FC2ブログ

茶太郎 ちゃたろう チャタロウ

~茶太郎からの手紙~ 捨てられたミニダックスの茶太郎は新しい家族を探しています
カテゴリー  [ 未分類 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 ]

茶太郎の64回目の月命日(全盲犬の預かりと里親募集)

本日、平成三十年十月十四日は茶太郎の六十四回目の月命日です。

茶太郎へのメッセージを下さった方、ありがとうございます!


本来ならば茶太郎に関する記事を書くべきではありますが、本日は行き場のないワンちゃん達の事を書かせて下さい。

こういう緊急で預かりさんや里親さんを募集している情報は全国各地で沢山あるので、心を痛めつつも自分は助けられないし、数が多すぎて全部に心を配れないと思って、今まではスルーしてきたのですが、たまにはこういう情報に目を向けるべきだし情報拡散という形での協力なら出来ると思って、今回は記事にしました。

最後まで読んで頂ければ嬉しいです。

********************************************


東京都葛飾区柴又で「犬引取り屋」が廃業になり、23ワンが路頭に迷ってしまったそうです。

うち15ワンはすでに保護団体や里親さん等に引き取り先が決まりましたが、まだ8ワンほど残っているようです。
o1080081014271588552.jpg

2018年10月20日に借家が解約になるそうで、それまでに残った8ワンの里親か一時預かり出来る人を探しています。


o0810108014271575777.jpg

詳細は下記のブログをご覧ください。

アルマ東京ティアハイム https://ameblo.jp/alma-soulmate/entry-12410660525.html

o0810108014271575762.jpg

********************************************


それと別件の、さいたま市の「多頭飼育崩壊」の事を書かせて下さい。

さいたま市で高齢の方が24頭の小型犬を劣悪な状況で飼育していましたが、とうとうお手上げになり24ワンが行き場を失くしてしまいました。

o0750056214281479891.jpg

その後、保護団体が半分以上の子達を引き出してくれた為、残り数頭となりましたが、うち二頭は全盲なのだそうです。

この全盲の子達の預かりor里親さんを募集しています。

zenmou1.jpg

zenmou2.jpg



詳細は下記のブログをご覧ください。


さいたま① https://ameblo.jp/alma-soulmate/entry-12410880817.html


さいたま② https://ameblo.jp/alma-soulmate/entry-12411533501.html


*****************************************

いずれも酷い環境ですし、このままにはしておけませんので、救いの手を差し伸べる事が出来る方は是非手を上げて頂ければと思います。

それから別件で情報提供したい事があります。


千葉県の水族館が閉館になったのですが、そこにペンギンやイルカが取り残されて放置されているのだそうです。

早く解放して自然に返してあげればいいのに、なぜ放置しているのか仮ママにはわかりません。

この水族館の極悪な仕打ちは海外メディアでも報道されて今や世界的大問題になっています。

アニマルライツセンター等のいくつかの団体が水族館や千葉県、環境省に対応の改善を求めましたが、どこも無視しているようです。

そこでイルカたちの為に環境省前で抗議デモをすることになりました。

平日ということもあり、参加者がなかなか集まりません。

もし参加できる方は、是非イルカたちの為に集まって下さい。


仮ママも参加予定です。


2018/10/17(水)午前11時に環境省前に集合です。

43358303_1975352295886301_5248468469711634432_n.jpg


詳細はイベントページをご覧ください。
https://www.facebook.com/events/1927348434234510/?notif_t=plan_edited¬if_id=1539400949179350


*****************************************

今年も寒い時期がやってきました。

寒い時期になると巷に溢れる憎いフワフワ。


今年で最後という噂がありますが、本当でしょうか?

とりあえず、今年はやります!!!!!


毛皮反対デモ 2018年11月10日(土曜)


仮ママも参加します!


kegawa.jpg

詳細はこちら  http://www.no-fur.com/


アニマルライツセンターでは今月、沢山のイベントが企画されています。

数が多くてご紹介しきれないので、もしよければ、こちらのイベント一覧をご覧ください。

https://www.facebook.com/pg/AnimalRightsCenter/events/

****************************************

以上4件、情報拡散という形で協力させて頂きました。


今回は茶太郎の話題は全く出しておりませんが、日にちの迫った話題がありましたので、そちらを優先させて頂きました。

ご理解頂ければ幸いです。


もし行動できる方、情報拡散という形で協力できる方(このブログはリンクフリーです)、いらっしゃいましたら是非、お願いします。


次回は2018年11月14日~16日の間に更新予定です。

最後まで読んだ下さってありがとうございました。

来月も宜しくお願い申し上げます。





スポンサーサイト
[ 2018年10月14日 ]

茶太郎のお誕生日(仮)2018年

本日、平成三十年九月六日は茶太郎の仮の誕生日です。

捨て犬の茶太郎は誕生日が不明です。

過去に仮ママは茶太郎の誕生日を何とか検証しようとしましたが、残念なことに結局、茶太郎の生年月日は不明でした。


そんなわけで、茶太郎がうちにやってきた9月6日を仮の誕生日として毎年、お祝いしています。

茶太郎がうちにやってきた9月6日という日は、茶太郎と出会って仮ママの人生が変わったほど大切な日なので、茶太郎にとっての誕生日(仮)であり、仮ママにとっては記念日なのです。


ちなみに先ワンがうちにやってきた日は覚えてません(号泣)
1999年の8月だったことは覚えてますが、日にちまでは覚えてません。

皆様は我が子が家にやってきた日の日付を覚えていますか?


現代はブログとかやってたり、画像を撮影したりしてるから、日付を後から調べることも可能ですね。


そして、いつもならここで銀狼小父様から頂いた茶太郎へのメッセージを動画にして茶太郎にプレゼントしているのですが、今回は仮ママ都合で動画を作ることが出来ませんでした。


今回は時間的に無理でしたので画像だけ作りました。

bd.jpg


それと先程、頂戴したばかりの銀狼小父様のメッセージを載せさせて頂きます。

はっぴぃ~ば~すでぃ茶太郎君
23歳(仮)のお誕生日
お祝い申し上げます

茶太君にとって素敵な一年でありますよう祈っています

茶太君の隠れファン 銀狼小父さん



銀狼小父様、ありがとうございます!


それと、かよぽん様、Shizuka様、ありがとうございました。


嬉しいです!!!!!!

茶太郎も絶対に喜んで飛び跳ねてると思います!!!!!




ちなみに、なぜ動画を作る時間がなかったかというと、茶太郎が居なくなってからも細々と内職を続けていた仮ママですが、いよいよ金銭的にドン底になってきたので、働きに出ることになったからです。


外に働きに出るということは、もう子供を預かることはしないという事です。

先月、そう決めて求人情報を探して、応募条件をかろうじてクリアできた3件にエントリーしました。


一次選考は無事に通過したらしく、二次選考の【模擬試験】に進むことになりました。

一次選考の通知が来たのが9/3なので、動画つくろうと思ってた時間を試験対策に取られてしまいました。


そんなわけで、動画を作れなかった仮ママは、本日これから一件目の新宿に二次選考を受けに行って来ます。

千葉のド田舎から遠路はるばる東京へ(笑)

今日だけでなく、万が一、どこかに採用されたら都内に出稼ぎに行く事になります。


採用される可能性は低いと思いますが、今日の二次選考の他に、二つの応募先でそれぞれ9/12と9/14の日程で模擬試験の選考があります。


どれか一つでも合格できたらいいんですけど、犬の世話と内職しかしてこなかった仮ママを採用してくれる場所はあるのでしょうか?


ちなみに何故か茶太郎の誕生日9/6と茶太郎の月命日9/14に二次選考がダダ被りしてるというねw

なんの嫌がらせだよwwwwww


茶太郎の嫌がらせでしょうか?

それとも二次選考に合格できるよう茶太郎が見守ってくれるということでしょうか?

正直、二次選考の試験内容がかなりハードなので、今から行きたくなくて心が折れまくりの仮ママです(><)


そんなわけで、次回の茶太郎の月命日ブログは試験当日の9/14ではなくて9/15か9/16に記事を書かせて頂く予定です。


9/14まで仮ママは必死にお勉強をしますので、ブログの更新が少し遅れてもお許し下さい。


本日も最後まで読んで下さってありがとうございました。


これからも茶太郎をよろしくお願い申し上げます。


[ 2018年09月06日 ]

茶太郎の五十九回目の月命日

昨日、平成三十年五月十五日は茶太郎の五十九回目の月命日です。


・・・ということは、来月は丸五年目の命日ということですね。


そんなに経つなんて・・・・。


そういえば、以前、茶太郎の遺髪と爪が臭くなってしまって困っているという話を書きました。


せっかくとっておいた茶太郎が衛生的ではない状態になってしまい、仮ママは本当に困っていました。


L03B0045.jpg


匂いがしなくて衛生的に茶太郎を保存できる方法をずっと模索していたのですが、ついに前から考えていた方法を実行してみました。


虹の橋に渡った子の遺髪や爪を保存していらっしゃる家庭は多いと思いますので、もし保存方法にお悩みでしたら、茶太郎の保存方法をやってみてください。


まず、保存の為に用意する道具ですが、3つあります。


どこのご家庭にもある物ですので、新しく購入する必要はありません。


①紙製の封筒や小箱(ダンボール箱やティッシュの空箱等)
②書道の半紙など薄目の紙
③重曹


これだけです。


やり方も簡単ですよ。



①封筒や空箱に薄く重曹を敷き詰める

②半紙等のツルツルした紙面で毛や爪を包む。

③紙で包んだ状態のまま、重曹を敷いた封筒(箱)に入れて、その紙が重曹に埋没するように更に重曹を入れる。


要するに重曹に突っ込め、という事ですw



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

重曹 1kg【メール便送料無料!(代金引換・日時指定不可)】
価格:422円(税込、送料別) (2018/5/15時点)








amazonはこちら→ https://amzn.to/2rGXraR


爪はそのまま重曹に入れてもいいですけど、毛は半紙や折り紙、コピー用紙等のツルツルした面で包んであげると紙や重曹にくっつかなくて良いと思います。


サランラップやアルミホイル、ビニル袋などの通気性の劣る物はダメです。


通気性のある薄い紙が一番良いです。


時々、取り出して匂いをチェックしてみて、消臭効果が薄れてきたら、重曹だけを交換しましょう。


古くなった重曹は掃除に使えるので、捨てないでぇ。


茶太郎は、これで全く匂いがしなくなりましたよ(^^)


遺髪や爪の保存方法、重曹がおすすめです!

DSC01242済
※未掲載 2012年4月17日撮影


さて、いよいよ来月は茶太郎の五年目の命日です。


その頃にブログを更新しますので、来月も茶太郎をどうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m
[ 2018年05月15日 ]

五十八回目の月命日(後編)

五十八回目の月命日(後編)です。


更新、遅くなりました・・・(><)


今月は茶太郎の五十八回目の月命日があると同時に、今月二十七日は先ワンの命日があります。


2011年4月27日に虹の橋に行ってしまったので、丸七年が経ちます。

L03B0164_20180426114857395.jpg

生前の先ワンに対する自分の態度は後悔ばかりです。


もっと優しくすれば良かった、もっとかまってあげれば良かった、もっと大切にすれば良かった・・・他、後悔を挙げたらキリがありません。

その中でも後悔の最大の原因を作ったのは茶太郎です(-ー;


茶太郎と先ワンは犬猿の仲でしたので、甘えん坊の茶太郎が仮ママを独占してしまい、先ワンはママに近寄ることすら出来ませんでした。


いつも先ワンは、仮ママと茶太郎のことを少し離れたところから、寂しそうにじっと見つめていました。

2011_0415_224250.jpg

あの目が今でも忘れられません。

最大の後悔です。


先ワンだって茶太郎と同じように抱っこして欲しかったろうに、撫でて欲しかったろうに・・・・。


仮ママは茶太郎を最優先して、先ワンをないがしろにしていました。


茶太郎は先ワン以外にも犬自体が大嫌いだったので、多頭での生活は元々無理だったと思います。


仮ママに抱っこされた茶太郎に先ワンが近寄ったら、流血騒ぎになりました。

L03B0181_20180426113516fe5.jpg


茶太郎のほうが圧倒的に強かったので、茶太郎は無傷で先ワンが血まみれになっていました。


何度か茶太郎にやられた先ワンは血まみれの体でブルブルと震えて部屋の隅で小さくなっていました。


もちろん速攻で止めに入って、茶太郎を抱え上げて引き離しますけど、最小限の流血でもこんな状態になりました。


L03B0183_20180426113514a1f.jpg


本当に先ワンには可哀想なことをしました。


茶太郎のあの性格はどうすれば良かったのでしょうか?


躾とか訓練で改善できたのでしょうか・・・・。


でも茶太郎が悪いのではなくて、仮ママが悪かったのです。


ただ平等に接すれば良かったのです。

交代で抱っこするとか、いくらでも方法はあったのに、仮ママの考えが間違っていたのです。


茶太郎は先ワンより先に居なくなるから、今は茶太郎を優先して、茶太郎が居なくなった後で先ワンをたっぷり可愛がろうと思っていました。


先ワンは永遠に不死身であると思い込んでいたのです。


不死身な子なんて居ないのです、いつ何が起こるかわからないのです。


NEC_0758a_20180426115831307.jpg
(威張る茶太郎と気の弱い先ワンを捉えたナイスショットw)



それから多頭の場合、優先順位をつけてはいけないですよね。


仮ママは一生、死ぬまで、この後悔を背負い続けます。


明日の先ワンの命日も、先ワンに何かしてあげることもできないし、どうにもなりません。


元飼い主にネグレクトされて小さな頃から寂しい思いをしてきた先ワンは、寂しい気持ちのまま最後を迎えたのでしょうか。


茶太郎のことは精一杯大切にしてきたので、あまり後悔がなく、こうして毎月茶太郎のことをブログに綴ることが出来ます。

茶太郎は幸せだったのかな・・・・。

DSC00391a.jpg
※未公開画像 2011年11月撮影


最後までお読み頂きありがとうございました。


次回は平成三十年五月十四日前後に更新予定です。


これからも茶太郎を宜しくお願い致しますm(_ _)m



bana大
犬用医薬品個人輸入 http://doggy.ocnk.net/
[ 2018年04月26日 ]

茶太郎の五十八回目の月命日(前編)

本日、平成三十年四月十四日は茶太郎の五十八回目の月命日です。


茶太郎に銀狼小父様から月命日のメッセージを頂いたので、ご紹介いたします(^^)


おはよう、茶太朗くん また一ヵ月が過ぎたね

今日は君の58回目の月命日

先月挨拶したと思ったら、もう4月

あっという間に月日が流れるから・・・

もうすぐ雲の上で茶太君に会えるかもね



ところで春があっという間に通り過ぎて

いきなり初夏になっちまったけど雲の上はどんな様子だい?

