすればいつでも清潔です。↓
NEC_0249.jpg


子供達が頻繁に昇り降りする人間用ベッドも枠は捨てて、床にスノコを敷いた上にマットレスだけを置き、そのマットレスの段差さえオットマンを置いて解消している徹底ぶりです。

ソファも無いし、ワンが昇れる椅子や家具も皆無です。

階段は上下ともに木製の柵で二重にふさいでいます。

これで椎間板ヘルニアになるはずがない!と思っていました・・・。

しかし、一つだけ盲点があったのです。

先ワンが椎間板ヘルニアを発症した前日、珍しくチャタと先ワンがプロレスをしたのです。

ほとんどプロセスなんてしないのですが、1ヶ月に1回位の頻度でほんの少しだけ取っ組み合いになることがあります。
どちらも本気ではないので、ほんの一瞬で終わるのですが。

先ワンが発症した原因として考えられるのは、前日にチャタと取っ組み合いをしたこと以外に考えられないのです。

正直、これは盲点でした。

これが原因で椎間板ヘルニアになるとは予想していなかったのです。

いくら環境を整えていても、ほんの一瞬の出来事で椎間板ヘルニアは襲ってくるんだな、と改めて身にしみました。

そして更に悪い事に、どうやら先ワンは椎間板ヘルニアだけではないようなのです。

Tさんに改めて電話して子供達の様子を聞いてみました。

すると、先ワンは恐らくずっと以前から股関節に異常があって、相当ひどい痛みと下半身の痺れを強く感じていたらしいのです。

これを言われてハッとしました。

実は先ワンは最近散歩を嫌がって、少し歩いただけで止まってしまい、動かなくなって散歩拒否!の姿勢を繰り返していました。

「どうせ寒くて横着してるんだろー」と思い、いやがる先ワンを無理矢理引きずって毎日40分間歩かせていました。

今思えば、股関節が痛くて歩けないほど辛かったのでしょう。

そんなことも知らずに、なんて酷い事をしていたんだろうと思うと自分が許せません。

後悔し過ぎて、あまりのショックにどうにかなってしまいそうでした。

先ワンに償っても償いきれるものではありません。

Tさんが言うには、この股関節の損傷は脊椎にも相当な負担をかけ続けていたようで、股関節をかばいながら何とかバランスを保ってはいたものの、それも限界に達し、チャタとの取っ組み合いが起爆剤となり椎間板ヘルニアに発展してしまったようなのです。そして、この椎間板ヘルニアは相当重症の部類に入るそうなのです。尋常ではない痛みに襲われていると言っていました。

先ワンの体が動けなくなって、やっと事の重大さに気付くなんて・・・ママはどうしようもない大馬鹿者です。

今まで先ワンは、いったいどれほどの痛みを我慢して耐えてきたのでしょうか。

全ての原因はママにあったわけです。

そして、こういうことはチャタにも起こり得た・・・これから起こり得る可能性のある事なのです。

口が利けないことを充分わかった上で、細心の注意を払って子供達を見てきたつもりがこの始末です。

この先、子供達を見ていくのは仮ママには荷が重いようです。

今回の件で自分の能力が良くわかりました。

もうこれ以上子供達を苦しめたくないので、これからは毎月一回子供達の健康チェックをする事を子供達に誓いました。

今回、チャタは偶然に大腸に異常が見付かったので、不幸中の幸いでした。

ワンの神様・チャタの御先祖様のお導きに他なりません。

チャタは約1年前に下半身不随になっていますから、もう二度と同じ苦しみを味あわせたくありません。

そして当時のチャタの事を思うと、今の先ワンの事が心配でなりません。

チャタの時と同じように、ステロイド剤を毎日注射して、その後はステロイド剤等の錠剤を1日10回経口投与するのかもしれないのです。

病院からも毎日注射を打ちに来るようにと言われています。

チャタの大腸も早く治してあげたいし、やらなくてはならない事は沢山あります。

チャタは一見すると元気に見えますが、少し腸とオシリが気持ち悪いようです。
NEC_0722.jpg
[ 2009年12月13日 ]

チャタ、大腸に異常がみつかりました・・・ (><)

チャタ、また調子が悪いみたいです。

見た目はとても元気なので、気付くのが遅れてしまいました(TT)

気付いたキッカケは先ワンの椎間板ヘルニア。

先ワンが椎間板ヘルニアになってしまったので、以前、チャタが半身不随になった時にお世話になったヒーラーの『Tさん(先生)』に遠隔ヒーリングを御願いしました。

メチャクチャ混んでいるので、普通なら予約がずっと先になってしまうのですが、電話して事情を説明し、緊急でやってもらいました(完全予約制なので、休憩時間を削ってヒーリングして頂きました)。