今日、明日と春の嵐が来るらしいから吹き飛ばされないように

雲にしっかりしがみついているんだよ

じゃあ、また来月

茶太君の隠れファン   銀狼小父さん



銀狼小父様、今月もありがとうございます^^


本来なら、ここから仮ママが記事を書かせて頂くのですが、今日はまだ書きあがってません(><)

すみませんorz


今週中には書き上げてUPしますので、後編としてご覧頂ければ嬉しいです。


20120229 3
※2012年2月29日撮影


五十八回目の月命日(後編)へ続くぅ~



[ 2018年04月14日 ]

五十七回目の月命日とダウジングとアニマルコミュニケーションとヒーリング

本日、平成三十年三月十四日は茶太郎の五十七回目の月命日です。


このブログでは先月まで、五回にわたって捨て犬茶太郎の誕生日を検証するという記事を書いてきましたが、残念ながら茶太郎の誕生日はわからず仕舞いでした。


でも実は、全く方法がないわけでもないのだよ。


例えば、アニマルコミュニケーションという手法で、茶太郎の霊魂と会話をするという手段もあります。





しかし、茶太郎本人に誕生日を訊ねても、茶太郎自身が自分の生年月日を認識していなかったと思うので、この方法は現実的ではありません。


次に、ダウジングという方法があります。


振り子等のペンデュラムという物を手に持って、それに質問して「Yes」「No」の回答を得るという手法です。


原理はOリングと同じだそうで、今も昔も水脈や水道管を探し当てる用途で使われることが多いです。


このダウジングを使えば、茶太郎の誕生日を知る事が出来るかもしれません。


例えば、「茶太郎は1998年生まれですか?」と尋ねて、「No」だったら次に「茶太郎は1999年生まれですか?」というように、茶太郎の生まれ年を探っていき、次に同じやり方で月を確定し、その次に日にちを確定していくという方法です。


この方法が一番確実かもしれないと思い、仮ママはダウジングデビューを決めました。


ダウジングの本と、ダウジングに使う振り子的な道具をAmazonで買いました。


脅威のダウジング 2160円


ペンデュラム Mサイズ


特に良かったのは、この本です↓


エナジーダウジング

ダウジングは「Yes」「No」の回答を得るだけでなく、病気を治癒する事やチャクラのバランス調整も出来るそうで、この本の中にやり方が書いてありました。


チャクラや病巣の上でペンデュラムを持つと勝手に回転しはじめて、その部分に強力なヒーリングエネルギーが入るのだそうです。


ダウザーだけでなく、ヒーラーにもなれるとは凄い!!


もちろん、人間相手だけでなく、動物にヒーリングをすることも出来ますよ。


それから、アニマルコミュニケーションも出来ます。


「茶太郎は今、〇〇〇と思っていますか?」という質問をして、ワンちゃんの思考を読み解くことも出来るでしょう。


これは大変興味深い事を知ってしまった!と思った仮ママは熱心に本を読みまくり、ついにダウジングデビューを果たしたのです!!!!!


これで茶太郎の生年月日の検証が出来るのか?


ワクワクo(^-^)o


結果は・・・・・・・



チーーーーーーーーーーン・・・・・・・・・・・・。


使いこなせないっ( ̄▽ ̄;)!!


同じ質問をしても、毎回答えが違うっ!!!!!


・・・ダメだこりゃ(-_-;)


練習すれば使いこなせるようになるのかもしれないけど、今のレベルで検証には使えません。


でもこのダウジングというものは、とても面白いしマスターすれば人生が変わる程の効能があるので、引き続き練習をしていこうと思います。


興味のある方は、図書館で「エナジーダウジング」の本を借りてみて下さい。

あわよくば、茶太郎の生年月日の検証をお願いしたい(^^;


仮ママ自身も先ワンや茶太郎が今、どうしてるのか知りたいので、このダウジングというツールを使いこなして、子供達の情報を得られるように、たま~に練習していこうと思ってます。

何か進展があればお知らせしますね。


DSC00136済201803

可愛い茶太郎の画像を見付けちゃった!

というか茶太郎はいつも可愛かった(^^)


そんな可愛い茶太郎に銀狼小父様から月命日のメッセージを頂いたので、ご紹介いたします(^^)



茶太くん、おはよう 元気かい?

今日は君の57回目の月命日

ようやく春らしい暖かい日になったね

小父さんの街の桜も、ちらほらと咲き始めたよ

今週末には見頃になるだろうから雲の上から観ておくれ


そうそう、ママさんが数回かけて検証してきた
【茶太君の誕生日を突き止めろ】プロジェクト・・・

結局誕生日は分からなかったけど、この世に生まれ10数年を力いっぱい生き抜いた
それだけで充分立派だと思うよ

そんな君に会えたこと忘れないからね 

茶太君、大好きだよ、今までも、これからも

じゃあ、この辺で   また来月

茶太君の隠れファン  銀狼小父さん



銀狼小父様、ありがとうございます^^


次回は平成三十年四月十四日前後に更新予定です。


現在は現世(うつしよ)には居ませんが、魂は永遠ですので、これからも茶太郎を宜しくお願い致しますm(_ _)m



bana大
犬用医薬品個人輸入 http://doggy.ocnk.net/


[ 2018年03月14日 ]

茶太郎五十六回目の月命日  検証最終回

本日、平成三十年二月十四日は茶太郎の五十六回目の月命日です。


朝一でメッセージを下さった、銀狼小父様、ありがとうございました(^^)


さて、今回も前回の続きで、捨て犬茶太郎の「生年月日」を勝手な推理で検証して、お誕生日を明らかにしていこうという内容です。


前回までの内容はこちらからご覧ください↓
http://siawasedog.blog90.fc2.com/blog-entry-452.html



前回、横浜の小林さんが本当の飼い主さんではないか? という仮説をたてました。


そうであれば、小林さんが茶太郎を連れて行っていた動物病院に茶太郎の「生年月日」が登録してあるかもしれない、と仮ママは考えました。


茶太郎はミニチュアダックスフンドの純血種なので、血統書に生年月日の記載があったはずですから、飼い主さんであれば、茶太郎の生年月日を知らないはずはありません。


そんなわけで、横浜の小林さんの領収書の動物病院に電話してみました。


そうしたら、2006年のカルテというのはもう残ってなくて、パソコン上に登録データが残ってるのみ、という事でした。


生年月日はデータにありますか?と訊いたら、電話に出た女性スタッフさん曰く、

「本来は登録されているはずですが、茶太郎ちゃんの場合は「不明」になっています。」と。


何ですとーーーーー!!!!!

不明? なぜ???




仮ママ→「飼い主さんが把握していなかったのでしょうか?」と訊いてみたら、


「年齢は診断や治療に必要なので、必ずご確認頂いております。不明というのは当院の場合ですと、捨て犬、保護犬の場合に使用しております」


との事でしたぁ・・・・。



つまり、仮ママの推理は間違っていて、横浜の小林さんは本当に茶太郎を保護した人だったようです。



横浜に捨てられていた茶太郎を横浜の小林さんが保護して、その後、数年間は茶太郎と一緒に暮らしていたけれども、
病気ばかりの茶太郎の事をイヤになってしまって、最後まで自分が面倒みることはせずに、葉山の鈴木さんにバトンタッチしたのでしょう。


ところが安請け合いした葉山の鈴木さんも茶太郎をイヤになってしまって、ちばわんに引き取りを依頼したようです。



つまり茶太郎は「本当の元飼い主」→「横浜の小林さん」→「葉山の鈴木さん」→「仮ママ」というふうに、たらい回しにされてきたのです。



なんてかわいそうに。。。。



そして残念なことに、ここまで五ケ月に渡って検証してきたのに、結局のところ、茶太郎の生年月日はわからないまま、という結末になってしまいました。



あうーーーーーーーーーーーーーーー!!!!



無念!!!!!!!!


20120217 2
※六年前の今頃に撮影しました(2012年2月17日)


そんなわけで、これ以上の検証はやりようがないので、茶太郎のお誕生日は不明なままで幕引きとなりました。


ほんっとに残念です。

ここまでお読み下さった方々にも申し訳ない気持ちで一杯です。


こんなことになってしまって、すみませんでしたm(_ _)m



次回以降は茶太郎の別のお話しを書こうと思います。



次回は平成三十年三月十四日頃に更新予定です。


これからも茶太郎を宜しくお願い致します。


[ 2018年02月14日 ]

茶太郎五十五回目の月命日  検証四回目

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。


年賀状2018
※Facebookに公開した年賀状です。



さて、明日、平成三十年一月十四日は茶太郎の五十五回目の月命日です。


前回に引き続いて、今回は検証4回目です。


シリーズ化しているので、前の記事を読んでない方は、できれば1回目からどうぞ。


検証一回目 http://siawasedog.blog90.fc2.com/blog-entry-447.html


検証二回目 http://siawasedog.blog90.fc2.com/blog-entry-448.html


検証三回目 http://siawasedog.blog90.fc2.com/blog-entry-451.html


で、四回目の今回は前回に続いて、二枚目の紙の検証です。


この二枚目の紙は、「横浜の小林さん」の紙です。 


DSC_0670.jpg


今回、注目したのは、手書きで書き加えられた部分です。


この紙の上下に手書きの黒ペンで書き加えられた部分があります。


【2006年6.14 キヨケン】
【 〃 6.28 ゴシ】



日付の後のカタカナに、一瞬「????」となりますが、察しの良い方ならおわかりになるかもしれません。


これはおそらく、


「2006年6月14日、狂犬病予防接種】
「2006年6月28日、五種混合ワクチン接種】


という事だと思われます。



では、これを書き加えたのは誰か?というと、この領収書の持ち主「横浜の小林さん」ではなく、茶太郎を譲り受けたおばあさん、「葉山の鈴木さん」だと仮ママは思います。



推測でしかありませんが、鈴木さんは小林さんからこの領収書と共に茶太郎を手渡された後、注射関係はどうなっているのかと鈴木さんが小林さんに訊ねたのだと思います。


「後で調べて連絡する」と言われて、電話か何かで言われた事を、書き留めたものではないでしょうか。


領収書の下の【チャタロウ 男】 というのは、その時に、チャタロウという名前のオスだという事を、メモしたのでしょう。


つまり、「横浜の小林さん」は少なくても、「葉山の鈴木さん」に茶太郎を渡す2008年より二年も前の2006年当時から茶太郎と関わっていたという事になります。


茶太郎が尿石症だということを知っていて、二年以上前から茶太郎を知っているとすると、重大な仮説が導き出されます。



仮ママは、この人が茶太郎の元の飼い主さんだったように思えてしまうのです。



横浜で捨てられていた茶太郎を保護した小林さんが、自分の家では保護することが難しかったので、知り合いの「葉山の鈴木さん」に茶太郎を手渡したのかと思っていましたが、二年前の予防接種のことを知っていたとすると、話が変わってきます。


あくまで仮ママの勝手な推測でしかありませんが、「横浜の小林さん」が元々の茶太郎の飼い主でしたが、茶太郎の事をいらなくなってしまって、「葉山の鈴木さん」に引き渡したのではないか? と思うようになりました。



つまり、この二人は、捨てられていた茶太郎の保護に関わった人ではなくて、

茶太郎の『元飼い主』と『新飼い主』だったのではないでしょうか?



あくまで仮ママの仮説ですが、皆様はどう推理しますか?


1277_2018011301115954f.jpg
※2009年撮影


こんなに甘えん坊で可愛い茶太郎が事情はどうあれ、体調の悪い状態で、たらい回しにされてしまったことを、今でも不憫に思います。



次回は平成三十年二月十四日頃に更新予定です。


いよいよ核心に近づいてきたので、次回も検証を続けます。 


次回が最終回かな。


[ 2018年01月13日 ]

茶太郎五十四回目の月命日

本日、平成二十九年十ニ月十四日は茶太郎の五十四回目の月命日です。

銀狼小父様から凄いメッセージを頂いたので、紹介させて下さい。


茶太朗くん、おはよう

あっという間に一か月が過ぎ今日は君の54回目の月命日

あっという間にやってきた師走だね


今月の地上じゃ嫌な事件がいっぱいあったけど
雲の上は平和な世界なんだろうね


そうそう今月の茶太君仕込みの天体ショーは

ふたご座の流星群だったんだね


極大時刻は昼間なんであまりよくはないけど
夜は月が三日月程度だから、期待できるよね

小父さんも今夜屋上に行って空を見上げるからね


それじゃあ、この辺で

また来月くるからね


そしてちょっと早めだけど 「茶太朗君にメリークリスマス!!」


よいお年を


茶太郎君の隠れファン  銀狼小父さん
 


銀狼小父様、今年最後に凄いメッセージを茶太郎に下さってありがとうございます。


天体ショー・・・・・・・知りませんでした!!!!!!!


ちょうど12月14日の午前0時から24時位までが、一番見えるのですね。


ドンピシャですね!!


過去の12月14日にも「双子座流星群」があったそうで、丁度その茶太郎の月命日の12月14日の日の流星群の動画を見付けたので、記念(?)に貼っておきます。




銀狼小父様、教えて下さってありがとうございましたm( _ _ )m


きっと茶太郎が銀狼小父様に、日頃の感謝を表す為に、お星さまを届けようとしているのだと思います。


仮ママと違って(笑)、銀狼小父様なら気付いてくれる、わかってくれると思ったのでしょう。


やるな、茶太郎!!


今年最後の茶太郎からの御届け物、どうぞ受け取ってやって下さい。


銀狼小父様と茶太郎の間にだけ通じている「何か」が、お星さまとして具現化したんだ、と仮ママは思います。


銀狼小父様、いつもありがとうございます。 


来年も茶太郎をよろしくお願い申し上げます。


‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *‥…━━ *‥…━━ * 


さて、ここからは検証の続きで、今回は検証三回目です。


以前の記事を読んでない方は、こちらを先にお読み下さい。
http://siawasedog.blog90.fc2.com/blog-entry-448.html



茶太郎の保護には二人の「おばぁさん」が関係しているらしい、というところまで、話がわかってきました。


今回はその続きです。


時系列通り、一枚目の動物病院の領収書を検証して、最初に関わっていた「横浜の小林さん」について推理してみようと思います。


ちなみに、ちばわんか情報によると、時系列二枚目の「葉山の鈴木さん」が保護主で、おじいさんが脳梗塞になった為に茶太郎の面倒見られなくなった人・・・・・・・というだけで、「横浜の小林さん」に関しては、ちばわんも存在を知らなかったと思います。


ちばわんの人は「葉山の鈴木さん」宅に茶太郎を引き取りに行って、仮ママ宅に茶太郎を届けに来ました。


その「葉山の鈴木さん」から渡されたという事で、ちばわんの人から 『狂犬病予防接種済みの証明書が入ってますので保管してください』 と渡された封筒に、鈴木さんと小林さんの二枚の紙が入っていたわけですが、当時はちばわんも仮ママも中を確認しなかったのでしょうかねぇ。


鈴木さんの前の「横浜の小林さん」は一体、何者なのか?

茶太郎とどういう関係なのか? 今回はそれを検証しようと思います。



唯一の手掛かりである動物病院の領収書を見て下さい。

DSC_0670.jpg


特筆すべきは、明細欄の『犬C/D 3kg』です。


これは尿石症の犬用の療法食、ヒルズのC/Dというドッグフードの容量3kg分が処方されているという事です。


実際、茶太郎はストルバイト尿石症でした。


しかり仮ママは茶太郎を引き受けた時に、その説明を受けていなかったので、尿石症だということを知らずにいたら、うちに来てから四カ月位が経過した、ある日突然、茶太郎は血尿を出してしまい、びっくりして動物病院に連れて行って、ストルバイト尿石症だということがわかったのです。


ちばわんも当時の仮ママも、この領収書を良く見ていれば、茶太郎が尿石症だということに気付いたはずですが、双方とも、この領収書には全くといいほど注意を払っていなかったことがわかります。


それに引き換え「横浜の小林さん」は、茶太郎が尿石症だということを知っていたという事になります。


保護してすぐに「葉山の鈴木さん」に引き渡したというわけではなく、それなりの時間を茶太郎と一緒に過ごしていた人なのではないでしょうか?


実際にちばわんが接触した「葉山の鈴木さん」よりも、この「横浜の小林さん」のほうが、重要人物のように思えてきました。


どうやら核心に近づいてきたようなので、今回はここまで。


ここから先は次回にご期待下さい^^


‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *‥…━━ *‥…━━ * 


話は変わりまして、皆さん、年賀状の準備は終わりましたか?


まだの方、アニマルライツセンターのデザイン年賀状をぜひお使い下さい。


今年は四種類あります。 


PDFでダウンロードしてプリンターでそのまま印刷できます。


仮ママのお気に入りデザイン↓
201711192319_2.jpg


年賀状一覧とダウンロードはこちら→
http://www.arcj.org/information/00/id=1200



‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *‥…━━ *

それから、動物不使用のクリスマスケーキのご案内です。


まずは飼い主もワンちゃんも一緒に食べられる肉球ケーキ2種類の御紹介です↓

siawase.jpg
※価格 10cmミニサイズ 1950円(税込)  15cmレギュラーサイズ2700円(税込)


乳製品・ゼラチン・卵・砂糖等は一切使用していない植物性のケーキです。


070.jpg
※10cm 2,160円(税込)


この二種類のケーキは通販で購入できます。

ワンちゃんとシェアして一緒に食べられます。

小さめサイズで価格もお手頃なので、思い切って2種類買って、食べ比べてみてはいかがでしょうか?

「妖精の森」 http://www.yousei-no-mori.jp/category/27/



動物不使用ケーキ一覧を載せてるページを発見↓
http://style.vegewel.com/ja*/christmascake2017/


締切が過ぎていたり迫っているケーキもあるので、詳しくみて下さい。


仮ママがたまに行くT’Sタンタンのケーキもあります。
TSタンタン

http://ts-restaurant.jp/menu/cake/

全国の店舗で受取れます。三日前までに要予約。


ケーキだけでなく、動物不使用のディナーを作るのはいかが?
ビーガンクリスマス

ヴィーガンクリスマスレシピ https://ameblo.jp/vutiti/entry-12233756795.html


イベントに動物の犠牲はいらない
鶏さん


なので、 おせち料理にも動物の犠牲はいりません。

建福おせち
建福1

この二つは一段重ですが二段重も通販されております。ご注文はこちら→

送料無料!! おせち&オードブル一覧


おせちを自分で作る派の人はこちら→

ビーガンおせち

精進おせち
https://ameblo.jp/vutiti/theme-10077298277.html



ビーガンオセチ

ビーガンおせち
http://slowlife-sk9.blog.so-net.ne.jp/2013-01-01-01



そして、【精進レシピの四季折々の祝い膳】という本を買っておけば、おせち以外の季節のイベントも、全て精進料理で作ることが出来ます! 健康的で動物の犠牲なし。一冊いかがですか?

画像クリックでAmazonにとびます↓



そんなわけで、年末年始にむけ、動物の犠牲を減らしたい仮ママが三日かけて書いた茶太郎の五十四回目の月命日ブログは、これをもって閉じさせて頂きます。


この記事が本年最後の記事になります。


今年はチャンタクロースさんはお休みして、来年にはお披露目できるかな、と思っています。


次回は平成三十年一月一日の元日に新年の挨拶を、Facebookのお友達だけに公開しますね♪


このブログの次回の記事は、検証の続きを平成三十年一月十四日に書きます。


というわけで、Facebookまたは、このブログで来年またお会いしましょう。


平成二十九年の記事はこれで最後です。


そして来年も茶太郎&仮ママを宜しくお願いします(^^)/


L03B0109a.jpg

今年最後はチャンタクロースさんの画像で締めくくります☆彡


それでは皆様、良いお年を!!!!






[ 2017年12月14日 ]

茶太郎53回目の月命日

本日、平成二十九年十一月十四日は茶太郎の五十三回目の月命日です。


今月も銀狼小父様から茶太郎宛てにメッセージが届きましたので、ご紹介いたします(^^)


茶太君、おはよう

いきなり冬になったけど 元気に暮らしているよね

君の53回目の月命日は雨模様

しかも冷たい冬の雨

風邪なんかひくんじゃないよ

今年の残りもあとひと月半

来月はもう師走なんだね

残り少なくなった2017年だけど楽しく過ごすんだよ

それじゃあ、この辺で 

また来月会いに来るからね


茶太郎君の隠れファン  銀狼小父さん



銀狼小父様、今月もありがとうございます(^o^)/

ちゃんと茶太郎に読んで届けましたよ☆


で、本来ならここからは、茶太郎の誕生日の検証記事に続くところなのですが、もうすぐ毎年恒例の『毛皮反対デモ』の次期なので、今月はその告知の記事を書かせて頂きたいと思います。


検証記事は一回お休みさせてください。


それと、仮ママは先週末から自宅を離れており、家に戻るのは明日の予定なので、自分のパソコンが手元にないので、画像やらデータやらが使えない状態なのです。


そんなわけで、今月の記事は今週末にでも改めて掲載させて頂きますので、今日はこの辺で失礼させて頂きます。


週末または週明けにまた読んで頂けると嬉しいです。


こちらの都合で申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

では、また後日!
[ 2017年11月14日 ]

茶太郎52回目の月命日

本日、平成二十九年十月十四日は茶太郎の五十二回目の月命日です。


銀狼小父様から茶太郎宛てにメッセージが届きましたので、ご紹介いたします(^^)



茶太朗君、おはよう

君の52回目の月命日だね


急に寒くなったけど風邪なんかひいてないよね

体調崩して無いよね

体に気を付けて元気に暮らすんだよ


そうそう、ママさんによって始まった

茶太君の誕生に関しての検証・・・

なんだかとってもミステリアスだね

今後の展開が楽しみにしているからね


それじゃあ今日はこのへんで

また来月会いに来るからね


茶太君の隠れファン   銀狼小父さん




銀狼小父様、いつもありがとうございます(^o^)/


お誕生日のメッセージも含めると、約55本位は茶太郎にメッセージを頂いているのではないでしょうか?


現世(うつしよ)を去ってからも、こんなに長期間、沢山のメッセージを頂いているのは三千世界の中で茶太郎だけだと思います。


現世では苦労ばかりしてきた茶太郎だったけど、今居る世界では幸せを感じているような気がします。


こんなに想ってもらえたら、その想いのパワーが茶太郎を幸せな状態に導いてくれていると思います。


銀狼小父様をはじめ、今でも茶太郎にメッセージを送って下さる方々に、この場を借りて、仮ママからお礼を申し上げます。


茶太郎を幸せにしてくれて、本当にありがとうございますm(_ _)m



あまつさえ、仮ママがこうしてブログを細々と更新し続けられるのも、こうして今読んで下さっている方々の御陰ですので、
今読んで下さっている方にも御礼を言わせて下さい。


茶太郎はもう居ないのに、それでもこうしてブログを読んで下さって、ありがとう♥


本当に仮ママも励みになります。ありがとうございます。


もちろん、仮ママだって皆様に負けず劣らず、茶太郎の事を気に掛けてますよ。


ただ、「死んだ子の歳を数える」と良く言うと思いますが、茶太郎は捨て犬で年齢不詳の為、


「生きていれば●歳だったな~」と言う事が出来ないのですよね(><)



それって、ちょっと悲しい・・・・。



それもあって前回から、このブログで茶太郎の年齢について検証していこうという試みを始めました。



今日は前回の続きで、検証第二回目です。




前の記事の続きですので、前の記事を読んでない方は前の記事を先に読んで頂いたほうがいいかな、と思います。
http://siawasedog.blog90.fc2.com/blog-entry-447.html



前回の「葉山の鈴木さん」の謎を残したまま、二枚目の紙の検証に入ります。


DSC_0670.jpg

二枚目は一枚目よりも期日が10日ほど早い、2008(平成20)年、7月18日となってます。


(※一枚目は2008(平成20)年、7月28日)


つまり時系列で言うと、この二枚目のほうが先というわけです。


この二枚目も動物病院の領収書ですが、一枚目とは違う病院で、しかも飼い主の名前も違っています。


この時の病院は「横浜」で、「小林」さんという女性が飼い主になっています。


「葉山の鈴木さん」とは別人です。



住所と日付を考えると、恐らく、茶太郎を最初に保護した人が、この「横浜の小林さん」ではないか?という仮説が導き出されます。



であるとするならば、まず横浜で手紙と共に捨てられていた茶太郎を「横浜の小林さん」が保護し、
そのすぐ後で、小林さんから「葉山の鈴木さん」に茶太郎は渡されたという事になるのでしょうか?



茶太郎を保護した「おばあさん」と、おじいさんが脳梗塞で入院した「おばあさん」は同一人物ではないのですかね?


「おばあさん」は二人、存在したということでしょうか???



どうやら、茶太郎の保護に係ったと思われる人物は、「横浜の小林さん」と「葉山の鈴木さん」という「二人」居るという事になってきたので、ここから先は少し推理の展開が複雑になっていくと思われます。



次回はこの「二人」の存在について、検証していきたいと思います。


今日は「二人目の存在」を発見したという事を記事にさせて頂きました。


しかし当時の仮ママは、なぜこんな重大な「二人の存在」をスルーしてたのでしょうね???


茶太郎がやって来たので、それどころではなかったのでしょうね。


目の前の茶太郎に集中しなくてはならず、この事を深く考える余裕もなかったのだと思います。


そして、そのままこの二枚の紙の存在はすっかり忘れてしまっていたようです。


そんなわけで、紙が発見された今、次回も検証を続けていこうと思います。


次の茶太郎の月命日は平成二十九年十一月十四日です。


本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。


これからも茶太郎を宜しくお願い致しますo(^∇^)o
[ 2017年10月14日 ]

茶太郎のお誕生日(仮) 2017年

今日は茶太郎の誕生日(仮)です。


茶太郎は捨て犬なので、本当の誕生日はわかりませんが、茶太郎がうちに来た日を仮の誕生日としてました。


茶太郎のお誕生日に関しては、次回以降の記事で検証していきますので、今日はとりあえず年齢不詳のままでお誕生日(仮)をお祝いさせて下さい(^^)


本日も、茶太郎の為に沢山のメッセージが届いております。


茶太郎に、お誕生日のメッセージを下さった「麻美」様と、「かよぽん」様と、「銀狼小父」様、「Shizuka」様、ありがとうございます!



せっかくなので、メッセージを勝手に公開させて頂きますw



「麻美」さん↓
お誕生日おめでとうございます。いい1年になりますように^^




「かよぽん」さん↓ 
チャタちゃん、お誕生日おめでとう💐
虹の橋の向こうでお祝いしてるかな

※かよぽんさんの預かりブログはこちら http://chokoordinarydays.blog.fc2.com/  里親募集中だよ。



「銀狼小父」さん↓
はっぴぃ~ば~すでぃ茶太郎君
ママさんが見つけた書類の記載が確かなら
1995年生まれだった君の22歳の誕生日だね
茶太君にとって素敵な一年でありますよう祈っています
茶太君の隠れファン 銀狼小父さん




「Shizuka」さん↓
💕🐶💕茶太郎クン、ハピバ💕🐶💕
4月に虹の橋保育園に、ウチの子が行きました。腎不全で、その子の為にネットで色々調べているときに、仮ママさんと茶太郎クンのサイトに出会いました。どれだけ勇気付けられたか。。。遅くなりましたが、ありがとう🌺




ありがたいですね~。


茶太郎がこの世に居なくなって四年以上経つというのに、四名の方がメッセージを下さいました!


本当にありがとうございます!!!!!



今日は仮ママも、茶太郎にプレゼントを用意しましたよ。



銀狼小父様が2016年7月~2017年5月までの間、茶太郎に送って下さった「茶太郎への手紙」を動画にしたのです。



仮ママ&銀狼小父様、二人からのプレゼントということになりますね。



銀狼小父様、沢山のメッセージ、ありがとうございましたm(_ _)m



ちなみに、動画の最後のほうに出てくるフォトフレームをプレゼントしてくれたのが、今日の誕生日メッセージを下さった「かよぽん」さんです。



なにげに長いお付き合いで、嬉しいです☆


かよぽんさん、ありがとう(^o^)/


そんなわけで、茶太郎への手紙、誕生日ばーじょん2017を どうぞご覧くださいませ。


仮ママの並々ならぬ苦労の結晶ですw


※BGMは前回のお誕生日動画と同じ、アンドレギャニオン氏の「めぐり逢い」を使わせて頂きました。


それではどーぞ!!!!





銀狼小父様、ありがとうございました(^^)


これからも茶太郎を宜しくお願い致します。




以上で、茶太郎のお誕生日(仮)の記事は終了です。


最後までお読み下さってありがとうございました。


次回は茶太郎の月命日、2017/9/14頃に更新予定です。


茶太郎の本当のお誕生日(生まれ年)を検証していきますので、


数少ない茶太郎ファンの皆さま、これからも宜しくお願い致しますm(_ _)m


[ 2017年09月06日 ]

茶太郎44回目の月命日とバレンタインの涙

本日2017年2月14日は、茶太郎44回目の月命日です!!!!


メッセージを下さった銀狼小父様、ありがとうございました^^



茶太くん、おはよう まだまだ寒い日が続くね


節分を過ぎたから暦の上では春になったけど


本当の春になるのは、もう少し先になりそうだね


暖かくなるまであとひと辛抱


風邪なんかひかずに暮らすんだよ


そうそう、今日はバレンタインデー


チョコはワンコには毒になるからプレゼントにはもらえないだろうけど


せめてお祝いの言葉だけでもね


「ハッピーバレンタイン、茶太郎君」


じゃあ、また来月


茶太君の隠れファン  銀狼小父さん




L03B0519済201702
※未掲載画像 2013年2月5日13時26分 撮



そして、世間ではバレンタインデーだそうです。



今日は、この神国日本で女子から告白する日なんだってさ💔


・・・・この神の国でそんな事が許させるはずないのに(>_<)


日本の神々様は日本女性の堕落ぶりに、さぞ悲しんでいるはず。


大体、2/14って本来は男性から女性にプロポースする日のはずなのに、日本だけ、おかしなことになってる(T∇T)



そもそも、日本の神々様は日本書紀や古事記等で、ハッキリと宣言してます。



女性から男性に声を掛けてはいけない。




もし女性から関係を始めた場合は、その男女の間に生まれた子供は、障害者になると。


これ、強烈じゃないですか?


例えどんな状況であったとしても、女性から告白なんてしようものなら、その愛には代償を伴わせる、というのが神様の秩序らしいです。


男女の関係においては、神様の定めたルールがあって、男性が率先して女性にアプローチして、女性がそれに応えるという形で、関係をスタートしなきゃいけないよ、と。


それがこの神国日本の男女関係の秩序なのです。


そうしないと、四肢が欠損していたり(あわしま)、足腰が立たない子(ひるこ)が生まれると、書いてあります。


この件、できれば障害者を生んだ親に訊いてデータを採りたいです。


女性側から何かアプローチしませんでしたか?と。


ちなみに記紀だけではなく、日月神示にも男女の関係についての記載は多々あります。



【月光の巻】
今度の岩戸開きには ヒルコ産むでないぞ。アワシマ産むでないぞ


【春の巻 第二十五帖】
出足の港は夫婦の理(ミチ)からぢゃと申してあろう。
これが乱れると世が乱れるぞ。
神界の乱れイロからぢゃと申してあろう。
男女の道 正されん限り、世界はちっともよくはならんぞ。


【極めの巻 第六帖】
天が主で地が従ぞ、男が上、女が下、これが正しき和ぞ、さかさまならん、これが公平と申すものぢゃ


【黄金の巻 第七十二帖】
家の治まらんのは女が出るからぞ。夫立てると果報は女に来るぞ。



この中で、バレンタインデーに関連してくるのは

『男女の道 正されん限り、世界はちっともよくはならんぞ。』

だと思います。


つまり、女性から告白するという逆さまなバレンタインデーを正さない限り、世界は良くならないということではないでしょうか。


バレンタインデーを本来の、【男性からプロポーズする日】にしたら、結婚率が上がって、この狂った日本国が少しは良くなるのではないでしょうか?


提案します。



これから2月14日は【男性が女性に結婚を申し込む日】に制定しましょう!!