以前チャタは動物病院から「二度と歩けないかもしれません」と診断されるほど酷い椎間板ヘルニアで完全に半身不随になりましたが、この時にTさんにヒーリングして頂いたら、物凄く早く快復して今では何の後遺症もありません。

最近のチャタを御存知の方は、過去にチャタが半身不随になったとは信じられないと思います。

病院側も「椎間板ヘルニアはこんなに早く快復しないので、坐骨神経痛だったのかも?」と診断しなおしたほど、劇的に良くなりました。

当時のブログにヒーリングの事は記載していなかったので、チャタの劇的な快復記事を御覧になった方は不思議に思われたかもしれません。

あの快復劇の裏にはヒーリングの一幕が隠されていたのです。

そんなわけで先ワンが病院で椎間板ヘルニアと診断されてすぐにヒーリングを御願いしたわけです。

ところが、結果は・・・

「脊髄に異常は見当たりませんでした。・・・ただ大腸が酷い状態のようです。」と言うのです!

「それは茶太郎ではありませんか?」と聞くと、

「???そうですけど???」と。

先ワンが具合悪いとは伝えずに、「うちの犬が・・・」と言ったんです。

以前チャタを見ていたTさんは、先ワンの存在を知らないので当然チャタだと思ってヒーリングをしたわけです。

結果、不幸中の幸いで、チャタの異常が発見されました。

とても恐ろしい事に、チャタの大腸は腐ってしまっていて、機能していないと言うのです。

とても危険な状態だそうで、このままにしておいたら腫瘍化して大腸ガンになってしまうかもしれないそうです。

「軟便や下痢が頻繁におきていませんか?」と言われたのですが、まさにその通りでした。

しかし、腸の手術をした経緯があるし、盗み食いをした後で軟便になるので特に気にしていませんでした。
本犬はとても元気で元気で、具合悪そうな所見は見受けられませんでしたのでチャタの体調の変化に気付きませんでした。

「食べても食べても食事を欲しがるようなことはありませんか」

これもまさに的確です。

チャタは食に対しての執着がハンパじゃないのですが、私は「御飯が貰えないような生活をしいられていたのかも・・・」ぐらいにしか思っていませんでした。

大腸が腐敗しているなんて思ってもみませんでした。

ただ、会陰ヘルニアの手術から半年経つので、そろそろ血液検査等の健康診断をチャタに受けさせてみようと思っていた矢先の出来事でした。

しかし、幸いな事に治るそうなんです。

腫瘍化していたら、動物病院で大掛かりな外科手術を受けるしかなかったようですが、今は腫瘍は見当たらないそうで、この状態なら充分に快復が見込めるそうです。
NEC_0819.jpg
仮ママのケアが悪いせいでチャタが病気になってしまったような気がして、チャタに申し訳なくて気持ちが落ち込んでいます・・・・・。

NEC_0867.jpg
二人揃って強力なヒーリングを受けて、すっかり気持ち良くなってしまってウタタ寝している二人の姿が辛いです。
どちらの病気も原因は全部仮ママにあるのです・・・。

[ 2009年12月12日 ]

いぬ親会in湘南 後編

薄情なチャタにガッカリした仮ママは、とっても可愛い子とお話しすることにしました。

この日、同じテントに居た『ごまちゃん』です。

ちょうど仮ハハさんが席を外されたので、ほんの僅かな時間、ごまちゃんの代理仮ママになりました。

ごまちゃんは控えめでシャイな可愛い子(〃∇〃)

しかも凄くおとなしい!!

初対面の人には尻尾と背中をまるめて、うつむいてしまう姿が何とも愛らしい☆

NEC_0848.jpg

人間た苦手なわけではなくて、むしろ大好き! 
でも初対面の人とどう接したらいいのかわからなくて途方に暮れている・・・みたいな健気なタイプ。

沢山の方が足を止めて、ごまちゃんのお顔を覗き込んでいらっしゃいますが、本人は緊張を隠せない様子。

そこで、ごまちゃんと仲良くなれるチャ~ンス!とばかりに代理仮ママが「ごまちゃん、大丈夫だよ~」と言いながら、ごまちゃんに近付いて撫で撫でしてみると、なんと!ごまちゃんは代理仮ママに体を寄せて、少しスリスリした後、体をもたせかけてきて、小さく「ふ~」と息を吐いて体の緊張をといたのです。

か、か、かわいい!!! о(ж>▽<)y ☆

あまりに嬉しくて、思わずごまちゃんをムギュっと抱きしめる仮ママ。

イヤがって逃げ出すかと思いきや、ごまちゃんは仮ママの肩にアゴをのせて更に密着!!