皆さま、この情報をツイッターやフェイスブックで拡散して下さいますよう、お願い申し上げますm(_ _)m



さて、ここで残念なお知らせがあります。



このブログのアクセス数が最近、著しく低下しており、仮ママが何時間も自分の時間を削って記事をかいても、今は見に来てくれる人が殆どいなくなってしまっている状況です。



そこで、暫くの間、記事の更新を茶太郎の月命日の一回だけに限定することにします。


その代わり、これからはもっと茶太郎の事を記事にしていきたいと思いますので、これからも茶太郎ブログを宜しくお願い致します。


そんなわけで、次回の更新は2017年3月14日頃を予定しています。



今日も最後まで読んで下さって、本当にどうもありがとうございました。



茶太郎&仮ママから、こころからの感謝を。



DSC01821_2017021421422600d.jpg
[ 2017年02月14日 ]

茶太郎43回目の月命日&毛皮に表示義務を求めるパブコメ!

あけましておめでとうございます。

今年も茶太郎を宜しくお願い申し上げます。



本日、2017年1月14日は茶太郎の43回目の月命日です。


メッセージを下さった、銀狼小父様、ありがとうございました^^


今年も茶太郎を忘れないでいて下さって感謝です!!



DSC01302済
※未掲載画像2012年5月4日撮影



・・・ちなみに、本当の新年は仮ママ的には旧暦元日なので、仮ママの新年はこれからやってきます。


今年は1月28日(土)なのだよ。



仮ママ的には1月27日に麻賀多神社で年末の大祓いをして、28日に成田山新勝寺の大日大聖不動明王様に参拝の予定です。



月の満ち欠けから考えれば旧暦のほうが自然なんですよ。


仮ママ的には旧暦重視です。



今年は酉年ということで、アニマルライツセンターではこのような↓啓蒙年賀状を作りました。


201611091830_1.png


鶏さんは卵だけでなく、体をバラバラにされて羽をむしられて殺され、その遺体を人間が貪り喰うという大変な犠牲を強いられている動物です。


そんな犠牲はいりませんね。


鶏さんを苦しめて卵を奪ったり、命を奪ったりする必要は全くありません。


我々人間のカラダは、卵や鶏肉を食べるようには作られていませんので、毒を盛るようなものです。


鶏さん


あぁ、痛かったね、怖かったね、苦しかったね。


ごめんね、人間のせいでこんなに苦しめてしまって。


次の干支までにはこんな犠牲を日本からなくすべきです。


我々一人一人が、卵や鶏肉を買わなければ、それで済むという簡単な話です。


15727270_1051014671687421_627241905495361354_n.jpg


丁度良いタイミングで、2017年は新しいことをスタートさせるのに適した年なのだそうです。


今まで卵や鶏肉を食べていた方は、旧暦元日の2017年1月28日以降、すっぱりやめてみてはいかがでしょうか?


2017.jpg


更に、今年は2000年に一度とも言われる奇跡的な年。


人種も種の壁も越えて、この奇跡の年を生きている全ての生きとし生ける命を愛そう、守ろう、大切にしよう。


今この世界に存在している事は尊い。


犬猫も牛も鶏もゴキブリも蚊も人間も全て同じ命。


日常生活から動物の犠牲をなくそう。


2000年に一度の今年を共に生きているだけで奇跡。


2017は奇跡



この奇跡を大切にしよう。まずは自分の身近な相手から。


動物を殺して食べることをやめよう(食卓を菜食に)。


皮製品や毛製品を買うのをやめよう。


動物園や水族館をやめよう(生き物の解放)。


ペットショップで買うのをやめよう(里親になろう)。


競馬やサーカス、闘犬、闘鶏をやめよう(動物は娯楽じゃない)。


これらを今年一年だけやめところで、あなたは死なないし何も失わない。


来年どうするかは、また来年決めればいい。


今年一年、この奇跡の年だけ、どうか仲間たちの命を犠牲にしない生き方を。




茶太郎も、そう願っていると思います。


DSC00467.jpg


そして、本日は大切なお知らせがあります。


皆様ご存知の通り、今の日本には毛や皮を使った商品の表示義務がありません。


獣毛か人工素材かさえも表示しなくて良いのです。


その為、沢山の犬や猫が毛皮にされ、「毛」や「フォックス」等として売られています。



そんな日本ですが、今政府がこれについて、今後どうするのか国民に広く意見を求めています。


パブリックコメントというものです。


なので、お手数とは思いますが、政府に対して、



「毛皮を使った商品に、毛皮であること、動物種、原産国、養殖・天然の別について表示義務を定めてください。」



という一文を送って欲しいのです。




平成29年1月20日(金)まで (必着)

「意見提出フォーム」

↑このページの一番下に「意見提出フォーム」というボタンがあるので、そこをクリックすれば送れます。


詳しいことはこのブログに載ってます。
http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-1792.html



どうか、宜しくお願い致します。


20131021205208cd5_201701142046518ea.jpg


次回は月末頃に更新する予定です。



本年も茶太郎ブログをどうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m





[ 2017年01月14日 ]

茶太郎42回目の月命日と毛皮反対デモ2016@東京

本日、2016年12月14日は茶太郎の42回目の月命日です。

今回も、銀狼小父様からメッセージを頂戴いたしました。

ありがたいですね。

皆様と共有したいので、掲載させて頂きますね♪


茶太くん、おはよう


先月のウルトラスーパームーンから、あっという間の一か月


君の42回目の月命日は季節外れの大雨だね


梅雨時のような優しい雨ではないけど


今日はママさん作の「雨音 茶太君バージョン」を久しぶりに聞きに行くからね


ところで茶太君が今月の月命日に、仕込んでいてくれた天体ショー・・・


ふたご座の流星群は今朝がピークだったんだけど、あいにくの雨で見えずじまい・・・残念!!!


でも、雲の上にいる茶太君にはよく見えたよね


今晩は晴れそうなんだけど、流星観測には天敵の満月だってさ


でも、小父さんも今夜は空を見上げてみるからね


今月はもう師走


あっという間に過ぎ去った一年間だね


いろんなことがあったろうけど、嫌な思い出は今年に置いて、いい思い出だけを持って年を越そうね


それじゃあ、この辺で


ちょっと早いけど


「茶太朗君にメリークリスマス!!」


よいお年を


茶太郎君の隠れファン  銀狼小父さん



昨夜~今夜も流星群があるのですね。 知らなかった!

そして満月も。


どちらにしてもお空の上で、茶太郎はロマンチックな夜を過ごすことでしょう。


仮ママも今夜はロマンチックな気分に浸ります。


銀狼小父様、素敵なメッセージありがとうございました^^

DSC01702.jpg

↑ この画像は2012年12月3日に撮影した未掲載画像です。


四年前の今頃に撮影したのですが、ボヤけているのでボツにした画像です。


写りは悪いですけど、貴重な未掲載画像を見付けたので、載せてみました。


30761998773_96576f0391_z.jpg


さて、話は変わって、先日12月11日は予定とおり「NO FUR WALK 2016」に参加して来ました。


5km位ノンストップで歩いたのかな? 


翌日は下半身丸ごと筋肉痛(笑)


足に溜まってた老廃物が流れたみたいで、リンパとかすっきりした!


本当に健康に良い(^^)


デモは沢山の仲間たちが力を合わせて、みんな頑張りました。


トラックを持ち込んで先導してくれた方と、沿道でチラシ配りしてくれた方々には特に感謝です。


昨日も断られても無視されても、それでも負けずにチラシを配り続けてました。


特に名古屋から高額な新幹線代をかけて参加して(夫婦二人で5万5000円だって!)、慣れない場所でチラシ配りしてくれたM夫妻には感謝しかない。


31455816151_123c0a40f7_z.jpg


それから肉食反対デモの時と連続で参加してくれた、同じく名古屋から来てくれたベジ漫画のNatsumiさん。


「関東に住んでるくせに参加しなかった人はなんなの!?」と思ってしまった(><)


それから事前準備の為に、プラカードを作ってくれたり、自分の時間や睡眠時間を削って全身全霊で広報してくれた方々。


当日の活躍の陰で、地道な活動をしてくれた仲間たちにも本当に感謝しました。


みんなの努力の御陰か天候に恵まれて良かったです^^


31199072170_f882a6f4e6_z.jpg


そして、いつも矢面に立って活動を引っ張ってくれている代表に心からの感謝を。


・・・この神国日本から全てのリアルファーがなくなるまで歩みを止めない。


これからも続けていこう。


31533479236_b19a0c01e8_k.jpg


最後に、こうして↑デモの先導と警備をしてくれた警察の方々にも御礼を。


毎年ありがとうございますm(_ _)m


267.jpg


目標の400人には届かたなかったけど、一人一人の思いが熱かった!!強かった!!


この267人は400人に匹敵するくらいの強い思いがあったと思います。


ご参加の皆様、本当にありがとうございました!!!!!!!


毛皮反対イベントは東京だけじゃなくて全国で開催されます。



■12月24日(土)神奈川県 キャンドルナイト☆どうぶつたちと共に@相模大野
https://www.facebook.com/events/1825610907712287/


■12月25日(日)兵庫県 クリスマスも毛皮にさよならキャンペーン@神戸三宮
https://www.facebook.com/events/1143391072449011/


■1月9日 (日) 愛知県 毛皮にさよなら!名古屋パレード2017
http://blog.goo.ne.jp/archubu/e/71d8bf115ce319cf1131d4c9069a71fb





そして、次回の茶太郎ブログの更新はクリスマス頃を予定しています。


本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました!!!


今後とも茶太郎と仮ママを、何卒よろしくお願い申し上げますm(_ _)m


[ 2016年12月14日 ]

肉球ケーキとオラウータン

ハロウィンが終わって、世間はクリスマスモードに突入してますね。


100円ショップのクリスマスグッズのクオリティの高さに毎年おどろいている仮ママです。


そしてクリスマスといえばチャンタクロースさん。


仮ママがチャンタクロースさんになりかわって、クリスマスに役立つお買い物情報をお伝えしたいと思います。



まずは飼い主もワンちゃんも一緒に食べられる肉球ケーキ2種類の御紹介です↓

siawase.jpg
※価格 10cmミニサイズ 1950円(税込)  15cmレギュラーサイズ2700円(税込)


乳製品・ゼラチン・卵・砂糖等は一切使用していない植物性のケーキです。


070.jpg
※10cm 2,160円(税込)


この二種類のケーキは通販で購入できます。

ワンちゃんとシェアして一緒に食べられます。

小さめサイズで価格もお手頃なので、思い切って2種類買って、食べ比べてみてはいかがでしょうか?

「妖精の森」 http://www.yousei-no-mori.jp/category/27/




続いてローソン宅配で買えるクリスマスケーキ二種類です(送料は価格に含まれています)。


店頭に行って、カタログから申し込むかLoppiという端末から申し込むようです。


いずれも小麦・乳製品・ゼラチン・卵等は一切使用していない植物性のケーキです。


delivery_09_img.jpg
delivery_09_ex.jpg


delivery_05_img.jpg
delivery_05_ex.jpg


申し込みには期限がありますので、ご注意下さい。

http://www.lawson.co.jp/recommend/xmas2016/delivery.html#delivery



続いては、事前予約して、クリスマスにコンビニ店頭で受け取れるケーキです。


宅配の送料分が割り引いてあるので、少しお安く購入できます(宅配も可能)。


いずれも小麦・乳製品・ゼラチン・卵等は一切使用していない植物性のケーキです。



o1000062213788094414.jpg
※ローソン  「フルーツケーキ5号」
http://www.lawson.co.jp/recommend/xmas2016/reservation.html#reservation



o0960040013788092886.jpg
※セブンイレブン  3085円(税込) 「米粉と豆乳クリームのケーキ 5号」


o0960040013788093007.jpg
※セブンイレブン  3370円(税込) 「米粉と豆乳ココアクリームのブッシュドノエル」


セブンイレブン http://www.sej.co.jp/products/christmas/original.html



そして、ローストチキンとかケンタッキーとか、動物を酷い目にあわせて虐殺した物を食べる人には、こちらのクリスマス用オードブルセットをおすすめします。

main_20161104111910911.jpg


肉・魚・卵は使っていませんが、乳製品は使っているので植物性ではありません。
しかし、虐殺されている動物の命の数を少し減らすことができます。

肉を買う人にはこちらのほうがマシです。

かるなぁ https://www.karuna.co.jp/cgi-bin/db_t/list.cgi?id=306



「妖精の森」と「かるなぁ」は、植物性食材が沢山あるので、買わなくてもサイトを見ているだけで充分に楽しいです。

ぜひ見てみて下さい☆彡




しかし、ここにご紹介したケーキ等には、残念ながら全て「パーム油」が使われています。


ですので、買わない&食べないに越したことはありません。


というか流通している加工製品には全てパーム油が含まれています。


なので、パーム油と牛(乳)や豚(ゼラチン)や卵のケーキを買うのか、パーム油だけのケーキを買うのか、その二択だったら、パーム油だけのほうが、まだマシというだけの話です。


100%植物性でパーム油を使わないケーキを自分で作るか、そもそもケーキなんてものは食べないか、そのほうが良いです。


パーム油というのは原材料の欄に「植物油脂」と書かれている製品、全てに含まれています。


パーム油の何が悪いのか知らないという人はこちらの記事をご覧ください↓



「森の人」オランウータンの命が、森で奪われていくという事実


「虐待によって絶滅に近づくオラウータン」



「女性オラウータンは体中の毛を剃られて壁に鎖でつながれ長年レイプされる」


パーム油を採る為に、オラウータンの住む森は破壊され、オラウータンは害獣とされ、木刀や石で何度も何度も殴られて殺され、女性のオラウータンはレイプされているのです。


オラウータンは森がなければ生きていけません。


人間はケーキがなければ生きていけないのでしょうか・・・?



今まで知らなかったという方は、これから買い物をするときに「植物油脂」と書かれた製品を買わないという選択を。


4902188120586_1_500.jpg
9881e599.jpg


スジャータ(めいらく)の豆乳ホイップも100%植物性ですが、植物油脂にパーム油が入っています。
※この商品の植物油脂は、ナタネ油、ヤシ油、パーム油の混合です。


植物性だから動物を犠牲にしていないかというと、そうではないのです。


動物達がいかに人間の生活の不必要な犠牲になっているかということを知って下さい。


我々の生活に動物の犠牲は必要ありません。


肉・魚・卵・乳製品・砂糖・はちみつ・パーム油・皮革・羽毛は沢山の動物達が犠牲になっています。


動物を犠牲にしないアニマルフリーな生活スタイルを「ビーガン」と呼びます。


特にビーガンなんて呼び名をつけなくても、ビーガンが人間の本来の生活スタイルであるべきだと思いませんか?


パーム油のことを知っても「植物油脂」が入った製品を買うのか、やめるのか、減らすのか、選択するのはあなた次第です( ̄□ ̄)




次回は茶太郎の月命日の2016/11/14頃に更新します。


最後まで読んで下さって、ありがとうございましたm(_ _)m


[ 2016年11月04日 ]

茶太郎を解剖

いまだに、小学校や中学校では動物の解剖実習が行われているのだそうです。

なんてむごい事を子供にさせているのでしょう。

こういうことに加担した子供はメグリ(カルマ)を背負います。

将来や子孫に生き物殺しの罪が影響します。


この動物の解剖実習は本当に必要なのでしょうか?


それをしないと生きていけないのでしょうか?


そんなことありませんよね。


ということは・・・・


無駄に動物の命を奪っているという事です。



もし「茶太郎くんを学校で解剖したいので、殺させて下さい」と頼まれたら、仮ママは断固お断りいたします。


絶対にそんなことの為に茶太郎を渡さないし、殺させません。


皆様はいかがですか?


自分の家族が学校の解剖実習の為に殺されるとわかっても、差し出しますか?


答えは全員「NO!」ですよね。


自分の家の子じゃなければ、差し出しますか?


それもしないですよね。


何の役にも立たない学校の解剖実習の為に、命を犠牲にするなんて、バカらしい、必要ない!と思いますよね。


どうしてもやりたいなら、立体模型でも使えばいいと思いますよね。


清心女子学院
※清心女子高等学校のHPからの画像です。


↑このカメさんは、こんなむごい事をされる為に生まれてきたわけじゃない。


このように、学校で殺される動物はカエル、カメ、ウサギ、ニワトリ、ブタ等、沢山います。


仮ママが子供の時はブタさんでした(><) 
物凄く臭くて気持ち悪くなってしまったことを覚えています。


img_1.jpg

↑このカエルさんも、どれほど無念だったでしょう。



しかしながら、文部科学省はどうやらこの解剖実習を増やそうと企んでいるらしいのです。


理科教育の方向性として、「実験・観察を重視する」ということを言っていて、これは解剖実習促進にもつながりかねません。


そのことについて、今文科省が国民に広く意見を求めています。


今ここで、我々が「動物解剖は必要ない」という意見を文科省に届けないと、無駄に殺される動物の数が増える可能性があります。


なので、一人でも多くの人が文科省に「動物解剖実習は残酷なのでやめて下さい」という意見を送る必要があります。


1000文字まで送れますが、一言でもいいです。


意見を送れる期間は、2016/10/7(金) 迄の期間ですので、お急ぎ下さい。


このサイト↓の下側にある「意見提出フォームへ」という黒いボタンを押すと意見が送れます。

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=185000847&Mode=0




本文の最初に、【意見の分類11】と書いて、「生き物の解剖実習の禁止を求めます」みたいな事を書いて下さい。


11というのは「理科」についての意見を述べるということです。


この分類番号がないと受け付けて貰えないかもしれないので、注意して下さい。



たったこれだけなので、1分で済みます。




JAVAさんのサイトに詳しく載ってますので、参考にしたい方はこちらもどうぞ。



http://www.java-animal.org/campaign-kaibou/


20120301 2済み


どんな生き物の命も茶太郎の命と同じ、かけがえのない「たった一つの命」です。


無駄に殺される為に生まれてきたわけじゃない。


茶太郎を解剖する為に殺すなんて言われたら冗談じゃない!


1分で済みますので、どうか意見をお願い致します。



今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。


次回は茶太郎の月命日に更新します。


[ 2016年10月03日 ]

参拝のお誘い

明後日の9月18日(日)、成田市の天之日津久神社に参拝に行き、御神酒を作ってこようと思います(笑)

便乗したい方、いらっしゃいましたら、ぜひご参拝にいらして下さい。


お神酒が欲しい方には今回無料でご奉仕させて頂きます。

お神酒にしたい日本酒を各自、神社にご持参下さい。


main_img_top_20160815185705e74.jpg


私はお昼頃から夕方まで居る予定です(雨が降り始めたら帰ります)。


最初の2時間で降神の儀を執り行い、祓戸の神々様、麻賀多神社之神々様、天之日津久之大神様神々様、神社にいらっしゃる全ての神々様を御呼びして、お酒を奉納し、お神酒に変えて頂きます。


御神気を受けたい方、ご持参のお酒をお神酒に変えたい方はお昼前にいらして下さい。


お酒の奉納はご本殿か天之日津久社様で行いますので、できれば私が祓戸社からご本殿に移動するまでの間に、お声掛け下さい。


「ブログみました~」でOKです。


特に、お神酒が欲しい方は、日本酒のご持参と神社への初穂料(壱萬円程度)をくれぐれもお忘れなく(日本酒には奉納の熨斗紙を予め巻いておいてください)。


今月はまだ一度も参拝していないので、茶太郎との思い出の地へのご参拝を楽しみにしています。


良い参拝が出来るといいですね^^


あっ!!!! 今週末もまたプラネタリウムに行けない(><)


[ 2016年09月16日 ]

次のブログ更新日

前回の記事で次回の更新は2016年8月末頃か、もしくは2016/9/14の茶太郎の月命日頃です、的な事を書きましたが、間違いです。


訂正します。


次回の更新は、2016年9月6日の茶太郎の誕生日頃にさせて頂きます。


大変失礼いたしました。



茶太郎の誕生日をすっかり忘れていて、今日思いだしたので。



こーゆー時は、誰かつっこんでくれても良かったですよwww



というわけで、次回、9月6日頃をお楽しみに!!



宜しくお願い致します^^


[ 2016年09月01日 ]

38回目の月命日と茶太郎の噛み付き

昨日、2016年8月14日は茶太郎の38回目の月命日でした。


メッセージを下さった方、ありがとうございました。


昨日は茶太郎達を連れて、また麻賀多神社に参拝に行きました。



早速、例の送迎ボランティアのご依頼を頂いたのです。


福岡県から飛行機で成田空港にいらした女性の方でした。


道中、沢山おしゃべりできて楽しかったです^^


もちろん、茶太郎の月命日だったので、神様に茶太郎があの世で幸せに暮らせるようにお導きを乞いました。


main_img_top_20160815185705e74.jpg


さて、38回目の月命日は茶太郎が仮ママを大嫌いになってしまった理由をお知らせしようと思います。


茶太郎は我が家に来てから、段々と仮ママへの恐怖心が募っていったらしく、徐々に仮ママに噛み付くようになりました。


うちに来てから一年位たった頃からでしょうか・・・仮ママに噛み付くことが多くなり、その期間は1~2ケ月間ほど続きました。


最初の半年間位は会陰ヘルニアの手術をしたりして、弱気だったので、噛むような気分にはならなかったのかもしれませんが、
元々、理由もなく噛むような子ではなかったと思います。


でも、仮ママの茶太郎に対する対応が悪かったせいで、徐々に茶太郎は不良犬へと変貌してしまったのです。


NEC_0817.jpg


仮ママが茶太郎のことを怒ってばかりいたのが原因だったと思います。



最初のうち、仮ママは茶太郎が可哀想で不憫で仕方なかったので、茶太郎を怒ることは全くしませんでした。


しかし慣れてくるにつれて、仮ママは茶太郎を怒り始めました。


なんで仮ママは怒るようになったのかというと、茶太郎が分離不安症で、不安になるとすぐ吠える子だったからだったように思います。


会陰ヘルニアには吠えることが一番よくないのです。


折角、会陰ヘルニアの手術をしたのに吠えてしまっては、またお腹の筋肉や腸に負担がかかって、会陰ヘルニアが再発してしまうと思ったのです。


それで茶太郎が吠える度に、茶太郎を怒ってしまったのです。


吠えるのはいけないことだと茶太郎に教えようと思って、そのためには吠えた時に怒るのが一番良いと、間違った教育をしてしまったのです。


可哀想な事をしました。


無知だった仮ママは、怒ることで分離不安症を抑えられると思っていたのです。



信頼していた飼い主に、ある日突然捨てられて、酷い裏切りを受けて心が傷ついて、誰も頼りにすることも出来ず、
独りぼっちになってしまった可愛そうな茶太郎を、怒ってしまうなんて、仮ママは鬼以上に酷い人でした。


NEC_0808.jpg


そうやって毎日怒られてるうちに、茶太郎は仮ママに恐怖心を抱くようになりました。



当たり前のことだと思います。



誰も頼ることが出来ない孤独な茶太郎としては、いつも怒られ続けていては、仮ママを怖い人だと思うのは自然だと思います。



そうやって、茶太郎は仮ママのことを「怖い人」と思って、自分の身を守るために徐々に仮ママを攻撃するようになっていきました。



普段は可愛らしい茶太郎でしたが、仮ママが怒ると茶太郎は体をブルブル震わせて歯をカチカチさせるので、仮ママはそこを更に「何だ!その反抗的な態度は!」と、茶太郎の口元を指でつっついたりはじいたりして、虐待していました。


仮ママに虐待され続けた結果、茶太郎は自分を守るようになっていったのです。



暫くは茶太郎が吠える→仮ママ虐待→茶太郎が噛むという流れを繰り返していたのですが、このままではいけないと気付いた仮ママは、吠えるのをやめさせるのではなく、吠えない様に常に茶太郎の視界の中に居るようにすることにしました。


分離不安症で吠えるだけの茶太郎は、不安にならなければ吠えないので、これで悪循環を断ち切ることが出来ました。


もう分離不安症をどうこうしようという考えはやめました。



NEC_0728.jpg


茶太郎が吠えなければ仮ママが怒る必要はないし、怒られなければ茶太郎が噛むこともありません。



しかし仮ママに怒られ続けていた茶太郎は仮ママを大嫌いになってしまっていたので、仮ママが茶太郎に許される事はあったのかなかったのか・・・。


茶太郎の心の奥底はわかりませんが、間違いなく言えることは、茶太郎には仮ママよりももっとふさわしい人が家族になってあげるべきだったということです。


嫌いな仮ママと最後まで一緒に暮らさなければならなかったなんて、茶太郎にとっては辛い修行のような犬生だったと思います。


それでも茶太郎は本当にいい子で居てくれました。


これ以上ないほどに仮ママに一日中べったりで、いっぱいいっぱい甘えてくれて、本当に可愛くて可愛くて、この子の為なら、どんなことでも出来ると思いました。


しかし、茶太郎が一番望んでいたであろう、本当の家族になってくれる里親さんを見付けてあげることは出来ませんでした。



本当に可哀想なことをしました。


今となっては、どう償えばいいのかわかりません。


茶太郎は今頃、あちらの世界で仮ママをどう思っているのでしょう。


NEC_0697.jpg


↑ こんな顔して仮ママを怒ってたりして・・・・・。



本日も最後まで読んで下さってありがとうございました。



仮ママのような酷い人は滅多にいないと思いますが、もし仮ママと同じような過ちを犯しそうな人が居たら、その方の参考になればと思い記事にしました。



茶太郎のような酷い目にあう子が一人でも減れば。。。と思います。



次回の更新は月末頃か、来月の茶太郎の月命日かどちらかになります。



皆様、仮ママのことは「コイツめ!!」と思っても、今後とも茶太郎のことは何卒よろしくお願い申し上げます。



[ 2016年08月15日 ]

茶太郎38回目の月命日

今日は茶太郎の月命日です。


仮ママは茶太郎とワフを連れて、これから麻賀多神社の天之日津久社に参拝に行ってきます。


月命日のブログは今夜か明日に更新しますので、しばらくお待ち頂ければ幸いです。


よろしくお願い申し上げます。
[ 2016年08月14日 ]

茶太郎と毎月の新しい習慣を始めました。

報告が遅くなりましたが、日月神示が初めて天之日津久社に降りた日に仮ママは毎年、天之日津久社に参拝に行っているのですが、今年は日月神示の研究者の黒川先生とお会いすることが出来ました。

20160610.jpg

覚えていますか? 茶太郎が生きている時、2013年に茶太郎が黒川先生と仮ママのご縁を取り持ってくれました。


その時の記事はこちら↓です。


茶太郎の御陰です


20130326180238a64_2016073023384098c.jpg



麻賀多神社に行くたびに、茶太郎と一緒に来た時のことを思いだして、今は亡き茶太郎の姿を探してしまうのです。



黒川先生の執筆された本はAmazonで購入したり、図書館に取り寄せしてもらうことができます。




ちなみに今回、お会いした時に黒川先生は、茶太郎のことを良く覚えていてくれて、黒川先生のほうから茶太郎の話題を出して下さいました。


茶太郎が虹の橋に旅立って行ったこともちゃんと覚えていて下さっていて、仮ママに犬の預かりはもうしていないのか、とお尋ねになりました。


仮ママは、今は預かりはしていないと答えました。



もう少ししたら、ワンちゃんの預かりをしようと思っています。



ちゃんと決まったら、このブログで報告させて頂きますね。



ワンちゃんの預かりの他に、仮ママにはもう一つ決めたことがあります。



それは、茶太郎や先ワンと一緒にこれから毎月、麻賀多神社(天之日津久社)に月参りを始めることです。



2016年に入ってからは5月に2回、6月に2回、麻賀多神社に参拝させて頂いておりましたが、7月からは意識して毎月1回は必ず参拝させて頂くことに決めました。



茶太郎の月命日にいつもメッセージを下さっている方を見習って、毎月一回は子供達と一緒に偉大な天之日津久社様に参拝に行くことにしたのです。



ちなみに茶太郎が生きていたころの天之日津久社と現在の天之日津久社はだいぶ、様子が変わりました。



before
20100415_821676_20130326185141_20160730233842de7.jpg


after
makata.jpg




そして、月参りするだけでなく、参拝ボランティアも始めることにしました。




ボランティアは以下の4つの項目を行う予定です。



①道案内します

神社の場所がわかりにくいので、車や電車でいらっしゃる方がスムーズに来られるように事前にご説明いたします。車のない方には駅からの送迎もします。



②境内の案内をします

麻賀多神社は広大な敷地内に摂社末社として11社もの御社が点在していて、全部を見付けて順序良く参拝するのは至難の業ですし、天之日津久社には独特の参拝作法がありますので、神様に失礼のない作法で参拝できるようにご案内いたします。



③観光アドバイス

せっかく麻賀多神社に行くんだから、周辺の観光をしてみたいという方には、おすすめの食事処や温泉、ショッピングスポット、宿泊施設等をご紹介いたします。
また、実際にお会いする機会があれば先着10名様に「るるぶ」の成田ガイドブックを、無料で差し上げます。



④神札の郵送

神棚に祀る神札は、通常は神社に参拝して社務所等で譲り受けるものですが、遠方に住んでいらして毎年は参拝できないけど、自宅で天之日津久の神様や麻賀多の神様をお祀りしたいという方の為に、仮ママが社務所に行って神札を受け取って、それをご自宅に郵送します(恐れ入りますが、送料と神札の実費分はご負担ください)。
郵送できるのは画像の二種類の御札のみです(天之日津久社と麻賀多神社)

DSC02278_201607310053452d0.jpg



以上は全てメール等で出来るボランティアなので、恐らくFacebookや無料のホームページサービス等を利用してWEBサイトを作って、そこにお申し付け頂くような形にすると思います。



そういうサイトが出来たらお知らせしますが、その前にご利用になりたい方は、Facebookのほうにご連絡頂ければと思っています。



仮ママがこういうボランティアをすれば、今まで交通の事情で麻賀多神社に来られなかった方々や、いらしてもちゃんと参拝できていなかった方々と、神様のご縁を結ぶお手伝いになるのではないかと思うのです。



茶太郎が生前、何度も参拝していた麻賀多神社ですから、仮ママが少しでも神様のお役に立てれば茶太郎も喜んでくれるし、あちらの世界での茶太郎の立場が良くなったらいいな、と思います。


ちなみに今後の月参りは、大宇宙神祭の8/8、 日月神示で示されている9/18、 ミロクの世に突入する10/18、に行います。


これは予定ではなくて確定です。 


皆様もこの日はお仕事を休むか、仕事前の早朝に参拝することをおすすめします。


人生で最も大切なことは神祀りです。 特に平成28年10月18日は、人生で最も重要な日です。



新暦10月18日と旧暦9月18日が重なる日というのは、2016年以前は1951年、以後は2035年になるので、100年に1~2回しかやってこないとても重要な日なのです。


こういう日月神示に示されている日に、きちんと神様に感謝し神祀りをすることが、人間として最低限のやるべきことなのではないでしょうか。


NEC_1084済み
※未掲載画像 2011年1月19日22時頃撮影




そんなわけで今回の記事では、仮ママが今後ワンちゃんの預かりを始めることと、麻賀多神社への月参り&ボランティアを始めることをお知らせ致しました。


最後までお読み下さってありがとうございました。


次は茶太郎の月命日、2016/08/14頃に更新いたします。




[ 2016年08月02日 ]

動物のお買い物

前回のブログで茶太郎の三年祭という節目を記事に出来たので、今回はちょっとお休みモードの記事を書かせて下さい。


以前からご紹介している画家の瓜生(うりゅう)先生の絵がTシャツになりました。


ワンちゃんのお散歩やオフ会等に着て行ったら注目されること間違いなし!!