そして仮ママの膝のあたりに身を横たえるようにして、くつろぎのポーズ!

あぁ!!!もうダメだぁ~!!!

ごまちゃんのあまりの可愛さに完全にKO負してしまいました。

そして、この時以来、ごまちゃんは仮ママの頭から離れなくなってしまっています。

いぬ親会で養子縁組を希望する方は、こんな気持ちになるんでしょうか・・・。

だとしたら、チャタはどうやって赤い糸を掴むんだろー・・・なんて考えてしまいます。
だって、あまりに無愛想 (-x-;)
でも、本当は甘えん坊でナイーブで忠誠心の強い可愛い子なんです。
仮ママの不徳のせいで、いぬ親会では発揮できずにおりますが。。。
NEC_0843.jpg

しかし、そんなチャタの事を応援してくれてる優しい方もいらっしゃるんです!!

前回参加したいぬ親会で同じテントだった「つく兄」、チャタと同じシェーテッドレッドのミニチュアダックスで推定年齢も同じ、お顔の白いところも同じで親近感を覚えていました。
チャタより先に本物の赤い糸が見付かって、ちばわんを卒業しました。
今、つく兄の預かり家には、赤い糸を探し始めた『楓ちゃん』というキャバリアが居ます。
一見するとチャタとの繋がりはなさそうですが、つく兄同様、ちゃーんと共通点があるのです。
ロングヘアのミニチュアダックスは、遠い昔、スタンダードダックスとキャバリアを交配させたのが始まりです。
チャタを見てるとキャバに良く似ていて、そのルーツが容易に想像できます。
img6caf1a27zik2zj.jpg
楓ちゃんの預かりママはチャタの行く末をとても心配し、気に掛けてくれています。

それから、チャタにクリスマスプレゼントを下さった方もいらっしゃいます☆
NEC_0860.jpg
オヤツ達はサンタのルーちゃん&母様から(別途仮ママにもオヤツ頂きました☆)、エチケットバッッグは、ごまちゃんの仮ハハ家を卒業した貴&クムドゥ君コンビの母様に頂きました!

チャタも仮ママも大喜びですv(^-^)v 有難うございます。

また、チャタの手術の折に御寄付を下さった方、チャタを応援して下さって本当に有難うございます。

これでもかっ!というほど、神様から沢山の試練を与えられてしまったチャタですが、応援して下る方々の存在がチャタ(&仮ママ)の大きな“支え”になっているのは間違いありません。

そして、ずっとずっとずっとチャタを応援して下さっている翔・幸・美の吉ママ
とても心強いです。いつも色々して下さって本当にありがとうございますm(_ _)m

優しい翔・幸・美の吉ママのおうちにも赤い糸を待っている可愛い女の子がいます☆
『クレアちゃん』です。 ※写真勝手に使ってごめんなさいo(_ _*)o
crea.jpg
この寒空の下で河川敷のフェンスに白いビニール紐に繋がれていたそうです。
可哀相に・・・チャタが捨てられていた時と同じような状況なのではないでしょうか。

次のいぬ親会でチャタと会ってくれるかな~(-^^-)

チャタは12月20日の江戸川区篠崎緑地のいぬ親会に参加予定です☆

どうぞ宜しく御願い申し上げます(^O^)/
[ 2009年12月10日 ]

いぬ親会in湘南鎌倉 前編

12月6日のいぬ親会に参加しました。スタッフの皆様・いつも豪華な差し入れを用意して下さる方々、本当に有難うございます。
NEC_0849.jpg
チャタの地元、横浜に近いエリアなので江戸川区のいぬ親会よりは少し機嫌の良さそうなチャタ。
でもテントの奥に引っ込んで抱っこをオネダリしてばかりで、見に来て下さる方々に背をむけてしまっています。

しかたなくテントの外へ出てみると、いつも通りにチャタも後を追って前に出てきました。
NEC_0833.jpg

すると、通りかかった方が「可愛い顔してるね~」と興味を持ってくださいました。

NEC_0854.jpg

しかし決して視線を合わせない無愛想なチャタ。
そこで用意してきたオヤツを取り出して、チャタに与えてくれるようにその方に手渡しました。
NEC_0855.jpg
オヤツを目にしたチャタは・・・即効でお座りしてアピール開始です。
NEC_0857.jpg
この時ばかりは、知らない人にも忠犬になれるゲンキンなチャタ(笑)
オテやフセ等も披露してご褒美を頂きました。

・・・後編へつづく
[ 2009年12月08日 ]

茶太郎からの手紙2

オイラはミニチュアダックスフンドの茶太郎でしゅ。

去年の夏頃、神奈川県でオイラは家族と一緒にとても幸せな毎日を送っていました。

ある日、オイラは自分の体調の異変に気付きました。

お腹の中の腸がオシリから飛び出すようになってしまったのです。

すごくお腹が気持ち悪くて、どんどん具合が悪くなっていきました。

どうやらオイラは病気になってしまったようです。

これからオイラはどうなってしまうんだろー。。。ずっとこんなに具合が悪いままなのかなー・・・。

そんな事を考えては不安な日々が続いたある日、ママしゃんとパパしゃんがオイラの大好きなドライブに連れて行ってくれました!