41oY5MDldCL.jpg

416OByfGpAL.jpg


このTシャツ、裏面はなんと!!!

416MjyC0YFL.jpg


このTシャツを着て、ホームセンターとかのペットショップに立つというアクションはいかがでしょう。


瓜生先生のTシャツはこの他にも沢山のデザインがありますし、長袖や片面だけのものもあります。


両面プリントで半袖のTシャツは2580円です。


Tシャツ以外に、バッグも iPhone ケースもありますよ。 バッグは1680円です。

41O6+PsdGJL.jpg



Amazonで購入できますので、ぜひ、Amazonを見て下さい。  ⇒  瓜生先生の作品 Amazon




このような動物に関するTシャツやグッズは瓜生先生だけでなく、Animal Rights Center の通販でも購入できますので、併せてご紹介いたします。


201605210014_3_20160701225244930.jpg

他の動物のデザインや白いTシャツも沢山あります。

animal-rights_n745p93jtr_2_20160701225246150.jpg

この毛皮のTシャツは1,000円とお安いので仮ママも購入しました。 残りわずかで再販しないので、欲しい方はお急ぎ下さい。

animal-rights_nhynq1iaj5.jpg

このバッグも別のデザインやカラーが豊富ですので、ぜひYahooショップをご確認下さい。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/animal-rights/


100円なので、会報も買って下さい。 凄い情報量ですよ、絶対に後悔しません。 


他には特にオススメなのはこの缶バッジです↓ 200円です。
animal-rights_nqd1sv4g0v.jpg

この缶バッジは沢山のデザインがありますので、たくさん買ってバッグにつけてお出かけしよう!!


ちなみにARC以外にも動物の缶バッジやTシャツをを売っているネットショップが2件ありますので、併せてご紹介させて下さい。


20131030_a1d758.jpg

これは↑「さっち~の缶バッジ」という検索で引っかかるネットショップです。


1つ190円で沢山の種類があります。 1500円以上で送料無料になりますので、仮ママは色々なデザインを各1個ずつ10個買いました(^^)


このショップからお求め頂けます↓↓↓

http://goodstuff.ocnk.net/product-list/3/0/photo



20150205_b45aa9.jpg

瓜生先生のTシャツを着て、バッグにこの缶バッジをつけたら完璧ですね♪


ちなみにこのショップではパッと見では動物とはわからないセンスの良いTシャツやバッグも売っています。

http://validity.ocnk.net/product-list/9/0/photo


缶バッジは1つ200円前後なので、お友達へのちょっとしたプレゼントにも良いかもしれませんね。


以上、今回はいつもと違って茶太郎は出て来ませんでしたが、皆様にとって有益で実用的な情報をご紹介させて頂きました。


いかがでしたでしょうか。


次回は茶太郎の37回目の月命日に更新しますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。


NEC_0453済み201607


本日もお付き合い下さいまして、ありがとうございましたm(_ __)m






[ 2016年07月01日 ]

忠犬 茶太郎の涙

前回の記事の続きです。



前回の記事では、茶太郎がトライアルを失敗して仮ママ宅に戻ってきた理由を書きました。



今回はその後日談です。




茶太郎は里親さんを大好きになってしまって、生涯一緒に暮らせると思っていたらしく、仮ママ宅に戻って来てから、大好きな里親さんと離れてしまって軽いウツ状態になってしまいました。



ずーっと玄関の前でお座りして、里親さんが迎えに来てくれるのを待っている毎日が続き、玄関の外で足音がするとバっと凄い勢いで飛び上がって、玄関ドアに向かって懸命に吠えたりする毎日が続きました。



その寂しそうな後ろ姿を見ていることしか出来なくて、仮ママは辛くて辛くてチャタを撫でながら泣くことしかできませんでした。


NEC_0530済み201606



あんなに大嫌いな散歩にも毎日5回も6回もチャタ自ら出かけて行き、外で里親さんを探して歩くのです。



遠目から里親さんに似た風貌の人(帽子を被っていて体型の似てる人)を見かけると、悲鳴のような甲高い泣き声で吠えながら急ダッシュして駆け寄ろうとするので、仮ママもそれに付き合って走ったりしました。



その里親さんに似たの人の近くまで行って、その人の匂いを確認して「違う」とわかると、誰が見てもわかるほどにガッカリして、うなだれてトボトボとまた歩き始めるのです。



茶太郎が一日に何度も行きたがった場所は、里親さんが送って来てくれた駐車場です。



当時は某JR駅前のアパートに住んでいたので、そのアパートから少し離れた場所にある駐車場に、里親さんは一時的に車を停めて、茶太郎と一緒に歩いてウチまで来て下さったので、茶太郎はその駐車場に里親さんが待っているのではないかと思って、一日に何度もその駐車場に里親さんを探しに行っていたのです。



茶太郎は仮ママのことは本当に苦手だったので、仮ママとまた一緒に暮らさなくてはいけないということを認めたくなかったのだと思います。



必ず迎えに来てくれると信じたかったのだと思います。



そんなふうに里親さんを待って待って待ちわびる日々は3か月以上も続きました。


NEC_0529済み201606



3か月位経った頃からか、積極的に探しに出掛けることをやめ始めて、散歩のついでに探すというような行動に徐々に変わっていきました。



それでも里親さんに似た人を見掛けると、やっぱり立ち止まって耳を持ち上げて鼻をヒクヒクさせてガン見したりして、いつまでも微かな期待を持ち続けていました。



たった2週間暮らしただけなのに、忠犬ハチ公にも負けないほどの忠犬だった茶太郎の気持ちを想うと、仮ママは今思い出しても涙が止まらないほど、茶太郎が不憫で可哀想で仕方ありませんでした。



里親さんからはその後も茶太郎の様子を尋ねて下さる内容のメールを何度も頂いたので、このことをお話ししておきました。



里親さんも「予想していました・・・」と、茶太郎のことを憐れんでくれました。



この件は、茶太郎が言葉では言い表せないほど深く傷つき、里親さんもまた傷つき、仮ママも苦しみ、散々な結果になってしまいました。


NEC_0534済み201606



ただでさえ、元飼い主に捨てられて心に傷を負ったばかりの茶太郎を、仮ママのせいでまた追い打ちをかけるように傷つけてしまったことは、本当に茶太郎に申し訳なく、仮ママは海よりも深く自分を責めるしかありませんでした。



この時に仮ママは、いつか茶太郎が仮ママを許してくれて、そして心の傷が癒える時が来るように、茶太郎を二度と傷つけず、大切に大切にして、何よりもどんな事よりも茶太郎のことを最優先していこうと誓いました。



可哀想な茶太郎に仮ママがしてあげられることは、日々の暮らしの中で茶太郎に身を捧げて尽くすことだと思ったのです。




この件は、思いだしても憂鬱だし、文章にするという作業も辛かったし、読んで下さっている方もきっと憤りや茶太郎への憐れみを感じたりして、気分の良い内容ではなかったと思います。


・・・・すみません。



しかし、茶太郎の歴史の一部であるこの話題を避けることは、茶太郎が生きていた証を消してしまうように思えたので、敢えて書かせて頂きました。



2008年11月のことなので、8年も前のことですが、今でも細かいことまでハッキリと覚えているほどの出来事でした。



NEC_0535済み201606




茶太郎、本当にごめんなさい。 


仮ママがもっと注意して色んな事を想定していれば未然に防げたことなのに、仮ママが至らなかったせいで茶太郎に辛く悲しい思いをさせたね。


本当にごめんね。



今思い出しただけでも心が張り裂けそうに苦しいよ。



里親さんに会いたくて会いたくて、必ず迎えに来てくれると思って、毎日毎日待ち焦がれながら心の中で涙を流していたことを仮ママは知ってるよ。



チャタは本当に辛くて悲しかったよね。



仮ママは痛いほどにチャタの気持ちがわかったし、とても反省してチャタのことを大切に想うようになったから、虹の橋から仮ママを許して下さい。



茶太郎・・・本当にごめんなさい。



NEC_0528済み201606



以上がトライアル失敗の顛末です。



茶太郎の忠犬具合がわかって頂けたかと思います。



どんなワンちゃんもそうですが、茶太郎にとっても、自分の家族が世界の全てだったのです。




今回の記事はこんな内容で本当に心苦しいですが、何卒ご容赦下さい。




ちょっとだけ気を取り直して、以下、告知です。



今月、沢山イベントがあります。


13124499_1035362843218589_312973173.png


動物はごはんじゃないイベント



http://www.hopeforanimals.org/demo/



京都・川越・東京・大阪で開催されます。


京都 2016/6/4、 川越 2016/6/11、 東京 2016/6/12、 大阪 2016/7/17です。


仮ママは子供達の遺骨を連れて東京に参加します。 


毎度ぼっちなので、どなたか一緒に参加してくれる方、いらっしゃいませんでしょうか。


13307480_1055184517903088_3279065607234688377_n.png


東京は2部制になっていて、昼と夜、両方あります。


http://www.arcj.org/information/00/id=885



ホームページよりも、FBのほうが見やすいかもしれません。

https://www.facebook.com/AnimalRightsCenter/




ベジ漫画ナツミさんのブログでも紹介されていますし、説得力があるので、是非ご覧くださいませ。

http://vegemanga.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/64612-c200.html




996688_10204370632825743_70313480_3.jpg



最後までお読み下さってありがとうございました。



次回は茶太郎の3年目の命日、2016/6/14に更新します。



これからも今は亡き茶太郎と全ての命を宜しくお願い申し上げます。






[ 2016年06月01日 ]

茶太郎の34回目の月命日

本日2016年4月14日は茶太郎の34回目の月命日です。


今ちょうど桜の時期なので、茶太郎達に桜を見せに行ってきました。


そんなわけで、前回の過去ブログの続きはお休みして、桜を見て喜ぶ茶太郎の姿をご覧ください。


(※白っぽい巾着は先ワンの牙が入っていて、青っぽい巾着には茶太郎の爪が入っています。)


DSC_0167.jpg

まず1か所目の公園にて。


DSC_0169.jpg

2か所目の公園にて。


DSC_0170.jpg

3か所目の公園にて。


DSC_0171.jpg

この3か所目の公園では手に届くくらいまで枝が下がっている木があったので、桜の香りを嗅ぐことができました。


DSC_0176.jpg

これは道を歩いていて偶然みつけた道端の桜です。


DSC_0177.jpg

これも突然ポツンと現れた一本だけの桜です。花びらの色がピンクじゃなくて白でした。


DSC_0178.jpg

これはこの時期に毎日見ているうちの隣の公園の桜です。
うちの窓から見えるし茶太郎も生前いつも目にしていました。


DSC_0179.jpg

そして、桜の時期には茶太郎の大好きだった「キイチゴ」も花を咲かせます。
キイチゴの木はあまりにも増殖しすぎたので、昨年の年末に少し間引きをしてみました。
日光が良く届くようになったので、今年は良い実がなるかもしれません(^^)



ちなみに桜が咲くほど暖かい時期でも茶太郎は寒がって布団に入ったままのことが多かったです。

NEC_1283済み
※2010年4月18日16:22撮影



もう一枚、写りが悪くて未掲載だった画像を見付けたので見てやって下さい。

NEC_1326.jpg
※2010年4月30日撮影


2010年ってもう6年も前の写真なのですね。 

床がキレイでビックリ。 

茶太郎が居なくなってからは床も汚れ放題だし、ゴミ屋敷になってしまっていますが片付ける意欲がないのです・・・・。


いつの日かうちが片付く日は来るのでしょうか・・・。


気分が落ち込んできたので話題を変えて、仮ママが今ちょっと気になっている話題を。


・・・話はホントに全然変わって、カレー屋さんのCoCo壱番屋というチェーン店が動物性不使用のベジタリアンカレーというのを全国112店舗で取扱始めたそうなのですが、千葉県は皆無なんです、一店舗もベジカレーを扱っているお店がないのです。


神奈川にも埼玉にも群馬にも栃木にもあるのに、千葉と茨城だけはゼロ。


なにゆえ!?


全国のベジカレー実施店舗一覧はこちらをご覧ください↓

http://www.ichibanya.co.jp/comp/whatsnew/20160404vejitariankare-wo112tenpodehanbaikaisi.pdf


東京と愛知は凄い数ですね。羨ましい。


自分のお住いの地域にベジカレーがない方は仮ママと一緒にココイチに連絡しましょう。


ソイミートのカツとか唐揚げも作って下さい、と言えば尚可です。

お問い合わせ http://www.ichibanya.co.jp/contact.html



以上です。


最後になりましたが、本日の茶太郎の月命日にメッセージを下さった皆様、ありがとうございました。


そしていつもこのブログを読んで下さって、茶太郎を忘れずに居て下さる方、本当にありがとうございます。



次回はGWの前、今月末頃に更新しますので宜しくお願い致します。



[ 2016年04月14日 ]

節分に豆まきをするのは悪魔の企み。

更新が遅くなって申し訳ございません(T_T)


今日は節分です。


節分とは文字通り、『節を分ける』ということですが、何の節を分けるというのでしょうか。



2013年の今頃も「節分に豆まきをしてはいけない」という記事を書きましたが、今読み返しても良く書けているので、ちょっと修正して再掲します。



豆蒔きと雑煮の本当の話 by仮ママ



昔むかし 神代(かみよ)の時代、正しい神様が正しく世の中をおさめていました。


この正しい世の中というのは全ての生きとし生ける物達が調和した世界です。


誰も無駄に誰かの命を奪うという行為は行われていませんでした。


全ての生き物たちが美しく幸せな日々を送っていました。



しかし悪い神様たちは居心地が悪い思いをしていました。


なぜなら、この悪い神様たちは正しい神様とは反対に、動物を殺してその死骸を喰うことが大好きだったからです。


悲鳴をあげて逃げ惑う動物達を八つ裂きにして、その血と肉をむさぼることが生き甲斐だったのです。



今でも悪い神を祀っている神社では動物の死骸を奉納したり、生き物を殺す神事をする神社がありますし、西洋の悪神は悪魔と呼ばれ、牛や羊の頭や血液を祭壇に備える儀式が行われています。




しかし正しい神様は、悪魔たちが動物達を殺したり苦しめたりすることを決して許しませんでした。



そこで悪い神様達は相談して、みんなで正しい神様をやっつけて、自分達悪神が世の中をおさめ、生きとし生ける物達から自由を奪って殺してその死骸をむさぼる世の中をつくろうと決心したのです。



ある日、いよいよ悪神は行動を起こしました!!



悪神は正しい神様を誘拐して、北東の方角の岩の中に閉じ込めることにしました。



そして悪神は北東に他の神々様が近付かないように 「北東には鬼が住んでいる」 と、ウソを言いふらし北東の方角を「鬼門」と名付け、正しい神様をそこに封印したのです。



だから鬼門というのはもっとも尊い場所なので「汚してはいけない」と言われているのです。



鬼門の岩に封印された正しい神様は悪神に「いつここから出してくれるのか」と、聞きました。


すると悪神は、炒った豆を投げ付け、「この豆に花が咲くときが その時だ!」と言いました。



炒り豆には 花が咲くどころか、芽も出ません。



つまりそれは、永遠に正しい神様が復活する事は出来ない・・・ということを暗示しているのです。



悪神は正神が封じ込められた岩に向かい大声で、炒り豆をぶつけ始めました。



「鬼は外~~~!!! 福は内~~~!!!!!」



ずるがしこい悪神は正しい神様を 【鬼門の鬼】 に仕立て上げ、自らを「福の神」と称して、自分の手下達に言いました。




「これから毎年、節を分ける日には、炒った豆を投げて、鬼は外、福は内と叫ぶのだ。
お前達が炒り豆を蒔き続ける限り、決して正しい神の世が復活することはない」




つまり、煎り豆で豆まきをするのは、正しい神様を封印し続ける為の儀式というわけなのです。



それでも、悪い心を持った手下達が改心して良い心を持ってしまった時に、煎り豆で豆まきをしない日が訪れる時の事を心配しはじめました。


そこで悪神達は更に、正しい神様の体を切り刻み、その内臓を「煮込み」にして、悪神たちで食べてしまう事にしました。




悪神はこの出来事を「臓煮(ぞうに・雑煮)」と名づけ、自分達の手下である悪い心を持った神達に覚えさせ、正しい神が決して世に出ることがないように、この臓煮という行為を毎年、年の初めに行い続けるように、言い渡しました。




悪い神様に支配された神たちは、正しい神の力が最も強くなる時期に、この雑煮を食べ続け、悪神への忠誠を親子何代にも渡って示し続けました。


今でも正しい神を憎み、悪神に従う悪神の子孫達は、正月になる度に「臓煮」を行い、正しい神様の内臓を喰らって正しい神様を封印し続けているそうです。



これが臓煮と豆まきの本当のお話です。




あなたがもし、雑煮を食べたり煎り豆まきをしたりする人であれば、あなたは悪神(悪魔)の子孫もしくは手下なのだと思います。



動物を苦しめて殺すことを悪いと思わない人は、悪神達とともに雑煮を喰らい豆まきをするのでしょう。



反対に犬や猫の殺処分やブリーダーに反対したり、動物実験や毛皮や肉食に反対するのであれば、悪神とは手を切らなくてはいけません。



悪神達の企みにのっかって、正しい神様を封印し続けていてはいけないのです。




正しい神様が岩の中から復活すれば、この世から動物の苦しみはなくなり、生きとし生ける全ての生き物たちが幸せに調和する「ミロクの世」が訪れます。



正しい神様が復活したら、悪神の所業を決して許さないからです。



ですから、少しでも「動物や人間同士の監禁や虐殺やイジメはないほうがいい・・・」というお考えの方は、雑煮を食べたり煎り豆まきをしてはいけません。



豆まきをしたい人は、煎っていない生豆で豆まきをするというのは大丈夫かもしれませんね。



我々は正しい神様を一日も早く岩の中の封印から解放するように働き出でなければいけません。



煎り豆を撒いたり、雑煮を食べるのは動物殺しの世の中を作り上げる行為だということをお友達に教えてあげてください。




・・・それにしても、なぜ正しい神は悪い神様に負けてしまったのでしょうか。


正義は勝つのではないのでしょうか。


正しい神様には正しい神様のお考えがありました。


悪神たちの心の改心を待とうと。


長い時間がかかるだろうが、それでも必ず悪い心を自ら正す日がくると。


悪神を成敗してチカラで屈服させるような行為は、結局、悪神たちが動物達にしている事と同じになってしまうからです。


正しい神様は悪神に加担した神々の子孫達が、心を正す日の訪れを岩戸の中で待つことにしました。



この正しい神様の御神名は、我が日本国の国祖神、「国常立尊(クニトコタチノミコト)」様と言います。



この神様が日本国を生み出した神で、日本国の最高神です。


やがて昭和という時代が訪れ、悪い心を持った悪心の子孫達は改心するどころか、ますます世の中を乱し、地球そのものが絶滅の危機に。



そこでクニトコタチ様は、岡本天明という神職に、乱れた人間の心を正す為のメッセージを送りました。



これが「日月神示(ひつくしんじ)」と呼ばれる神様からの手紙です。



このメッセージが一番最初に降りた場所が千葉県成田市の「麻賀多神社(まかた)」で、仮ママが住んでいる地域の鎮守様です。



縁もゆかりもないこの土地に、何かに導かれるように6年前に仮ママは引っ越してきました。



誰も知り合いもいないし、住んだこともない土地ですが、今思えばこの正しい神様にお導きを頂いたのでしょう。



仮ママはこの神社に何度も参拝させて頂き、そして神前で額づいて、こう申し上げるのです。



『私は一人でも多くの人間を改心させます。神様と人間の御神縁を結ぶお手伝いをします。
一日も早く正しい世の中にします。その為にこの身、この魂(たま)、いかようにでも御遣い下さい。』と。


main_img_top_20160114210647f04.jpg


この日月神示には人間としての正しい生き方が書いてあります。



この神示を読まなければ、仮ママは自分が悪神の手下として生きているという事を気付くことなく、「自分は何も悪い事はしていない」と思って生きていた事でしょう。



日月神示は、悪神が支配する今の世の中ではいけないと言っています。



正しい世の中とは万有和楽・地上天国、病気も悩みも争いも何もない、善だけの世だと。



それは人間が改心すればそれだけで実現すると。



その為には朝から寝るまで、人間はどのようにして日常生活を送れば良いのか、という指針が書いてあります。



自分は何も悪いことはしていないと思って生きている人が、臓煮や節分や鬼門など、悪神たちにすっかり支配されて、むしろ正しい世の中になることを妨害しているのではないでしょうか。



正しい世の中、善一筋の世の中に犬・猫の殺処分も肉食も動物実験も存在しないのです。



ひょっとしたら、あなたの日常の行為は、知らず知らずのうちに悪神を褒め称え、正しい世の中になることを妨げているかもしれません。



あなたの生き方のせいで、今の犬猫の殺処分があるのかもしれません。



捨てる人が悪いとか売るショップが悪いとか、その前に、なぜそんな世の中になってしまっているのか、何がそうさせているのか、その根源を知ることも大切なのではないでしょうか。



そしてそんな世の中にしているのは、気付かぬうちに悪神に加担している自分自身かもしれない、という可能性を感じてみてください。




日月神示を読まなければ、正しい生き方はわかりません。



わからないまま生きるということが、正しい世の中になる為の妨げになっているのかもしれません。



どうか可愛そうな動物達の為、「殺処分のない世界」の訪れを妨害することをやめましょう。



1日も早く神示を読んで、仮ママと一緒に正しい世界の復活の為にに力を尽くしましょう。



神様も仮ママも茶太郎も生きとし生ける全ての生き物が、あなたが神示を読むのを待っています。


DSC01810済み20160203
※未掲載画像  2013年2月3日15:54 麻賀多神社にて撮影。  偶然居合わせたヤエモン君と。 



DSC01826_20160203184420ea8.jpg
※未掲載画像 2013年2月4日 10:16撮影


   



次回は茶太郎の月命日、2月14日頃に更新します ^^


[ 2016年02月03日 ]

茶太郎、初詣に行く! 麻賀多神社

今日2016年1月14日は茶太郎の今年初めての月命日でした。


年明け最初の月命日なので、茶太郎の初詣について書きたいと思います。




お正月なので、子供達の遺骨?を連れて麻賀多神社に参拝に行ってきました。


麻賀多は「マガタ」じゃなくて「マカタ」と読みます。濁点はつきません。


麻賀多神社は恐らく日本一、有名な神社ではないでしょうか。



でも「日月神示」の神社というだけしか知らない・・・という方もいらっしゃるかもしれませんので、このブログで何度も説明していますが、改めてご説明させて頂きたいと思います。



main_img_top_20160114210647f04.jpg


麻賀多神社は千葉県成田市にあります。



本殿の他に、末社の「天之日津久社」というのがあり、この末社のほうが有名なのです。



終戦間際の昭和二十年頃に、この神社に参拝していた神職の「岡本天明」という人物に突然、「アメノヒツクの神」という神が憑依して、自動書記で神様からの神示を書き始めたのです。



その神示には、人間の生き様が神様に逆らうものばかりなので、人間に対して神様がお怒りになっているということが書かれていました。



神様が何を怒っているかというと、人間の食生活についてなのだそうです。



人間の体は、動物を食べるようには作られていないのに、人間が肉食をしているルール違反を怒っているのだそうです。



非常に厳しく怒ってます・・・。



人間は決して動物を喰らってはいけないと。



例え天変地異が起きて、人間が食べるべき植物が地上から全てなくなってしまったとしても、どんなに飢え死にしそうになっても、そのような状況でも絶対に絶対に動物を殺してはいけないと。


天変地異で食べ物がなくなった場合は、「土を掘って木の根でも食うておれ。死にはせぬ」と神示に書いてあります。



地上に植物がなくなったら地下の植物を喰べろと仰っているのです。



そんな状況でも動物を食べてはいけないのに、「これほど五穀や山のもの与えているのに、獣(ケモノ)喰らうとは何事ぞ!」と怒っているのです。


しかもただ神様が怒っているだけじゃなくて、このまま人間が動物を喰らい続けていると、宇宙が大爆発を起こして、全てが「無」になってしまうのだそうです。



なぜなら地球は宇宙の浄化機関なので、地球の秩序が乱れると地球の働きがストップしてしまい、宇宙に廃棄エネルギーやゴミが溜まりまくって、しまいには大爆発を起こすのだそうです。



地球の秩序というのは「生きとし生けるものが調和する秩序」なのだそうです。



肉食動物は肉食をし、草食動物は草食をすることにより、調和が保たれるのだそうです。



人間だけがこの調和を乱しており、それは人間全員の連帯責任だと。



仮ママ達がいくら肉食をやめて正しく生きていても、日本人の一人でも肉食をしたら、調和が乱れてしまい、仮ママも責任を負わなければならないというのです。



調和というのは全てが同じにならなければ調和はされず、一人でもズレたら「不調和」になるわけです。



肉食をしている人は「別に誰かに迷惑かけてるわけじゃないし、自分で食べたい物を食べればいいじゃない」と言います。

でも、あきらかに宇宙全域に大迷惑を掛けているのです。



日本人の一人でも肉食をしたら、宇宙が大爆発して地球も全ての生命も、何もかもなくなってしまのです。



これではきちんと神様のいう事を聞いている仮ママは被害者になってしまいますね。



そんなわけで、肉食は自分の問題ではなく宇宙全体の問題なので、自分個人の考えや感情で肉食を正当化して動物の死骸を喰らっている人は今すぐ心を入れ替えなくてはいけません。



「宇宙がなくなっても死ぬときはみんな一緒だし、それはそれでいいよ」
という人にお尋ねしたいことがあります。


なぜ、そこまでして動物を苦しめて命乞いする動物を殺して食べるのですか?


なぜ、そこまでして動物を食べる必要があるのですか?


体に悪いのに食べたいと思うのは、覚せい剤と一緒です。



神示にはこう書かれています→


「憑き物がたらふく喰うておるのがわからんのか」



まるで自分が食べたくて食べてると思っていたら大間違いです。


動物の死骸を食べたい人には「憑き物」が憑依していて、その憑き物が食べているだけであって、本人は食べたいわけではないのです。


「自分が食べたいから。美味しいから」と、思っている人は大きな間違いですよ。


憑き物にいいように操られているだけなのです。



憑き物如き低級の入れ物になって人生を終わらせる為に、この世に生まれてきたのではないはずです。


憑き物の憑依を浄化して、2016年は正しく神の道を一緒にすすみませう。



自分に低級な憑き物がついているかどうかわからないという人は自分の食べてるものを見ればわかります。


そこに動物の死骸はありませんか?


動物の死骸を食べても平気でいられる人は間違いなく憑き物に憑依されています。


憑依されていない人は動物の死骸を見るだけでゾッとします。




スーパーの肉売り場なんて地獄絵図にしか見えません。


とても正視できません、本当です。





せっかく新年が明けたのですから、今年こそは憑き物とはおさらばしちゃいましょう。



ちなみに憑き物とおさらばするのに強い意志とかは必要ありません。



本読むだけで自然と憑き物が離れやすい環境を自分で作るようになります。



図書館にリクエストして日月神示の解説本を読んでみて下さい。



1円なのでアマゾンで買ってもいいですね。


   




2016年は生きとし生ける全てのものたちが、恐怖や苦しみを感じることなく、生まれてきて良かったと思える世の中にしていきましょう。


自分がどう思うかではなくて、相手がどうなのか、食べられる側の立場にたてれば調和は可能だと思います。



2016年こそ生きとし生ける全てのものたちの調和をめざしましょう!


どうかご協力ください(^^)



DSC00438.jpg
この本読んでね↑
[ 2016年01月14日 ]

茶太郎の年賀状2016

新年あけましておめでとうございます。


茶太郎が虹の橋に行ってしまってから、3回目の新年でしょうか?


茶太郎の年賀状を作りましたよ。


2016茶太郎


仮ママ渾身の一作です。



そして今年のブログを始める前に、昨年のことで一つお詫びがあります。


2015年はクリスマスにチャンタクロースさんを披露しなくて本当にすみませんでした。


楽しみにして下さっていた皆様、誠に申し訳ございませんでした。


深海よりも深く深く反省しています。


今年、2016年は12月24日午前0時に必ずチャンタクロースさんを披露します!!


絶対に約束しますので、仮ママのせいでチャンタクロースさんを見捨てないで下さい(><)


今年のクリスマスはどうぞご期待下さい(^^)



それでは昨年のお詫びを済まさせて頂いたので、茶太郎の年賀状を続けさせて頂きたいと思います。


その2です↓



2016茶太郎a


こちらは未掲載画像から年賀状にした貴重な1枚(笑)です。 

正面を向いていて、可愛く撮れています。



まだまだ年賀状は続き、その3です。


死骸2016


申年なんで、サルの食生活について仮ママからのメッセージを盛り込んでみました。


ゴリラやチンパンジーの絵をかく時に、誰もがリンゴやバナナの絵を添えたことがあるでしょう。


その情報は正しくて、サルたちは基本的に菜食がメインなのです。


「お肉を食べないとチカラが出ないし、体格が大きくならない」と言っているアホな人はゴリラをどう説明するのか?