オイラはとっても嬉しくて、病気の事も忘れてママしゃんに抱っこしてもらい、流れる景色を楽しみました。

喜ぶオイラを乗せた車は、暫く走ると横浜市のとある場所に止まりました。

ここにはどんな楽しい事があるんだろー!と思って、待ちきれないオイラは一番先に車を降りました。

続いてママしゃんだけが車から降りて来て、オイラにリードをつけると近くの柵にオイラを繋いで、オイラの口に口輪を付けました。

そして何か封筒のようなものをオイラの足元に置いたので、オイラは何か新しい遊びをしてもらえるのかと思って、尻尾をブンブン振ってママさんを見つめました。

ママさんはオイラを撫で撫でしながら「ここで少し待っててね。待て!だよ。じっとしてるんだよ」と言って車のほうに行きました。

オイラは言われた通りに、そのままママしゃんを待ちました。

どのくらい待てば迎えに来てもらえるのかなー、と思いながら、オイラはママしゃんとパパしゃんの車が走り去った道をずっとずっと見ていました。

でも、いくら待ってもママしゃんもパパしゃんも戻って来てはくれませんでした。

オイラは心細くなってママしゃんとパパしゃんを夢中で呼びましたが、それでも誰も来ません。

どうして?ママしゃんとパパしゃんはオイラを一人ぼっちで残して何処に行っちゃったの?

そう考えると不安で心細くて、どんどん具合が悪くなってきました。

でも、きっとママしゃんとパパしゃんは迎えに来てくれるはずだ!もう少しの辛抱だ!・・・そんな思いも頭をよぎって両親を信じ続けたい気持ちと不安な気持ちが入り混じって、とても苦しくて頭が変になりそうでした。

オイラはパニックになって悲鳴のような叫び声で鳴き続けましたが、もうママしゃんにもパパしゃんにも、オイラの叫び声は届きませんでした。

この日がオイラの両親を見た最後になりました。

オイラは一人ぼっちになってしまったんです。

子供の時からずっとずっと一緒に暮らして来たオイラのママしゃんとパパしゃん・・・。

あの時、ママしゃんの言うことを聞かないで、「待たないよ!!一緒に居たいよ!今までもこれからもずっと一緒だよ!オイラも連れて帰って!!」そう言って必死でママしゃんを呼び止めれば良かった。

こんなことになるなら、あの時に泣き叫んでいれば良かった。

そうしたら考え直してくれたかもしれないのに・・・

もう二度と逢えないかもしれないママしゃんとパパしゃんを思って、オイラは一人ぼっちで泣いてしまいました。

そして泣きつかれた頃、オイラの中からは一切の感情がなくなっていました。
何にも誰にも興味を失くし、何もかもどうでも良くなっていました。

何も感じなくなったオイラはとても疲れて、立っていることも出来なくなりました。

オイラはこれから一人ぼっちで生きていくのかもしれません。。。

NEC_0749.jpg

『その3』へ続く
[ 2009年12月04日 ]
プロフィール

茶太郎の仮ママ

Author:茶太郎の仮ママ



tyatarou



ご訪問下さって有難うございますm(_ _)m

茶太郎という保護犬の預かり日記です。

茶太郎は2013年6月に虹の橋に旅立ちました。

茶太郎は居なくなりましたが、引き続き動物の命の大切さを伝えていきたいと思っています。


御問合せはFacebookにお願いします。



tyatarou


※このブログはリンクフリーですが、記事や画像の転載をした際は御一報下さい

バナーやリンク・転載に関する詳細は【コチラ】を御覧下さい☆

カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


検索フォーム








命を考えよう
今読まなくてはいけない本


別窓で開くWEB絵本です。無料で読めます↓






犬に関するリンク集














ペットのおうち



ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対



いつでも里親募集中



どうぶつ基金バナー200x40 (2)











ドッグフードの選び方ならドッグフード研究所



東北地震犬猫レスキュー.com



難病でもあきらめないで下さい。
遠くても行く価値がある病院です↓



下館で茶太郎が御世話になった福井先生が独立開業しました↓









ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2


人間用医薬品の個人輸入↓
バイアグラ、カマグラ通販ED薬の個人輸入ベストくすり