人間よりはるかに逞しく、チカラが強いゴリラは菜食ですよ。動物の肉なんて食べませんよ。 



あんなに体が大きくて破壊力抜群な象も同じく菜食です。



サルと消化器官が同じなのに人間が動物を食べる必要なんて全くないのです。


我々の体は菜食が自然で、体の仕組みに合っていて、それ以外の物を食べると体が壊れて病気になるのです。


2016年こそ、全ての地球人が肉食をやめなくてはいけません。



つづいて最後の年賀状には先ワンも載せてみました。

ワフチャタ2016


車に乗って嬉しそうな先ワンと、微妙な表情の茶太郎w

先ワンが近くにいると茶太郎が不機嫌になるのはいつものことですね(^^;


今回の年賀状も、わざとではありませんが、選んだ写真がそうなってしまいましたw



そんなわけで、このブログを訪問して下さっている皆様に、茶太郎の年賀状を届けさせて頂きました^^



茶太郎はもういないのに、いつもご訪問下さって、本当にありがとうございます。


皆様にとって本年が実り多い年であることをお祈り申し上げます。


本年も茶太郎を何卒よろしくお願い申し上げますm( _ _ )m




[ 2016年01月01日 ]

眠くなった茶太郎が眠りにつくまで

今日は過去の画像を探していて偶然発掘した、2011年のちょうど今頃の茶太郎の未掲載画像を掲載させて頂きたいと思います。


2011年12月3日の24:50頃に撮影したものです。



DSC00427_2015113023133572c.jpg



カメラ目線なのではなくて、仮ママに「もぉ、眠くなってきたでしゅ」と訴えているところです。



DSC00431.jpg


時間も時間なので、本格的に寝ようとしているようです。



DSC00429.jpg


欠伸までしてます。 決定的瞬間を撮りました。


DSC00428.jpg


もう、本格的に眠くなってきて、目を開けているのもやっとのようです。



DSC00434.jpg


何か深刻な悩みを抱えているようにも見えますが、ただ単に眠いだけです(笑)



DSC00438.jpg


仮ママがわざと本を置いて寝させない様に試みました。



DSC00439.jpg


仮ママの企みをもろともせずに、本を載せたままの状態で眠ってしまいました。


今思い出してもとても可愛くて愛おしい瞬間です。


以上はすべて未掲載の画像でした。



だんだん眠くなっていく茶太郎の様子が画像で残っていて良かったです。




これ、動画で撮っておいたら良かったですね。


画像だとパラパラ漫画みたい。



なんかこうして茶太郎の未掲載画像を探して、ブログに載せている作業は、茶太郎が生きていた頃を思い出して、泣いてしまのです。


茶太郎のことをブログに載せている時には、いつもそばに茶太郎が居たから、今こうして同じ作業をしているのに、茶太郎が居ないことが悲しくて辛くてたまりません。


この画像なんてもう4年も前に撮った画像なのに、つい最近のことのように思えるのです。


今この部屋に茶太郎が居ないことが不思議だし、不自然だし、納得できないのです。



泣き過ぎて鼻水も涙も止まらなくて、鼻をかみすぎて鼻の下が痛いです。


それでも涙も鼻水も止まってくれません。


泣いたってどうにもならないし、泣けば泣くほど余計に悲しくなるのに、なぜこんなに泣いてしまうのでしょう。


もう茶太郎が居なくなって30カ月も経とうとしているのに、悲しみは少しも癒えることなく、毎日毎日思い出しては毎日泣いてしまうのです。


本当は茶太郎と先ワンに逢いに、早く虹の橋に逝きたいです。


虹の橋では絶対に逢えると思うから。


いつの日かまた子供達と一緒に暮らせる日が来ると確信しているし、それが今の生き甲斐なのです。


死ぬことが生き甲斐というのは何とも不思議な感じですが(笑)


それまでは子供達と夢の中で逢えることを願うだけです。


皆さんの夢の中に、もし茶太郎が登場したら、仮ママに茶太郎の様子を教えて下さいね。


あちらの世界では茶太郎を大切にしてくれる、本当のパパとママになってくれてる人と一緒に暮らしているといいな。




次回は12月14日に更新します。



[ 2015年11月30日 ]

【重要】昨日の記事の続き。パブコメの書き方

前回の記事の続きです。 前回の記事はコチラをご参照下さい。


家畜の改良増殖について、国が10年後の目標を定める為に、国民から意見を募集しています。


現在、掲げられている骨子案についての意見を求めています。

●「家畜改良増殖目標(骨子案)
●「鶏の改良増殖目標(骨子案)



国が考えている骨子案というのが、酷過ぎるのです。



今の家畜の扱いは動物虐待以下のホントに酷いものですが、それに輪をかけて酷いことをしようとしています。


穀物菜食が食性の人間に、家畜なんて必要ないのに、人間の薄汚い欲の犠牲になって監禁・レイプを繰り返されたあげく、最後には無残に殺される動物たちの事を思うと、自殺したくなってきます。


動物達のことを考えると、今こうして自分がのうのうと生きている事がとても耐えられない。


どんなに酷い扱いをされても人間に決して逆らわない可哀想な動物達の為に、仮ママも明日、意見を送ろうと思います。



昨日からずっと意見をまとめていましたが、まだ完成しません。


もっと意見したいことが沢山あります。




これから意見を送ろうと思っていらっしゃる方は、一言でもいいです。




インターネットから意見を送ることが出来ます。
http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/c_sinko/150227.html


締切は2015年3月6日(金)です。



骨子案への意見と、酷い扱いを受けている家畜という制度が廃止になるように意見を送って頂ければ幸いです。





仮ママの意見がヒントになれば・・・と思うので、以下に書き途中の意見を公表します。





●1、乳用牛


「家畜改良」を目標にすると言うのであれば、家畜の生活の向上や生命を守る(屠畜禁止等)案を論じなくてはいけない。

「家畜改良(骨子案)」といいながら、人間の都合のいいような改悪になっていることに激しく抗議したい。


乳用牛に関しては人間の為に牛の乳を横取りすることはいけない。

牛の乳は仔牛の為のものであり、人間の為に存在しているわけではない。

人間が牛の乳を仔牛から取り上げて飲むことは異常であり、そのような社会は改めなくてはならない。



哺乳類は全て生まれてすぐの短い期間だけ同種の乳の摂取を要する。

成長が進むと乳頭分解酵素がでなくなり、自然と断乳の時期を迎える。

それが全哺乳類に共通する自然の摂理である。

乳児以外で幼児~大人になってまで乳製品を摂取しているのは人間社会だけで、且つ、人間同士の乳ではなく、異種の動物の乳を摂取しているのも人間だけである。


いかに不自然で常軌を逸した行為かがわかると思う。


人間には生まれたての乳児も大人も、「牛の乳」は全く不必要である。


不必要な牛の乳を供給する酪農の即時全廃を強く求める。


骨子案の乳量の増加、増殖などもってのほか、言語道断である。



今すぐに酪農を全廃するために、まず繁殖の全面禁止を法律で定め、違反者には一頭あたり1000万円以上の罰金を科すことを目標にすべき。


特に人工授精は即時禁止すべきである。

人工授精は牛のレイプである。人間に行ったら犯罪である。

本人の意思を無視して、逃げられない牛に強制することは人間同士の犯罪以上にもっといけない。

人間同様、牛にも人工授精という名のレイプを禁止する法律をつくるべき。



全廃までの間、今生きている牛については全員を放牧飼育にするべき。

せまい場所に係留されていて牛が幸せなはずがない。

あなたの子供や家族が一生、どこかに監禁されていても、それで良いと言えるのか。
あなたの家族にして欲しくないことを牛にすることを許してはいけない。



また、牛の健康の為、農薬を使用した穀物飼料を与えるのを廃止すべき。

牛の本来の食性は草食であって穀物食ではない。牛の健康には葉緑体の摂取が欠かせない。

牛は放牧によって牛の食性に適合した、葉緑体たっぷりの草を食べさせることを義務化する事を骨子案に盛り込まなくてはならない。


牛乳は人体にとって何一つメリットがないどころか、害にしかならない。


即刻乳用牛の制度は廃止すべきであることを重ねて言う。


人間本位の改良増殖はもってのほかである。

今後の目標としては今ある骨子案を破棄し、「酪農全廃案」を掲げるべきである。







●2、肉用牛


鋭い牙や爪をもたず、消化器の消化液に塩酸がほとんどない人間は肉食ではない。

人間には穀物をすりつぶす臼歯と、果実をカットする門歯、野菜や果実のヘタをとる「ヘタ取り歯」の三種類しかない。

したがって人間の食性は穀菜食が正しい。



人間が肉を食べるというのは食性に合わず、万に一つのメリットもない。

人間が肉を食べる行為は、ガソリン車に軽油を入れて走っているようなもので、本来の性質に合わない燃料を入れ続けると、本体は故障して病気になる。



人間に万病をもたらす肉は、即刻、社会から排除すべき。

したがって肉用牛の増殖を目標とするような骨子案は破棄して、肉用牛の全廃を目標とする骨子案を新たに作成するべきである。



今すぐに肉用牛を全廃するために、まず繁殖の全面禁止を法律で定め、違反者には一頭あたり1000万円以上の罰金を科す目標を掲げるべき。


特に人工授精を即時禁止しなくてはならない。

人工授精は牛のレイプである。人間に行ったら犯罪である。

本人の意思を無視して、逃げられない牛に強制することは人間の犯罪以上にもっといけない。

人間同様、牛にも人工授精という名のレイプを禁止する法律をつくるべき。




全廃までの間に生きている牛は全て放牧すべき。

せまい場所に係留されていて牛が幸せなはずがない。

あなたの子供や家族が一生、どこかに監禁されていても、それで良いと言えるのか。

あなたの家族にして欲しくないことを牛にすることを許してはいけない。




また、牛の健康の為、農薬を使用した穀物飼料を与えるのを廃止すべき。

牛の本来の食性は草食であって穀物食ではない。牛の健康には葉緑体の摂取が欠かせない。

牛は放牧によって牛の食性に適合した、葉緑体たっぷりの草を食べさせることを義務化すべき。

牛の自然な食性に合わない「飼料」は全廃して牛が自然に食べたいものを自由に食べられる環境をつくるような目標が必須。




「牛肉は良質な動物性たんぱく質の供給源であり、牛肉の安定供給のためには、安全な国内生産の拡大が求められている」との記載があるが、動物性たんぱく質は、菜食が食性の人間にとって不必要であり、「動物性たんぱく質の供給」自体を社会から根絶すべきである。


即刻、畜産農家を日本から根絶し、日本国を江戸時代以前の穀物菜食主義国家に戻すような目標を立て、畜産農家から野菜農家への転向を奨励し、ピロール農家への研修制度の充実など、付加価値の高い野菜農家を育成し、畜産農家を根絶させ野菜農家としての経営安定を目標にするような骨子案に変更すべきである。






●3、豚


養豚は穀物菜食の人間にとって不必要であり、無駄に豚を苦しめ殺して、あまつさえ人間の病気の原因になっている。

即刻、養豚農家を日本から根絶し、日本国を江戸時代以前の穀物菜食主義国家に戻すような指針を立て、養豚農家から野菜農家への転向を奨励し、無農薬栽培農家への研修制度の充実など、付加価値の高い野菜農家を育成し、養豚農家を根絶させ野菜農家への転向を目標にすべきである。



今すぐに養豚を全廃するために、まず繁殖の全面禁止を法律で定め、違反者には一頭あたり1000万円以上の罰金を科すべき。



また、人工授精を禁止すべき。

人工授精は豚のレイプである。人間に行ったら犯罪である。

本人の意思を無視して、逃げられない豚に強制することは人間の犯罪以上にもっといけない。

人間同様、豚にも人工授精という名のレイプを禁止する法律をつくるべき。



養豚全廃までの期間に生きている豚には、豚の苦痛を軽減させるため、以下の5点を法律で禁止すること。

1. 無麻酔去勢を禁止して免疫去勢製剤(インプロバック等)の利用へ切り替える
2. 断尾・断歯の禁止 
3. 狭い場所での監禁飼育の禁止 (飼育面積の拡大と日中の放し飼い)
4. 豚の繁殖と妊娠用ストールの廃止
5. 豚への暴力を禁止

※違反者には一生掛かっても払えない程度の罰金を科すよう、法律を整備する事を目標にすべき。


今ある骨子案の改良増殖という目標は破棄して、新たに一から養豚制度全廃にむけての目標を掲げるべきと考える。







●7、鶏

鶏卵用の鶏について、オスに生まれた場合、孵化後まもなく殺される現在の養鶏を改良する必要があると考える。

鶏も人間も同じ命である。優劣はない。

オスとして産まれた途端に、その命を人間が勝手に奪うことは決して行ってはいけない。

これは鶏を「人間と同等の命」としてでなく、「物」として扱っていることに他ならない。



この度の「改良増殖」を目標にするのであれば、オスを殺さない様な目標に改良すべきである。



また、自然界の鶏は本来、年間20個程度しか産卵しないのに、養鶏場の鶏は年間300個以上も産まされている。

これは異常である。

この異常な鶏は不健康な為、不必要な抗生物質を大量に投与しなければならず更に異常をまねく悪循環である。

野生の鶏には抗生物質を投与しなくても健康に生きている。

この異常な事態を改良する為には、鶏の性質にあった自然な環境で太陽の光が当たる屋外で放し飼いにするような改良目標を定めるべきである。




また、鶏卵用の鶏はバタリーケージという身動きがとれない地獄のような環境で死ぬまで酷使されている。

あなた自身やあなたの大切な家族が、一生身動きがとれないほど狭い場所で監禁され、出産させられ続ける人生をどう思うのか。

自分が嫌なことは相手にしてはいけない。



動物行動学者コンラート・ローレンツ氏は次のように言っている。

【鶏が覆いを得ようとして(隠れようとして)、何度も何度もケージ仲間の鶏の下にもぐりこもうとしているのを見ているのは、実に悲痛なものである。
ケージ仲間の混雑の中では卵を産みたくないという本能は、人ごみの中で排便したくないと思う文明人の気持ちと同じくらい強いはずだ】


鶏には卵を隠れて産みたいという強い欲求があるし、自分自身を捕食者から守るためにも巣を強く求める本能がある。


「実際にはケージの中にいて、捕食者はいない」という大手養鶏業者もいるが、しかし巣を必要とするのは鶏の本能である。


隠れることができ、なおかつ外の様子を伺うことのできる巣は、鶏の生活にとって最低限に必要不可欠なものである。


それさえも与えてもらえない、鶏にとって苦痛でしかないバタリーケージは即時廃止することを、養鶏の改良の目標とするべきである。



そしてクチバシの切断も禁止すべきである。

麻酔なしで行わている為、くちばしの表面の角質層と骨の間には神経と血管の通ったやわらかい組織があり、切断時には発狂するような痛みとともに出血し、鶏の負担となる。

残虐なクチバシ切断とバタリーケージは、すぐに廃止するように鶏の環境改良の為の目標を掲げる必要がある。



また、鶏卵や鶏肉は人間の穀物菜食の食性には適合せず、鶏卵や鶏肉を人間が食べることは百害あって一利無しである。


特に体温が40度以上もある鶏の肉は、人間の37度以下の体内では脂肪分が固形化して、人間の血液をドロドロにし脳梗塞・心疾患・ED等の万病の元になる。


人体に害のある不必要な鶏卵や鶏肉を、バラまく必要はない。

従って養鶏農家を直ちに全廃し、鶏卵・鶏肉の流通を完全停止することが最前の改良策であると考える。

養鶏を廃止し、農家を野菜や果実等の栽培農家へ改良増殖させることを今後の目標とすべきである。





以上が明日パブコメに送ろうと思っている意見です。



農林水産省の考えている骨子案というのが本当に酷過ぎるし、それに家畜なんて本当にいらないし、動物を殺してお金儲けをするような人達を国が助けているなんておかしな話だと思います。


人間の為に動物を犠牲にしてはいけないし、それでお金儲けをしている酪農畜産農家の人を放置していてはいけないということを、どうやって伝えたらいいのかわからないですが、少しでも伝わればいいと思って、一生懸命考えています。


もう少し考えて、明日の締切日に意見を送ります。


皆様も一言でいいので、どうか意見を届けて下さい。


お願いします。



インターネットから意見を送ることが出来ます。
http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/c_sinko/150227.html


締切は2015年3月6日(金)です。
[ 2015年03月05日 ]
プロフィール

茶太郎の仮ママ

Author:茶太郎の仮ママ



tyatarou



ご訪問下さって有難うございますm(_ _)m

茶太郎という保護犬の預かり日記です。

茶太郎は2013年6月に虹の橋に旅立ちました。

茶太郎は居なくなりましたが、引き続き動物の命の大切さを伝えていきたいと思っています。


御問合せはFacebookにお願いします。



tyatarou


※このブログはリンクフリーですが、記事や画像の転載をした際は御一報下さい

バナーやリンク・転載に関する詳細は【コチラ】を御覧下さい☆

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


検索フォーム








命を考えよう
今読まなくてはいけない本


別窓で開くWEB絵本です。無料で読めます↓






犬に関するリンク集














ペットのおうち



ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対



いつでも里親募集中



どうぶつ基金バナー200x40 (2)











ドッグフードの選び方ならドッグフード研究所



東北地震犬猫レスキュー.com



難病でもあきらめないで下さい。
遠くても行く価値がある病院です↓



下館で茶太郎が御世話になった福井先生が独立開業しました↓









ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2


人間用医薬品の個人輸入↓
バイアグラ、カマグラ通販ED薬の個人輸入ベストくすり







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。